第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た

第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た。この勉強会の存在自体は結構前から知っていて、Ustを見たりはしていたんだけど、第25回となる今回は、3次元計測・認識の話題。Point Cloud Library系な話が沢山聴けそうなので今回初めて参加してみた。
今回講演されたのは、以下の4つ。

Point Cloud Libraryの基本 + なぜ3D点群処理か?」@payashimさん
「三次元点群処理ライブラリPCLと統合ロボットシステム研究での利用例の紹介」@garaemon_coderさん
「RGBD画像処理と三次元物体認識」@kanejakiさん
Kinect v2の紹介」@UnaNancyOwenさん

オイラはDERiVE コンピュータビジョン ブログ & メルマガポイントクラウドコンソーシアムで御馴染みの@payashimさんと、Kinectの書籍で有名な@UnaNancyOwenさんの話を聴くのが目当てだったんだけど、ロボットビジョンを専門に研究されている@garaemon_coderさん@kanejakiさんによるロボットビジョンの視点からの話が新鮮だった。ロボットビジョンってそんなに進んでるのねっていう。


スポンサーリンク

加えて、ライトニングトークも行われた。
「iPhoneで奥行きを推定するプログラムを作りました」@ginrou799さん
「Kincet v2で遠隔じゃんけんをする」@fumito_itoさん

予想以上に濃い話が聞けた。PCLの使い方に関するちょっとした疑問には@takminさんが答えてくれるというステキな勉強会でした。オイラはPCLのply保存機能の存在を教えてもらいました。


ロボットビジョンでは3Dによる計測・認識が結構前から使われていて、kinect登場以前から、高価な3Dセンサーをロボットの目にする研究が行われていたらしい。そして、ロボットビジョン系の話は最先端過ぎてついて行けないレベルの話も多かったです(笑)

Point Cloud Libraryは開発環境の構築のハードルが高いことが結構大きな参入障壁で、以前オイラも1.71をビルドした時にライブラリの依存関係で結構苦しんだんだけど、最近は@UnaNancyOwenさんが率先してWindows用All in Oneインストーラを配布しているのでそのハードルは一気に下がった。ちなみにUbuntuだとaptコマンドでインストール可能らしい。

発表資料を後ほどネットにアップ予定の方も結構いらっしゃるので、のんびり復習しようと思う。
後半の2つ、「RGBD画像処理と三次元物体認識」と「Kinect v2の紹介」はUstのアーカイブで見返せます。

Broadcast live streaming video on Ustream

2014/10/04 CV勉強会ツイートまとめ


スポンサーリンク

関連記事

Kinect for Windows v2の日本価格決定
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
顔画像処理技術の過去の研究
UnityでPoint Cloudを表示する方法
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Paul Debevec
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ニューラルネットワークで画像分類
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
GoogleのDeep Learning論文
AfterEffectsプラグイン開発
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
今年もSSII
Active Appearance Models(AAM)
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』

コメント