ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行

結局Google App Engineはやめて、Amazon EC2にすることにした。

理由は外部ツールとの連携のし易さが大きい。WordPressはプラグインやテーマが豊富なので、それらを自由に使える環境が一番応用が利く。その観点だと、Google App EngineはAmazonやMicrosoftのプラットフォームに劣る。今ではSEOツールもプラグイン化されてるし、アクセス解析も楽だ。
何か自前でエンジンを組みたい場合も、実装に都合の良いPaaSを選んでAPIを作れば良いと気づいた。置き場所を一元化する必要はない。


スポンサーリンク

Google App Engineの時は独自ドメインでの管理画面ログインができなくて困ってたんだけど、Amazon EC2は何の問題もなかった。Google App Engineだと、独自ドメインでのSLL接続に制限があって、WordPressの最新バージョンだと上手くログインできなかった。

あと、移行してみてわかったんだけど、サイトの応答に関してはページのキャッシュがかなり効く。今回使ったAMI 網元はWordPressのページキャッシュプラグインで最適化されていた。これでデータベースへのアクセスを減らせるので、従量課金制のデータベースならちょっとお得にできるのかも。
そして、外部APIのマッシュアップで結構応答が重くなっているみたい。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ブログが1日ダウンしてました
ディープラーニング
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
クラスの基本
Mean Stack開発の最初の一歩
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
AfterEffectsプラグイン開発
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
Quartus II
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
このブログのデザインに飽きてきた
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
UnityのAR FoundationでARKit 3
定数
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
iPhoneをSSHクライアントとして使う
機械学習手法『Random Forest』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
WordPressで数式を扱う
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
仮想関数
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』

コメント