ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行

結局Google App Engineはやめて、Amazon EC2にすることにした。

理由は外部ツールとの連携のし易さが大きい。WordPressはプラグインやテーマが豊富なので、それらを自由に使える環境が一番応用が利く。その観点だと、Google App EngineはAmazonやMicrosoftのプラットフォームに劣る。今ではSEOツールもプラグイン化されてるし、アクセス解析も楽だ。
何か自前でエンジンを組みたい場合も、実装に都合の良いPaaSを選んでAPIを作れば良いと気づいた。置き場所を一元化する必要はない。


スポンサーリンク

Google App Engineの時は独自ドメインでの管理画面ログインができなくて困ってたんだけど、Amazon EC2は何の問題もなかった。Google App Engineだと、独自ドメインでのSLL接続に制限があって、WordPressの最新バージョンだと上手くログインできなかった。

あと、移行してみてわかったんだけど、サイトの応答に関してはページのキャッシュがかなり効く。今回使ったAMI 網元はWordPressのページキャッシュプラグインで最適化されていた。これでデータベースへのアクセスを減らせるので、従量課金制のデータベースならちょっとお得にできるのかも。
そして、外部APIのマッシュアップで結構応答が重くなっているみたい。


スポンサーリンク

関連記事

Google Colaboratoryで遊ぶ準備
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
書籍『ROSプログラミング』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ブログをSSL化
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
仮想関数
定数
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ニューラルネットワークで画像分類
Mayaのプラグイン開発
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
UnityでPoint Cloudを表示する方法
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
機械学習で遊ぶ
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
機械学習手法『Random Forest』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
UnityでLight Shaftを表現する
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
ブログの復旧が難航してた話
オープンソースの取引プラットフォーム
このブログのデザインに飽きてきた
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
OpenCV
3DCG Meetup #4に行ってきた

コメント