自前Shaderの件 解決しました

無事解決しましたよ。

最初は64bitになると計算精度が変わるから云々とか考えたんだけど、原因はもっと初歩的なことだった。

rp_20100218185608.jpg


スポンサーリンク


Cook Torranceを実装した奴だったんだけど、計算精度の誤差でもなんでもなく、自分のコーディングミスだった。(むしろ前は何でちゃんと動いたんだ?)
際どい値を突っ込んでみたり色々試したけど、コードをたどってたら、ゼロ除算を見つけたんだ…(値を丸めようとして逆にミスしたっていう…)
ということで、その一行を直しただけでちゃんと動きましたとさ。
不定の値がレンダラに渡された後の挙動がMayaのバージョンによって違うのかもしれない。(アンチエイリアスがかかるとそれがさらに強調されて…)

ところで、Shader側で背面カリングとか意味ないね。裏表関係なくレンダラがアルファチャンネルにシルエット描き込むから。


スポンサーリンク

関連記事

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
マジョーラ
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Stanford Bunny
ZBrushで基本となるブラシ
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
UnityでPoint Cloudを表示する方法
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ガメラ生誕50周年
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
タダでRenderManを体験する方法
この本読むよ
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ファンの力
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
生物の骨格
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
clearcoat Shader
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』

コメント