続・ディープラーニングの資料

最近、ディープラーニングを理解したくて必死に自分のレベルに合った簡単な資料探してる。


スポンサーリンク

聞くところによると、機械翻訳の分野でもディープラーニングが力を発揮し始めているとか。まだ研究段階で、実用とはかけ離れてるんだろうけど、やっぱり未来を知りたい。

 


スポンサーリンク

 
ニューラルネットワークを知ってないと前提知識に追いつけなそうなことは最近わかり始めたけど、やっぱり、手軽なライブラリに飛びつこうとしてしまうんだよね。とにかく動かしてみたい、的な。
 

 


スポンサーリンク

関連記事

Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Raspberry PiでIoTごっこ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Photogrammetry (写真測量法)
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Houdiniのライセンスの種類
ブログが1日ダウンしてました
海外ドラマのChromaKey
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
データサイエンティストって何だ?
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Boost オープンソースライブラリ
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Quartus II
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
Python2とPython3
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ニューラルネットワークと深層学習

コメント