AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

自分はiPhoneユーザーなんだけど、AndroidアプリはJavaで書けるし、SDKも無料で手に入るので挑戦してる。(エミュレーターもついてるよ)
AndroidSDKダウンロードはこちらより

そんで、どうせならopengGL ESにも手を出そうかと。
でもopenGLについてもほとんど知らないので、初歩的なことからメモしてく予定。

まず、Androidに限らず、JavaでopenGLを扱う場合の注意点。メモリ管理の問題。
ご存知のように、Javaではガーベッジコレクタが勝手にアクセスの無いメモリを回収するので、メモリの開放とか考えずにコーディングできる。(組み込み系プログラマにJavaプログラマがバカにされちゃう理由でもあるね)
でも、この機能がopenGLでは邪魔になるようで。(openGL自体はCでできてる)

ということで、3Dオブジェクト用のメモリを確保するには、javaのガーベジコレクションの影響を避けるためにjava.nio.BufferクラスのByteBuffer型を使う必要があるらしい。

FloatBuffer型もあるけど、ByteBuffer型でないとメモリの並べ方を指定できないのでByteBuffer型を使う。
例えば、0x12345678をメモリに並べるには2つの方法があって、ビッグエンディアン(0x12, 0x34, 0x56, 0x78)とリトルエンディアン(0x78, 0x56, 0x34, 0x12)がある。
で、二つのどっちかは分からないけど、プログラムを動作させるハードウェア固有の並べ方でメモリを使う必要がある。

4つの頂点のバッファを確保する場合はこんな感じ(floatの4バイト×3Dベクトルだから3つ×頂点の数4つ)


スポンサーリンク

ByteBuffer byteBuffer= ByteBuffer.allocateDirect(4 * 3 * 4);

動作させるハードウェア用の並び方に指定。

byteBuffer.order(ByteOrder.nativeOrder());

ByteBuffer型から、FloatBuffer型を作る

FloatBuffersquare = byteBuffer.asFloatBuffer();

後は、これに頂点の値を並べたfloat型の配列を突っ込めばOK。

javaでのopenGLの関数の基本的な呼び出し方法は普通のopenGLとほとんど共通みたいだ。
参考サイト


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
注文してた本が届いた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Boost オープンソースライブラリ
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
WebGL開発に関する情報が充実してきている
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
ZBrushでカスタムUIを設定する
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Googleの3Dウェブ・プラグインO3D
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
CEDEC 3日目
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
続・ディープラーニングの資料
Visual Studioでユーザー定義のSyntax HighLightを設定する方法
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
素敵なパーティクル
NVIDIA Quadro OpenGL DriverのDeep Color不具合の対処方法
東京アメッシュ 東京ローカルな雨情報サイト
OpenCVで動画の手ぶれ補正
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ZBrushの練習 手のモデリング
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
にっぽんお好み焼き協会
オーバーロードとオーバーライド
Mean Stack開発の最初の一歩

コメント