UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する

オブジェクトの向きを、あるルールに従って制御したいような場合に使える方法。

基本的にGameObjectTransformを使う。Transformの持つforward, right, upがそれぞれX(赤),Y(緑),Z(青)の各軸みたいに対応している。
Transform

forward: ワールド座標系でのtransformの青軸。
right: ワールド座標系でのtransformの赤軸。
up: ワールド座標系でのtransformの緑軸。


スポンサーリンク

これらは読み取り用として以下のように、使うこともできるけど、


スポンサーリンク
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour {
    void Example() {
        rigidbody.velocity = transform.forward * 10;
    }
}

例えば、以下のような感じで、transform.upの値を毎フレーム更新することで、常に一定の方向を向き続けさせることができる。
この例では、GameObjectがどんなに動いても、絶対に上下がひっくり返ったりしないようになる。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour {
    void Update() {
        this.GameObject.transform.up = new Vector3(0, 1, 0);
    }
}

その他、transform.LookAtを使うと、特定の位置座標を注視するように向きを制御することができる。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour {
    public Transform target;
    void Update() {
        transform.LookAt(target);
    }
}

これでカメラが常に1つのオブジェクトをフレームに捉えるような実装ができる。
この方法は、向きを数値入力でなく、他のオブジェクトとの位置関係で制御できるので操作がGUI上で直観的に行えるのでお勧め。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
シフトカーを改造してラジコン化する人達
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
布のモデリング
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
動的なメモリの扱い
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
ZBrushでアマビエを作る その2
2012のメイキングまとめ(途中)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
OpenMayaRender
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
UnityでARKit2.0
MFnMeshクラスのsplit関数
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
AfterEffectsプラグイン開発
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
フルCGのウルトラマン!?
3DCG Meetup #4に行ってきた
ブログが1日ダウンしてました
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
オープンソースの取引プラットフォーム
Raspberry Pi 2を買いました
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Houdiniのライセンスの種類
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
テスト

コメント