自前Shaderの件 解決しました

無事解決しましたよ。

最初は64bitになると計算精度が変わるから云々とか考えたんだけど、原因はもっと初歩的なことだった。

rp_20100218185608.jpg


スポンサーリンク


Cook Torranceを実装した奴だったんだけど、計算精度の誤差でもなんでもなく、自分のコーディングミスだった。(むしろ前は何でちゃんと動いたんだ?)
際どい値を突っ込んでみたり色々試したけど、コードをたどってたら、ゼロ除算を見つけたんだ…(値を丸めようとして逆にミスしたっていう…)
ということで、その一行を直しただけでちゃんと動きましたとさ。
不定の値がレンダラに渡された後の挙動がMayaのバージョンによって違うのかもしれない。(アンチエイリアスがかかるとそれがさらに強調されて…)

ところで、Shader側で背面カリングとか意味ないね。裏表関係なくレンダラがアルファチャンネルにシルエット描き込むから。


スポンサーリンク

関連記事

Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
タダでRenderManを体験する方法
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
clearcoat Shader
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ZBrushトレーニング
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrush 4R7
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Vancouver Film Schoolのデモリール
UnityでLight Shaftを表現する
この連休でZBrushの スキルアップを…
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

コメント