日本でMakersは普及するだろうか?

少し前に日本でもメイカーズブームというのがあった。
WiredのUS版の元編集長Chris Andersonの著書「MAKERS―21世紀の産業革命が始まる」が火付け役だったらしい。
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

このMakersという概念の、特に「個人単位でもの作りをする人々」という意味でのムーブメントはアメリカを中心に広がっているらしい。普及の背景には、Arduinoのような安価で簡単なマイコンキットの登場、3Dプリンターの普及、そしてWebでそれらを扱うための情報が手に入りやすくなった点などがある。(3Dプリンターの普及は特許切れってのが大きいんだけどそれはまた別の話)


スポンサーリンク


「人は誰でも作る欲求がある」というこちらのTEDのプレゼンを見るとワクワクするね。↓



さて、じゃあこの流れが世界中に広がって、日本でもMakersが当たり前になるかっていうと、ちょっと違うんじゃないかなと思う。欧米と日本では前提となる環境が違うんじゃないかと。


スポンサーリンク

1つは住環境の話

こういう工作や、試しながらカタチにしていく作業って、散らかせる環境がすごく重要だと思う。作りかけでもしばらく置いておける環境が必要だし、新しいアイディアを生むには、色々な材料をゴチャゴチャと並んだ、ある種カオスな状態が適していると個人的には思う。

アメリカの成功したベンチャーの創業話を聞くと、自宅のガレージからスタートしたって話が結構多いのも、様々なアイディアを散らかせる環境として自宅のガレージが機能していたんじゃないだろうか。ハードウェアの試作ならなおさらだ。何となく「新しいものはガレージから生まれる」っていうのはイノベーションの共通項と言えそう。ガレージに相当する環境って意味ね。

では、日本の一般的な住環境でそれと同じことができるだろうか。
日本にもFabCafeができたし、手軽に工作機械を借りられる設備は今後普及するかもしれないけど、道具以上にガレージのような「散らかせる部屋」が必要なんじゃないだろうか。(もっとも、欧米でも都市部と郊外で住環境は大きく違う話なので、日本でも郊外なら通じる話なのかも。)

もう1つは労働環境

個人単位のものづくりって、要するに趣味なわけだけど、日本の労働環境って、世界的に見てもやたら長時間労働な慣習があるよね。単純に時間が作れない人も結構いると思う。よほどの情熱が無いと体力を削ってまで趣味で時間と手間のかかる工作なんてできない。

そして教育

工作の基礎体力を身につけている人はどれくらいいるのだろうか。工作が全く初めてってのは結構なハードルで、何から始めたら良いのか、何ができそうなのか全く想像できないと行動に移せないんだよね。
この手のムーブメントで最初に行動を起こして道筋を示すのは、学生の時に何かしらかじっていたり、とことんやっていたけど職業にはできなかった人とかだと思うんだよね。「ああやればできるんだ」って道を示すような人達。
最初の一歩を示す人って、さじ加減が難しいところで、レベルが高すぎても誰もついてこない。少しの背伸びでできそうな道を示す人が必要。
最近は作ったものをシェアするサイトも登場したね。GitHubのハードウェア版みたいなMakersHubとか。

と、こんなことを考えるきっかけはWiredのこちらの記事を見たから。↓
http://wired.jp/2014/07/23/creative-hack-tour-in-la/

ZBrushでモデリングしてすぐに3Dプリンターでラピッドプロトタイピングするって、何か憧れる。夏休みの自由工作で何か作りたいな。


スポンサーリンク

関連記事

Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
すてる英語学習本『ずるいえいご』
職場におけるセルフブランディング
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
Unityの薄い本
UnityでPoint Cloudを表示する方法
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
書籍『コンテンツの秘密』読了
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
2017年の振り返り
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
色んな三面図があるサイト
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ゴジラ・フェス オンライン 2020
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 影のベース塗装
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ハードルの下げ方を学べば続けられる
ZBrush 4R7
素敵なパーティクル
かっこいい大人にはなれなかったけど
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
平成ガメラ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
2020年5月 振り返り
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4

コメント