UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する

オブジェクトの向きを、あるルールに従って制御したいような場合に使える方法。

基本的にGameObjectTransformを使う。Transformの持つforward, right, upがそれぞれX(赤),Y(緑),Z(青)の各軸みたいに対応している。
Transform

forward: ワールド座標系でのtransformの青軸。
right: ワールド座標系でのtransformの赤軸。
up: ワールド座標系でのtransformの緑軸。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

これらは読み取り用として以下のように、使うこともできるけど、

例えば、以下のような感じで、transform.upの値を毎フレーム更新することで、常に一定の方向を向き続けさせることができる。
この例では、GameObjectがどんなに動いても、絶対に上下がひっくり返ったりしないようになる。

その他、transform.LookAtを使うと、特定の位置座標を注視するように向きを制御することができる。

これでカメラが常に1つのオブジェクトをフレームに捉えるような実装ができる。
この方法は、向きを数値入力でなく、他のオブジェクトとの位置関係で制御できるので操作がGUI上で直観的に行えるのでお勧め。


スポンサーリンク

関連記事

C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
参考書
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Unite 2014の動画
自前Shaderの件 解決しました
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ROMOハッカソンに行ってきた
OpenMayaRender
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
クラスの基本
無料で使える人体3DCG作成ツール
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
色んな三面図があるサイト
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
タマムシっぽい質感
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Mayaのシェーディングノードの区分
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Unityで360度ステレオVR動画を作る
服飾デザインツール『CLO』
東京オリンピックと案内表示
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Raspberry Pi
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
MRenderUtil::raytrace

コメント