続・ディープラーニングの資料

最近、ディープラーニングを理解したくて必死に自分のレベルに合った簡単な資料探してる。


スポンサーリンク

聞くところによると、機械翻訳の分野でもディープラーニングが力を発揮し始めているとか。まだ研究段階で、実用とはかけ離れてるんだろうけど、やっぱり未来を知りたい。

 


スポンサーリンク

 
ニューラルネットワークを知ってないと前提知識に追いつけなそうなことは最近わかり始めたけど、やっぱり、手軽なライブラリに飛びつこうとしてしまうんだよね。とにかく動かしてみたい、的な。
 

 


スポンサーリンク

関連記事

KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
機械学習での「回帰」とは?
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
顔画像処理技術の過去の研究
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
pythonもかじってみようかと
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
機械学習について最近知った情報
WordPressの表示を高速化する
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
ニューラルネットワークで画像分類
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
プログラムによる景観の自動生成
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
LLM Visualization:大規模言語モデルの可視化
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Raspberry Pi 2を買いました
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート

コメント