自前Shaderの件 解決しました

無事解決しましたよ。

最初は64bitになると計算精度が変わるから云々とか考えたんだけど、原因はもっと初歩的なことだった。

rp_20100218185608.jpg


スポンサーリンク


Cook Torranceを実装した奴だったんだけど、計算精度の誤差でもなんでもなく、自分のコーディングミスだった。(むしろ前は何でちゃんと動いたんだ?)
際どい値を突っ込んでみたり色々試したけど、コードをたどってたら、ゼロ除算を見つけたんだ…(値を丸めようとして逆にミスしたっていう…)
ということで、その一行を直しただけでちゃんと動きましたとさ。
不定の値がレンダラに渡された後の挙動がMayaのバージョンによって違うのかもしれない。(アンチエイリアスがかかるとそれがさらに強調されて…)

ところで、Shader側で背面カリングとか意味ないね。裏表関係なくレンダラがアルファチャンネルにシルエット描き込むから。


スポンサーリンク

関連記事

mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ラクガキの立体化 モールドの追加
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Blender 2.8がついに正式リリース!
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
布地のシワの法則性
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
HD画質の無駄遣い
Boost オープンソースライブラリ
プログラムによる景観の自動生成
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Raytracing Wiki
UnityのGlobal Illumination
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
今年もSSII
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
この本読むよ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
書籍『ROSプログラミング』
ZBrushで基本となるブラシ
デザインのリファイン再び
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Ambient Occlusionを解析的に求める
ゴジラの造形

コメント