AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

自分はiPhoneユーザーなんだけど、AndroidアプリはJavaで書けるし、SDKも無料で手に入るので挑戦してる。(エミュレーターもついてるよ)
AndroidSDKダウンロードはこちらより

そんで、どうせならopengGL ESにも手を出そうかと。
でもopenGLについてもほとんど知らないので、初歩的なことからメモしてく予定。

まず、Androidに限らず、JavaでopenGLを扱う場合の注意点。メモリ管理の問題。
ご存知のように、Javaではガーベッジコレクタが勝手にアクセスの無いメモリを回収するので、メモリの開放とか考えずにコーディングできる。(組み込み系プログラマにJavaプログラマがバカにされちゃう理由でもあるね)
でも、この機能がopenGLでは邪魔になるようで。(openGL自体はCでできてる)

ということで、3Dオブジェクト用のメモリを確保するには、javaのガーベジコレクションの影響を避けるためにjava.nio.BufferクラスのByteBuffer型を使う必要があるらしい。

FloatBuffer型もあるけど、ByteBuffer型でないとメモリの並べ方を指定できないのでByteBuffer型を使う。
例えば、0x12345678をメモリに並べるには2つの方法があって、ビッグエンディアン(0x12, 0x34, 0x56, 0x78)とリトルエンディアン(0x78, 0x56, 0x34, 0x12)がある。
で、二つのどっちかは分からないけど、プログラムを動作させるハードウェア固有の並べ方でメモリを使う必要がある。

4つの頂点のバッファを確保する場合はこんな感じ(floatの4バイト×3Dベクトルだから3つ×頂点の数4つ)


スポンサーリンク

ByteBuffer byteBuffer= ByteBuffer.allocateDirect(4 * 3 * 4);

動作させるハードウェア用の並び方に指定。

byteBuffer.order(ByteOrder.nativeOrder());

ByteBuffer型から、FloatBuffer型を作る

FloatBuffersquare = byteBuffer.asFloatBuffer();

後は、これに頂点の値を並べたfloat型の配列を突っ込めばOK。

javaでのopenGLの関数の基本的な呼び出し方法は普通のopenGLとほとんど共通みたいだ。
参考サイト


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Model View Controller
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
自前のShaderがおかしい件
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
pythonもかじってみようかと
CEDEC 3日目
ジュラシック・パークのメイキング
Microsoft Silverlight
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
人材輩出企業
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Maya 2015から標準搭載されたMILA
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
皆声.jp
Amazon Web ServicesでWordPress
ラクガキの立体化 モールドの追加
マイケル・ベイの動画の感覚
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
この本読むよ
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』

コメント