AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

自分はiPhoneユーザーなんだけど、AndroidアプリはJavaで書けるし、SDKも無料で手に入るので挑戦してる。(エミュレーターもついてるよ)
AndroidSDKダウンロードはこちらより

そんで、どうせならopengGL ESにも手を出そうかと。
でもopenGLについてもほとんど知らないので、初歩的なことからメモしてく予定。

まず、Androidに限らず、JavaでopenGLを扱う場合の注意点。メモリ管理の問題。
ご存知のように、Javaではガーベッジコレクタが勝手にアクセスの無いメモリを回収するので、メモリの開放とか考えずにコーディングできる。(組み込み系プログラマにJavaプログラマがバカにされちゃう理由でもあるね)
でも、この機能がopenGLでは邪魔になるようで。(openGL自体はCでできてる)

ということで、3Dオブジェクト用のメモリを確保するには、javaのガーベジコレクションの影響を避けるためにjava.nio.BufferクラスのByteBuffer型を使う必要があるらしい。

FloatBuffer型もあるけど、ByteBuffer型でないとメモリの並べ方を指定できないのでByteBuffer型を使う。
例えば、0x12345678をメモリに並べるには2つの方法があって、ビッグエンディアン(0x12, 0x34, 0x56, 0x78)とリトルエンディアン(0x78, 0x56, 0x34, 0x12)がある。
で、二つのどっちかは分からないけど、プログラムを動作させるハードウェア固有の並べ方でメモリを使う必要がある。

4つの頂点のバッファを確保する場合はこんな感じ(floatの4バイト×3Dベクトルだから3つ×頂点の数4つ)


スポンサーリンク

ByteBuffer byteBuffer= ByteBuffer.allocateDirect(4 * 3 * 4);

動作させるハードウェア用の並び方に指定。

byteBuffer.order(ByteOrder.nativeOrder());

ByteBuffer型から、FloatBuffer型を作る

FloatBuffersquare = byteBuffer.asFloatBuffer();

後は、これに頂点の値を並べたfloat型の配列を突っ込めばOK。

javaでのopenGLの関数の基本的な呼び出し方法は普通のopenGLとほとんど共通みたいだ。
参考サイト


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
SIGGRAPH ASIAのマスコット
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
OpenGVの用語
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Quartus II
ファンの力
ZBrushで基本となるブラシ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Microsoft Silverlight
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
IIS
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
WordPressのテーマを自作する
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
NVIDIA Quadro OpenGL DriverのDeep Color不具合の対処方法
WinSCP
Google ブック検索
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Raspberry Pi
ZBrush 2018へのアップグレード
布地のシワの法則性
OpenCVで動画の手振れ補正
Objective-C最速基礎文法マスター
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Unite 2014の動画
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
東京アメッシュ 東京ローカルな雨情報サイト
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
3Dグラフィックスの入門書

コメント