自前Shaderの件 解決しました

無事解決しましたよ。

最初は64bitになると計算精度が変わるから云々とか考えたんだけど、原因はもっと初歩的なことだった。

rp_20100218185608.jpg


スポンサーリンク


Cook Torranceを実装した奴だったんだけど、計算精度の誤差でもなんでもなく、自分のコーディングミスだった。(むしろ前は何でちゃんと動いたんだ?)
際どい値を突っ込んでみたり色々試したけど、コードをたどってたら、ゼロ除算を見つけたんだ…(値を丸めようとして逆にミスしたっていう…)
ということで、その一行を直しただけでちゃんと動きましたとさ。
不定の値がレンダラに渡された後の挙動がMayaのバージョンによって違うのかもしれない。(アンチエイリアスがかかるとそれがさらに強調されて…)

ところで、Shader側で背面カリングとか意味ないね。裏表関係なくレンダラがアルファチャンネルにシルエット描き込むから。


スポンサーリンク

関連記事

SVM (Support Vector Machine)
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Open Shading Language (OSL)
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Photogrammetry (写真測量法)
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
今年もSSII
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
3D復元技術の情報リンク集
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrushで人型クリーチャー
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ラクガキの立体化 目標設定
C++始めようと思うんだ
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Multi-View Environment:複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ
顔モデリングのチュートリアル
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
立体視を試してみた
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
HD画質の無駄遣い その2

コメント