ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行

結局Google App Engineはやめて、Amazon EC2にすることにした。

理由は外部ツールとの連携のし易さが大きい。WordPressはプラグインやテーマが豊富なので、それらを自由に使える環境が一番応用が利く。その観点だと、Google App EngineはAmazonやMicrosoftのプラットフォームに劣る。今ではSEOツールもプラグイン化されてるし、アクセス解析も楽だ。
何か自前でエンジンを組みたい場合も、実装に都合の良いPaaSを選んでAPIを作れば良いと気づいた。置き場所を一元化する必要はない。


スポンサーリンク

Google App Engineの時は独自ドメインでの管理画面ログインができなくて困ってたんだけど、Amazon EC2は何の問題もなかった。Google App Engineだと、独自ドメインでのSLL接続に制限があって、WordPressの最新バージョンだと上手くログインできなかった。

あと、移行してみてわかったんだけど、サイトの応答に関してはページのキャッシュがかなり効く。今回使ったAMI 網元はWordPressのページキャッシュプラグインで最適化されていた。これでデータベースへのアクセスを減らせるので、従量課金制のデータベースならちょっとお得にできるのかも。
そして、外部APIのマッシュアップで結構応答が重くなっているみたい。


スポンサーリンク

関連記事

仮想関数
adskShaderSDK
3DCG Meetup #4に行ってきた
WordPressで数式を扱う
HD画質の無駄遣い
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Konashiを買った
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Raspberry PiでIoTごっこ
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Quartus II
ブログをSSL化
OANDAのfxTrade API
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
続・ディープラーニングの資料
ROSの薄い本
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
OpenGVの用語
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Mean Stack開発の最初の一歩
OpenCV バージョン4がリリースされた!
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Raspberry Pi
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
ドットインストールのWordPress入門レッスン
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Verilog HDL

コメント