WordPressのサーバ引っ越し方法を考える

何度も挑戦しようとしては知識不足の壁にぶち当たってるこのブログのインスタンス移行の話。Amazon EC2のt1microからt2microへ載せ替えるだけなんだけど、クラウド以前に、普通のWebサーバー移行の知識も無いので苦戦中。t1microで続けるメリットは何もないから早く移行したい。

色々調べていてなんとなく分かってきたのは、基本的にこのブログはWordpressで動いているわけだから、一般的なWordpressの引っ越し方法を調べれば良いんじゃないかと。網元AMIで作っていようが、結局はWordpressの層でしかオイラはいじってないから、その層での対処方法を考える。


スポンサーリンク

参考にしたのは以下。↓
AWS + 網元で、超高速 WordPress を手に入れよう、そうしよう
【WP-DB-Backup】手軽にWordPressをバックアップできるプラグイン

で、Wordpressで移行しなければならないデータは大きく2種類。テーマやプラグイン、画像などのコンテンツデータとデータベース。コンテンツデータはwp-contentディレクトリ以下にあるのでそれをごっそり持ってくればバックアップOK。データベースのバックアップはWP-DB-Backupという便利なプラグインでできそう。


スポンサーリンク

移行先となるサーバは、普通に網元AMIでt2microインスタンスを作って、Wordpress関係のファイルだけ入れ替えれば良いのではないだろうか。怖いからちゃんとスナップショットでバックアップ取ってから慎重にやろう。普通のアップロードでデプロイ完了するのだろうか。一旦停止させるとか必要かな。
この辺を見れば良いのかなぁ↓
チュートリアル: Amazon EC2 を使った WordPress ブログのホスティング

追記:
良いプラグインを見つけた。UpdraftPlusというプラグインを使えば、WordpressでできたWebサイトを丸ごとバックアップ&復元できる。バックアップの保存先は、自分のサーバ以外に、 DropboxやGoogle Driveなどのオンラインストレージサービスが利用できる。
UpdraftPlus – Webサイトを丸ごとバックアップ&復元できるWordPressプラグイン


スポンサーリンク

関連記事

Google App Engineのデプロイ失敗
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
仮想関数
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
WordPressプラグインの作り方
C++始めようと思うんだ
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Konashiを買った
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Mayaのプラグイン開発
3DCG Meetup #4に行ってきた
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Unityからkonashiをコントロールする
AfterEffectsプラグイン開発
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...

コメント