自前Shaderの件 解決しました

無事解決しましたよ。

最初は64bitになると計算精度が変わるから云々とか考えたんだけど、原因はもっと初歩的なことだった。

rp_20100218185608.jpg


スポンサーリンク


Cook Torranceを実装した奴だったんだけど、計算精度の誤差でもなんでもなく、自分のコーディングミスだった。(むしろ前は何でちゃんと動いたんだ?)
際どい値を突っ込んでみたり色々試したけど、コードをたどってたら、ゼロ除算を見つけたんだ…(値を丸めようとして逆にミスしたっていう…)
ということで、その一行を直しただけでちゃんと動きましたとさ。
不定の値がレンダラに渡された後の挙動がMayaのバージョンによって違うのかもしれない。(アンチエイリアスがかかるとそれがさらに強調されて…)

ところで、Shader側で背面カリングとか意味ないね。裏表関係なくレンダラがアルファチャンネルにシルエット描き込むから。


スポンサーリンク

関連記事

人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
HD画質の無駄遣い
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Unityをレンダラとして活用する
SIGGRAPH ASIAのマスコット
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Ambient Occlusionを解析的に求める
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrush 2018へのアップグレード
Unite 2014の動画
立体視を試してみた
テスト
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
C++の抽象クラス
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Mayaのプラグイン開発
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
UnityのTransformクラスについて調べてみた
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
OpenCV
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
注文してた本が届いた
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』

コメント