自前Shaderの件 解決しました

無事解決しましたよ。

最初は64bitになると計算精度が変わるから云々とか考えたんだけど、原因はもっと初歩的なことだった。

rp_20100218185608.jpg


スポンサーリンク


Cook Torranceを実装した奴だったんだけど、計算精度の誤差でもなんでもなく、自分のコーディングミスだった。(むしろ前は何でちゃんと動いたんだ?)
際どい値を突っ込んでみたり色々試したけど、コードをたどってたら、ゼロ除算を見つけたんだ…(値を丸めようとして逆にミスしたっていう…)
ということで、その一行を直しただけでちゃんと動きましたとさ。
不定の値がレンダラに渡された後の挙動がMayaのバージョンによって違うのかもしれない。(アンチエイリアスがかかるとそれがさらに強調されて…)

ところで、Shader側で背面カリングとか意味ないね。裏表関係なくレンダラがアルファチャンネルにシルエット描き込むから。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Stanford Bunny
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Unityの薄い本
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
UnityでLight Shaftを表現する
MeshroomでPhotogrammetry
ZBrushの作業環境を見直す
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
マイケル・ベイの動画の感覚
adskShaderSDK
Maya API Reference
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
TVML (TV program Making language)
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
MFnMeshクラスのsplit関数
ラクガキの立体化 反省
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
オーバーロードとオーバーライド
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
日本でMakersは普及するだろうか?
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
生物の骨格
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ

コメント