続・ディープラーニングの資料

最近、ディープラーニングを理解したくて必死に自分のレベルに合った簡単な資料探してる。


スポンサーリンク

聞くところによると、機械翻訳の分野でもディープラーニングが力を発揮し始めているとか。まだ研究段階で、実用とはかけ離れてるんだろうけど、やっぱり未来を知りたい。

 


スポンサーリンク

 
ニューラルネットワークを知ってないと前提知識に追いつけなそうなことは最近わかり始めたけど、やっぱり、手軽なライブラリに飛びつこうとしてしまうんだよね。とにかく動かしてみたい、的な。
 

 


スポンサーリンク

関連記事

PCA (主成分分析)
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
WordPressの表示を高速化する
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Google App EngineでWordPress
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
機械学習での「回帰」とは?
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ROSでガンダムを動かす
手を動かしながら学ぶデータマイニング
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Raspberry Pi 2を買いました
全脳アーキテクチャ勉強会
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...

コメント