Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル

特に考えのまとまりもなく、メモ的なエントリ。

Perfumeのライブのビジュアルは未来感が溢れている。その演出の中心にいるのは、真鍋大度で有名なライゾマティクスですね。
昨年、「ライゾマティクス inspired by Perfume」展が開催されたり、情熱大陸やプロフェッショナルで取り上げられて、すごく勢いのあるクリエイター集団。

最近は仕事でも、目指すビジュアルの例えとしてよく出てくる。「あのライブみたいな感じで」といった具合。もともとのデザインの文脈とは無関係に「パクれ」的な指示もあったりする。何も考えていない人達にも真似されるほどのインパクトがあるってのは羨ましい。


スポンサーリンク


受け手が何か感じるなら、作り手の意図なんて大した意味はないのかもしれない。そこからまた別の文脈が生まれ、表現がジャンプする。インスパイアされるってのはそういうことかも。

さて、Perfumeのビジュアルでここ最近すごく刺激を受けたのが以下の二つ。





スポンサーリンク

関連記事

AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Arduinoで人感センサーを使う
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
Unityからkonashiをコントロールする
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
3DCG Meetup #4に行ってきた
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
OpenCV
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
服飾デザインツール『CLO』
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
UnityでLight Shaftを表現する
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
インターフェイスは世界を規定する
シフトカーを改造してラジコン化する人達
Raspberry Pi 2を買いました
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
UnityのTransformクラスについて調べてみた
UnityでPoint Cloudを表示する方法
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
konashiのサンプルコードを動かしてみた

コメント