AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

自分はiPhoneユーザーなんだけど、AndroidアプリはJavaで書けるし、SDKも無料で手に入るので挑戦してる。(エミュレーターもついてるよ)
AndroidSDKダウンロードはこちらより

そんで、どうせならopengGL ESにも手を出そうかと。
でもopenGLについてもほとんど知らないので、初歩的なことからメモしてく予定。

まず、Androidに限らず、JavaでopenGLを扱う場合の注意点。メモリ管理の問題。
ご存知のように、Javaではガーベッジコレクタが勝手にアクセスの無いメモリを回収するので、メモリの開放とか考えずにコーディングできる。(組み込み系プログラマにJavaプログラマがバカにされちゃう理由でもあるね)
でも、この機能がopenGLでは邪魔になるようで。(openGL自体はCでできてる)

ということで、3Dオブジェクト用のメモリを確保するには、javaのガーベジコレクションの影響を避けるためにjava.nio.BufferクラスのByteBuffer型を使う必要があるらしい。

FloatBuffer型もあるけど、ByteBuffer型でないとメモリの並べ方を指定できないのでByteBuffer型を使う。
例えば、0x12345678をメモリに並べるには2つの方法があって、ビッグエンディアン(0x12, 0x34, 0x56, 0x78)とリトルエンディアン(0x78, 0x56, 0x34, 0x12)がある。
で、二つのどっちかは分からないけど、プログラムを動作させるハードウェア固有の並べ方でメモリを使う必要がある。

4つの頂点のバッファを確保する場合はこんな感じ(floatの4バイト×3Dベクトルだから3つ×頂点の数4つ)


スポンサーリンク

ByteBuffer byteBuffer= ByteBuffer.allocateDirect(4 * 3 * 4);

動作させるハードウェア用の並び方に指定。

byteBuffer.order(ByteOrder.nativeOrder());

ByteBuffer型から、FloatBuffer型を作る

FloatBuffersquare = byteBuffer.asFloatBuffer();

後は、これに頂点の値を並べたfloat型の配列を突っ込めばOK。

javaでのopenGLの関数の基本的な呼び出し方法は普通のopenGLとほとんど共通みたいだ。
参考サイト


スポンサーリンク

関連記事

Objective-C最速基礎文法マスター
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Raspberry Pi 2を買いました
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Singular
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
NVIDIA Quadro OpenGL DriverのDeep Color不具合の対処方法
Memento
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ZBrush 2018へのアップグレード
Maya 2015から標準搭載されたMILA
3DCGのモデルを立体化するサービス
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
2012のメイキングまとめ(途中)
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
マルコフ連鎖モンテカルロ法
プログラミングスキルとは何か?
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Raspberry PiでIoTごっこ
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
3DCG Meetup #4に行ってきた
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
pythonもかじってみようかと
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ターミナルサービスでネットワークレベル認証を使用する
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
動的なメモリの扱い
HSV色空間
Microsoft Silverlight
生物の骨格
複屈折
WebGL開発に関する情報が充実してきている

コメント