自前Shaderの件 解決しました

無事解決しましたよ。

最初は64bitになると計算精度が変わるから云々とか考えたんだけど、原因はもっと初歩的なことだった。

rp_20100218185608.jpg


スポンサーリンク


Cook Torranceを実装した奴だったんだけど、計算精度の誤差でもなんでもなく、自分のコーディングミスだった。(むしろ前は何でちゃんと動いたんだ?)
際どい値を突っ込んでみたり色々試したけど、コードをたどってたら、ゼロ除算を見つけたんだ…(値を丸めようとして逆にミスしたっていう…)
ということで、その一行を直しただけでちゃんと動きましたとさ。
不定の値がレンダラに渡された後の挙動がMayaのバージョンによって違うのかもしれない。(アンチエイリアスがかかるとそれがさらに強調されて…)

ところで、Shader側で背面カリングとか意味ないね。裏表関係なくレンダラがアルファチャンネルにシルエット描き込むから。


スポンサーリンク

関連記事

UnityでPoint Cloudを表示する方法
Mayaのプラグイン開発
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
3DCGのモデルを立体化するサービス
立体視を試してみた
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
今年もSSII
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrush 4R7
3Dグラフィックスの入門書
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
顔モデリングのチュートリアル
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
WebGL開発に関する情報が充実してきている
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
マイケル・ベイの動画の感覚
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Subsurface scatteringの動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
C++始めようと思うんだ
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
生物の骨格
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
自前のShaderがおかしい件
Blenderでよく使うaddon
OpenCVで動画の手ぶれ補正
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ニューラルネットワークで画像分類
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
Adobe Photoshop CS5の新機能
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された

コメント