AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

自分はiPhoneユーザーなんだけど、AndroidアプリはJavaで書けるし、SDKも無料で手に入るので挑戦してる。(エミュレーターもついてるよ)
AndroidSDKダウンロードはこちらより

そんで、どうせならopengGL ESにも手を出そうかと。
でもopenGLについてもほとんど知らないので、初歩的なことからメモしてく予定。

まず、Androidに限らず、JavaでopenGLを扱う場合の注意点。メモリ管理の問題。
ご存知のように、Javaではガーベッジコレクタが勝手にアクセスの無いメモリを回収するので、メモリの開放とか考えずにコーディングできる。(組み込み系プログラマにJavaプログラマがバカにされちゃう理由でもあるね)
でも、この機能がopenGLでは邪魔になるようで。(openGL自体はCでできてる)

ということで、3Dオブジェクト用のメモリを確保するには、javaのガーベジコレクションの影響を避けるためにjava.nio.BufferクラスのByteBuffer型を使う必要があるらしい。

FloatBuffer型もあるけど、ByteBuffer型でないとメモリの並べ方を指定できないのでByteBuffer型を使う。
例えば、0x12345678をメモリに並べるには2つの方法があって、ビッグエンディアン(0x12, 0x34, 0x56, 0x78)とリトルエンディアン(0x78, 0x56, 0x34, 0x12)がある。
で、二つのどっちかは分からないけど、プログラムを動作させるハードウェア固有の並べ方でメモリを使う必要がある。

4つの頂点のバッファを確保する場合はこんな感じ(floatの4バイト×3Dベクトルだから3つ×頂点の数4つ)


スポンサーリンク

ByteBuffer byteBuffer= ByteBuffer.allocateDirect(4 * 3 * 4);

動作させるハードウェア用の並び方に指定。

byteBuffer.order(ByteOrder.nativeOrder());

ByteBuffer型から、FloatBuffer型を作る

FloatBuffersquare = byteBuffer.asFloatBuffer();

後は、これに頂点の値を並べたfloat型の配列を突っ込めばOK。

javaでのopenGLの関数の基本的な呼び出し方法は普通のopenGLとほとんど共通みたいだ。
参考サイト


スポンサーリンク

関連記事

ブログが1日ダウンしてました
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
UnityでLight Shaftを表現する
参考になりそうなサイト
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
マルコフ連鎖モンテカルロ法
無料で使える人体3DCG作成ツール
Objective-C最速基礎文法マスター
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
HSV色空間
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
書籍『ROSプログラミング』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Googleの3Dウェブ・プラグインO3D
Houdiniのライセンスの種類
ZigBee
OpenMayaRender
Virtual Network Computing
Raspberry Pi 2を買いました
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
サンプルコードにも間違いはある?
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
定数
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Unityの薄い本
Open Shading Language (OSL)
OANDAのfxTrade API
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
デザインのリファイン再び
CreativeCOW.net
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Iterator

コメント