UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する

オブジェクトの向きを、あるルールに従って制御したいような場合に使える方法。

基本的にGameObjectTransformを使う。Transformの持つforward, right, upがそれぞれX(赤),Y(緑),Z(青)の各軸みたいに対応している。
Transform

forward: ワールド座標系でのtransformの青軸。
right: ワールド座標系でのtransformの赤軸。
up: ワールド座標系でのtransformの緑軸。


スポンサーリンク

これらは読み取り用として以下のように、使うこともできるけど、


スポンサーリンク
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour {
    void Example() {
        rigidbody.velocity = transform.forward * 10;
    }
}

例えば、以下のような感じで、transform.upの値を毎フレーム更新することで、常に一定の方向を向き続けさせることができる。
この例では、GameObjectがどんなに動いても、絶対に上下がひっくり返ったりしないようになる。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour {
    void Update() {
        this.GameObject.transform.up = new Vector3(0, 1, 0);
    }
}

その他、transform.LookAtを使うと、特定の位置座標を注視するように向きを制御することができる。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour {
    public Transform target;
    void Update() {
        transform.LookAt(target);
    }
}

これでカメラが常に1つのオブジェクトをフレームに捉えるような実装ができる。
この方法は、向きを数値入力でなく、他のオブジェクトとの位置関係で制御できるので操作がGUI上で直観的に行えるのでお勧め。


スポンサーリンク

関連記事

ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
定数
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
OpenGVのライブラリ構成
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZScript
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Google App EngineでWordPress
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
3DCG Meetup #4に行ってきた
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
3Dグラフィックスの入門書
Raspberry Pi 2を買いました
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Iterator
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
Raytracing Wiki
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
この本読むよ
ラクガキの立体化 目標設定
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
clearcoat Shader
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
OANDAのfxTrade API

コメント