ゴジラの造形

ハリウッド制作の新作ゴジラは7月末に日本公開らしい。国産最後の作品公開からもう10年経つ。


スポンサーリンク
Godzilla – International Trailer [HD]


スポンサーリンク


予告編や公開されている画像を見ると、ゴジラのデザインはそこそこクリーチャー寄りにアレンジされているみたい。特に首回りの骨格と下アゴの厚み、咬筋が恐竜チックになっている。直立姿勢の着ぐるみでは、可動域の関係から下アゴが薄く造形されることが多い。
肉食恐竜のような大きな下アゴを直立の怪獣で実現させるためには、首回りの骨格を前傾に持ってくる必要がある。その辺の処理では個人的にGMKゴジラが好き。

それと、肉食恐竜の復元図で御馴染みの咬筋は、着ぐるみゴジラでは描かれたことが無いので新鮮。大きく口を開くと咬筋が露出するのは何ともクリーチャーチックだ。
怪獣に限らず、屏風絵などに描かれる東洋の竜でも、肉食なガッチリとしたアゴがあまり描かれていない。アゴのデザインだけでも何となく洋風とか出てくる気がする。ちなみに、ドラゴンボールの神龍はバッチリ肉食恐竜の下アゴをしている。
以前、竜をモデリングした際に色々調べた。この時はアゴを二重関節にして大きく開くようにしたな。

以前、コンテストに出す動画のために作ったやつ

3Dだけど2Dの絵っぽい質感の作品を作った

ゴジラの皮膚の表現は、割とハッキリとした鱗っぽくなっているみたい。あの着ぐるみ独特の、鱗ともひだともつかない皮膚感好きなんだけどな。ウレタンやラテックスから生まれた怪獣という生物の不思議なディティール。

怪獣造形のウンチクについてだが、小学生ぐらいのときに図書館で形態学的怪獣論を見つけた。今思えばかなりマニアックな図書館である。最近になって購入した。
大学生になって品田冬樹さんのずっと怪獣が好きだったを読んだ。直立怪獣の下アゴについてはこれに図入りで取り上げられていた。現在品田さんは円谷プロにいるらしい。

形態学的怪獣論ずっと怪獣が好きだった

造形の話をしているとフィギュアが欲しくなる。最近は量産品でもかなり質が良いけど、やはりガレージキット化を期待してしまう。ガレージキットという存在を知ったのは中学生の頃。そして、ゴジラを作り続けている酒井ゆうじという原型師の存在を知った。作品集が2度も刊行されている。今度のゴジラもそのうち酒井ゆうじ造型工房から発売されるのを期待してしまう。



酒井ゆうじさん、最近は量産品の原型やってるけど。

S.H.モンスターアーツ ゴジラS.H.モンスターアーツ ゴジラ2000ミレニアム

ミレニアムゴジラのひな形ももう15年前なのか…


スポンサーリンク

関連記事

ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
実写版『進撃の巨人』の後篇を観た(ネタバレあり)
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの接着・気泡埋め
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
WebGL開発に関する情報が充実してきている
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
シン・ゴジラのファンアート
Zウィングマグナム
海外ドラマのChromaKey
CGのためのディープラーニング
溶剤
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
生物の骨格
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
映画『シン・ウルトラマン』が2021年公開予定!
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
『ピクサー展』へ行ってきた
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
iPhone欲しいなぁ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
『大ゴジラ特撮王国』に行った話
ラクガキの立体化 モールドの追加
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ゴジラ三昧

コメント