ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行

結局Google App Engineはやめて、Amazon EC2にすることにした。

理由は外部ツールとの連携のし易さが大きい。WordPressはプラグインやテーマが豊富なので、それらを自由に使える環境が一番応用が利く。その観点だと、Google App EngineはAmazonやMicrosoftのプラットフォームに劣る。今ではSEOツールもプラグイン化されてるし、アクセス解析も楽だ。
何か自前でエンジンを組みたい場合も、実装に都合の良いPaaSを選んでAPIを作れば良いと気づいた。置き場所を一元化する必要はない。


スポンサーリンク

Google App Engineの時は独自ドメインでの管理画面ログインができなくて困ってたんだけど、Amazon EC2は何の問題もなかった。Google App Engineだと、独自ドメインでのSLL接続に制限があって、WordPressの最新バージョンだと上手くログインできなかった。

あと、移行してみてわかったんだけど、サイトの応答に関してはページのキャッシュがかなり効く。今回使ったAMI 網元はWordPressのページキャッシュプラグインで最適化されていた。これでデータベースへのアクセスを減らせるので、従量課金制のデータベースならちょっとお得にできるのかも。
そして、外部APIのマッシュアップで結構応答が重くなっているみたい。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの取引プラットフォーム
実は頻発しているブログの不具合
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
UnityでLight Shaftを表現する
konashiのサンプルコードを動かしてみた
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
UnityでARKit2.0
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Raspberry PiでIoTごっこ
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
クラスの基本
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
C++の抽象クラス
WordPressをAmazon EC2のt2microインスタンスで1週間運用してみて
3D復元技術の情報リンク集
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
C++始めようと思うんだ
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Mean Stack開発の最初の一歩
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
書籍『ROSプログラミング』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
タマムシっぽい質感
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Amazon Web ServicesでWordPress
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
OpenCV
このブログのデザインに飽きてきた
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ

コメント