Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ

漠然と3D点群に興味があったので、7月3日にPoint Cloud Consortium主催の技術セミナー「3D点群の未来」に行ってみた。初のセミナーらしい。
案の定、男だらけだったね。Point Cloud Consortiumのオリジナルステッカーがもらえたよ。

Point Cloud Consortiumの存在を知ったのは、もともと、Kinectを触り始めた頃にPoint Cloud Libraryの情報を探して林さんのブログにたどり着いたのがきっかけ。林さんは「PCLを触ってみよう!」っていうシリーズでPCLの使い方や丁寧なアルゴリズムの解説記事を公開していた。
コンピュータビジョンもろくに知らなくてPCL公式の英語ドキュメントが全く理解できなかった自分にとって、日本語で実装例や基礎理論の解説も掲載されているブログは非常に有り難かった。マイナビの記事も。


スポンサーリンク

 
林さんのこういうスライド資料も見るようになった。
 

 

 

おかげでオイラは点群にのめりこんで、Kinect v2のDeveloper Programに参加するほどになりましたよ。
そんな林さんが無料セミナーを開くって聞いたら行かない理由は無いわけです。


スポンサーリンク

セミナーではKinect以降、安価なデプスセンサーの登場によって可能になったこと、未来の可能性の話がざっと聞けた。
以下の動画が少し紹介されたよ。






 
Depthセンサーがモバイルに載るようになると、スナップ撮影の概念も変わってくるのかな。SFとかに出てくる未来の新聞は写真が半立体になってたりするけど、あんな感じが普通になるのかしら。モバイルが常に実世界を認識するって、いろんなことができそう。グラス型デバイスも当然3D認識するようになるだろうな。
個人的には、3D点群に興味のある人、使いこなしているエンジニアっていっぱいいるのかと思ってたんだけど、林さんの印象ではまだ少ないらしい。

別の感想として、最近はコンピュータビジョン分野をWeb上で学習する環境が整いつつあるんじゃないかと思い始めた。
動画像処理って、書籍だけではなかなかイメージが掴めない分野だけど、アルゴリズムの処理過程を可視化したものや、実際の動作例を簡単に閲覧することができる。そして、勉強会で見てきた情報もある程度手軽にShareできる。最近は発表スライドを公開するぐらい当たり前になってるし。

余談だけど、会社員として展示会なんかに行っても、その場でもらうチラシよりも公式Webサイトのコンテンツが充実していた方が、報告書を書きやすいのである。動作している動画とかがあるとさらに有難くて、社内での説得材料が強化できる。

Point Cloud Consortiumには盛り上がってほしいですね。

PCCのセミナー「3D点群の未来」で紹介したyoutube動画集
 


スポンサーリンク

関連記事

統計的な顔モデル
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Paul Debevec
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
Photogrammetry (写真測量法)
顔画像処理技術の過去の研究
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Pix2Pix:CGANによる画像変換
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
コンピュータビジョンの技術マップ
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
OpenCVで動画の手ぶれ補正
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
機械学習について最近知った情報
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
UnityでOpenCVを使うには?
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
OpenGVのライブラリ構成
ポイントクラウドコンソーシアム
Kinect for Windows v2の日本価格決定

コメント