AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

自分はiPhoneユーザーなんだけど、AndroidアプリはJavaで書けるし、SDKも無料で手に入るので挑戦してる。(エミュレーターもついてるよ)
AndroidSDKダウンロードはこちらより

そんで、どうせならopengGL ESにも手を出そうかと。
でもopenGLについてもほとんど知らないので、初歩的なことからメモしてく予定。

まず、Androidに限らず、JavaでopenGLを扱う場合の注意点。メモリ管理の問題。
ご存知のように、Javaではガーベッジコレクタが勝手にアクセスの無いメモリを回収するので、メモリの開放とか考えずにコーディングできる。(組み込み系プログラマにJavaプログラマがバカにされちゃう理由でもあるね)
でも、この機能がopenGLでは邪魔になるようで。(openGL自体はCでできてる)

ということで、3Dオブジェクト用のメモリを確保するには、javaのガーベジコレクションの影響を避けるためにjava.nio.BufferクラスのByteBuffer型を使う必要があるらしい。

FloatBuffer型もあるけど、ByteBuffer型でないとメモリの並べ方を指定できないのでByteBuffer型を使う。
例えば、0x12345678をメモリに並べるには2つの方法があって、ビッグエンディアン(0x12, 0x34, 0x56, 0x78)とリトルエンディアン(0x78, 0x56, 0x34, 0x12)がある。
で、二つのどっちかは分からないけど、プログラムを動作させるハードウェア固有の並べ方でメモリを使う必要がある。

4つの頂点のバッファを確保する場合はこんな感じ(floatの4バイト×3Dベクトルだから3つ×頂点の数4つ)


スポンサーリンク

ByteBuffer byteBuffer= ByteBuffer.allocateDirect(4 * 3 * 4);

動作させるハードウェア用の並び方に指定。

byteBuffer.order(ByteOrder.nativeOrder());

ByteBuffer型から、FloatBuffer型を作る

FloatBuffersquare = byteBuffer.asFloatBuffer();

後は、これに頂点の値を並べたfloat型の配列を突っ込めばOK。

javaでのopenGLの関数の基本的な呼び出し方法は普通のopenGLとほとんど共通みたいだ。
参考サイト


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラ(2014)のメイキング
Maya LTのQuick Rigを試す
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
WordPressの表示を高速化する
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
参考書
ラクガキの立体化 進捗
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
この本読むよ
Unityで学ぶC#
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
ファイバー束
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Maya 2015から標準搭載されたMILA
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
このブログのデザインに飽きてきた
HD画質の無駄遣い その2
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Model View Controller
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Objective-C最速基礎文法マスター
ZBrushで基本となるブラシ
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
天体写真の3D動画
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Mayaのプラグイン開発
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
adskShaderSDK
ZBrushのZScript入門
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ

コメント