ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行

結局Google App Engineはやめて、Amazon EC2にすることにした。

理由は外部ツールとの連携のし易さが大きい。WordPressはプラグインやテーマが豊富なので、それらを自由に使える環境が一番応用が利く。その観点だと、Google App EngineはAmazonやMicrosoftのプラットフォームに劣る。今ではSEOツールもプラグイン化されてるし、アクセス解析も楽だ。
何か自前でエンジンを組みたい場合も、実装に都合の良いPaaSを選んでAPIを作れば良いと気づいた。置き場所を一元化する必要はない。


スポンサーリンク

Google App Engineの時は独自ドメインでの管理画面ログインができなくて困ってたんだけど、Amazon EC2は何の問題もなかった。Google App Engineだと、独自ドメインでのSLL接続に制限があって、WordPressの最新バージョンだと上手くログインできなかった。

あと、移行してみてわかったんだけど、サイトの応答に関してはページのキャッシュがかなり効く。今回使ったAMI 網元はWordPressのページキャッシュプラグインで最適化されていた。これでデータベースへのアクセスを減らせるので、従量課金制のデータベースならちょっとお得にできるのかも。
そして、外部APIのマッシュアップで結構応答が重くなっているみたい。


スポンサーリンク

関連記事

Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
ブログをSSL化
UnityでARKit2.0
ROSの薄い本
動的なメモリの扱い
クラスの基本
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Quartus II
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Unityで学ぶC#
ネームサーバとDNSレコードの話
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
プログラムによる景観の自動生成
今年もSSII
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
AfterEffectsプラグイン開発
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
Iterator
WordPressのテーマを自作する
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
UnityでOpenCVを使うには?
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
C++始めようと思うんだ
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ

コメント