自前Shaderの件 解決しました

無事解決しましたよ。

最初は64bitになると計算精度が変わるから云々とか考えたんだけど、原因はもっと初歩的なことだった。

rp_20100218185608.jpg


スポンサーリンク


Cook Torranceを実装した奴だったんだけど、計算精度の誤差でもなんでもなく、自分のコーディングミスだった。(むしろ前は何でちゃんと動いたんだ?)
際どい値を突っ込んでみたり色々試したけど、コードをたどってたら、ゼロ除算を見つけたんだ…(値を丸めようとして逆にミスしたっていう…)
ということで、その一行を直しただけでちゃんと動きましたとさ。
不定の値がレンダラに渡された後の挙動がMayaのバージョンによって違うのかもしれない。(アンチエイリアスがかかるとそれがさらに強調されて…)

ところで、Shader側で背面カリングとか意味ないね。裏表関係なくレンダラがアルファチャンネルにシルエット描き込むから。


スポンサーリンク

関連記事

スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
クラスの基本
ZBrush 4R7
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
OpenMayaRender
ZBrushトレーニング
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ZBrushCore
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
iPhone欲しいなぁ
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
OpenCVで動画の手ぶれ補正
BlenderのRigifyでリギング
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Ambient Occlusionを解析的に求める
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Oculus Goを購入!
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
3Dグラフィックスの入門書
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
参考書
注文してた本が届いた
Maya LTのQuick Rigを試す
MRenderUtil::raytrace
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!

コメント