AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

自分はiPhoneユーザーなんだけど、AndroidアプリはJavaで書けるし、SDKも無料で手に入るので挑戦してる。(エミュレーターもついてるよ)
AndroidSDKダウンロードはこちらより

そんで、どうせならopengGL ESにも手を出そうかと。
でもopenGLについてもほとんど知らないので、初歩的なことからメモしてく予定。

まず、Androidに限らず、JavaでopenGLを扱う場合の注意点。メモリ管理の問題。
ご存知のように、Javaではガーベッジコレクタが勝手にアクセスの無いメモリを回収するので、メモリの開放とか考えずにコーディングできる。(組み込み系プログラマにJavaプログラマがバカにされちゃう理由でもあるね)
でも、この機能がopenGLでは邪魔になるようで。(openGL自体はCでできてる)

ということで、3Dオブジェクト用のメモリを確保するには、javaのガーベジコレクションの影響を避けるためにjava.nio.BufferクラスのByteBuffer型を使う必要があるらしい。

FloatBuffer型もあるけど、ByteBuffer型でないとメモリの並べ方を指定できないのでByteBuffer型を使う。
例えば、0x12345678をメモリに並べるには2つの方法があって、ビッグエンディアン(0x12, 0x34, 0x56, 0x78)とリトルエンディアン(0x78, 0x56, 0x34, 0x12)がある。
で、二つのどっちかは分からないけど、プログラムを動作させるハードウェア固有の並べ方でメモリを使う必要がある。

4つの頂点のバッファを確保する場合はこんな感じ(floatの4バイト×3Dベクトルだから3つ×頂点の数4つ)


スポンサーリンク

ByteBuffer byteBuffer= ByteBuffer.allocateDirect(4 * 3 * 4);

動作させるハードウェア用の並び方に指定。

byteBuffer.order(ByteOrder.nativeOrder());

ByteBuffer型から、FloatBuffer型を作る

FloatBuffersquare = byteBuffer.asFloatBuffer();

後は、これに頂点の値を並べたfloat型の配列を突っ込めばOK。

javaでのopenGLの関数の基本的な呼び出し方法は普通のopenGLとほとんど共通みたいだ。
参考サイト


スポンサーリンク

関連記事

GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Raytracing Wiki
リクナビを使わない就職活動
Mac用のSubversionクライアント 『SCplugin』
windowsでTomcatの自動起動設定
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Microsoft Silverlight
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
この本読むよ
動的なメモリの扱い
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
無料で使える人体3DCG作成ツール
Adobe Photoshop CS5の新機能
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Processing
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Photogrammetry (写真測量法)
IIS
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
書籍『ROSプログラミング』
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
布地のシワの法則性
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
マルコフ連鎖モンテカルロ法
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
CGのためのディープラーニング
単純に遊びに行くのはだめなのか?
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ゴジラの造形
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
HSV色空間
ZigBee
ZBrushのUV MasterでUV展開

コメント