映画『GODZILLA』のゴジラ登場シーンだけをまとめた8分の動画

この夏公開されたハリウッド版GODZILLAですが、ゴジラの登場シーンは結構少なくて、たったの8分弱。これは映画全編の上映時間の6.5%。
そして、そのゴジラの登場シーンだけをまとめた動画がYoutubeにアップされた。


スポンサーリンク


暗いシーンが多い…
MUTOが電子機器をダメにしちゃう設定だから、ナイトシーンはホントに暗いんだよね。サーチライトに照らし出されるゴジラを見たかったな。
着ぐるみと違って柔軟でよく動くから、首回りの太さが姿勢によって全然違って見える。この辺が従来の着ぐるみゴジラと大きく違うところ。従来の着ぐるみだと、関節が動いても太さが大きく変化することはないから、S.H.MonsterArtsみたいな可動フィギュアにしても違和感が少ないく済んでいる気がする。S.H.MonsterArtsや特撮リボルテックって、着ぐるみ独特の固さを上手く利用した可動フィギュアだと思う。
特にミレニアム以降のゴジラは造形がしっかりしている分、固いんだよね。(ファイナルウォーズを除く)
今回のゴジラでは、着ぐるみだと固くて動けなくなるところだけど、CGだから動きと造形を両立できている気がする。動かすにあたって、ゴジラの筋肉構造もデザインされたんだろうか。

さて、敵怪獣MUTOの方が登場時間が長くて、全部で12分。


スポンサーリンク

ゴジラを謎めいた存在に見せるストーリーの演出上、これは仕方ないんだけど、もっとゴジラの姿を見たいとも思うよね。
次回作の製作が決定しているので、そっちに期待かな。12月にはゲームも出るし。(もちろん予約した)

 

ゴジラ-GODZILLA-
そういや、ゲームに登場する怪獣はS.H.MonsterArtsの原型のスキャンデータをベースにしているらしいけど、PVではかなり柔軟に動いてる。これも映画と同じようにCGの恩恵だね。


出番が少なかった、貴重なゴジラの登場シーンを集めた動画が公開
PS3「ゴジラ-GODZILLA-」ゴジラと戦う巨大怪獣たちを紹介


スポンサーリンク

関連記事

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
映画『ピーターラビット』を観た
恐竜造形の指南書
2016年 観に行った映画振り返り
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 墨入れ・クリアーコート
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
映画『ダウンサイズ』を観た
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
模型制作の環境を考える
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
映画『BRAVE STORM』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
サンダーバード ARE GO
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 基本工作
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
映画『破裏拳ポリマー』を観た
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
顔のモデリング
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
TOHOシネマズ新宿
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成

コメント