自前Shaderの件 解決しました

無事解決しましたよ。

最初は64bitになると計算精度が変わるから云々とか考えたんだけど、原因はもっと初歩的なことだった。

rp_20100218185608.jpg


スポンサーリンク


Cook Torranceを実装した奴だったんだけど、計算精度の誤差でもなんでもなく、自分のコーディングミスだった。(むしろ前は何でちゃんと動いたんだ?)
際どい値を突っ込んでみたり色々試したけど、コードをたどってたら、ゼロ除算を見つけたんだ…(値を丸めようとして逆にミスしたっていう…)
ということで、その一行を直しただけでちゃんと動きましたとさ。
不定の値がレンダラに渡された後の挙動がMayaのバージョンによって違うのかもしれない。(アンチエイリアスがかかるとそれがさらに強調されて…)

ところで、Shader側で背面カリングとか意味ないね。裏表関係なくレンダラがアルファチャンネルにシルエット描き込むから。


スポンサーリンク

関連記事

ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
TVML (TV program Making language)
立体視を試してみた
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
この本読むよ
Unite 2014の動画
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
タダでRenderManを体験する方法
書籍『ROSプログラミング』
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
マジョーラ
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Unityで360度ステレオVR動画を作る
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
NICOGRAPHって有名?
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
シン・ゴジラのファンアート
Vancouver Film Schoolのデモリール
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ジュラシック・パークのメイキング
海外ドラマのChromaKey
MeshroomでPhotogrammetry
iPhone欲しいなぁ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
顔のモデリング
ラクガキの立体化 モールドの追加
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrush 4R8 リリース!
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』

コメント