AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

自分はiPhoneユーザーなんだけど、AndroidアプリはJavaで書けるし、SDKも無料で手に入るので挑戦してる。(エミュレーターもついてるよ)
AndroidSDKダウンロードはこちらより

そんで、どうせならopengGL ESにも手を出そうかと。
でもopenGLについてもほとんど知らないので、初歩的なことからメモしてく予定。

まず、Androidに限らず、JavaでopenGLを扱う場合の注意点。メモリ管理の問題。
ご存知のように、Javaではガーベッジコレクタが勝手にアクセスの無いメモリを回収するので、メモリの開放とか考えずにコーディングできる。(組み込み系プログラマにJavaプログラマがバカにされちゃう理由でもあるね)
でも、この機能がopenGLでは邪魔になるようで。(openGL自体はCでできてる)

ということで、3Dオブジェクト用のメモリを確保するには、javaのガーベジコレクションの影響を避けるためにjava.nio.BufferクラスのByteBuffer型を使う必要があるらしい。

FloatBuffer型もあるけど、ByteBuffer型でないとメモリの並べ方を指定できないのでByteBuffer型を使う。
例えば、0x12345678をメモリに並べるには2つの方法があって、ビッグエンディアン(0x12, 0x34, 0x56, 0x78)とリトルエンディアン(0x78, 0x56, 0x34, 0x12)がある。
で、二つのどっちかは分からないけど、プログラムを動作させるハードウェア固有の並べ方でメモリを使う必要がある。

4つの頂点のバッファを確保する場合はこんな感じ(floatの4バイト×3Dベクトルだから3つ×頂点の数4つ)


スポンサーリンク

ByteBuffer byteBuffer= ByteBuffer.allocateDirect(4 * 3 * 4);

動作させるハードウェア用の並び方に指定。

byteBuffer.order(ByteOrder.nativeOrder());

ByteBuffer型から、FloatBuffer型を作る

FloatBuffersquare = byteBuffer.asFloatBuffer();

後は、これに頂点の値を並べたfloat型の配列を突っ込めばOK。

javaでのopenGLの関数の基本的な呼び出し方法は普通のopenGLとほとんど共通みたいだ。
参考サイト


スポンサーリンク

関連記事

AfterEffectsプラグイン開発
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Houdiniのライセンスの種類
C++始めようと思うんだ
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Paul Debevec
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
ZBrushの練習 手のモデリング
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Objective-C最速基礎文法マスター
ラクガキの立体化
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
仮想関数
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
SIGGRAPH ASIAのマスコット
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
テンソル
prosper
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Google ブック検索
Maya 2015から標準搭載されたMILA
機械学習手法『Random Forest』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Maya API Reference
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...

コメント