AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

自分はiPhoneユーザーなんだけど、AndroidアプリはJavaで書けるし、SDKも無料で手に入るので挑戦してる。(エミュレーターもついてるよ)
AndroidSDKダウンロードはこちらより

そんで、どうせならopengGL ESにも手を出そうかと。
でもopenGLについてもほとんど知らないので、初歩的なことからメモしてく予定。

まず、Androidに限らず、JavaでopenGLを扱う場合の注意点。メモリ管理の問題。
ご存知のように、Javaではガーベッジコレクタが勝手にアクセスの無いメモリを回収するので、メモリの開放とか考えずにコーディングできる。(組み込み系プログラマにJavaプログラマがバカにされちゃう理由でもあるね)
でも、この機能がopenGLでは邪魔になるようで。(openGL自体はCでできてる)

ということで、3Dオブジェクト用のメモリを確保するには、javaのガーベジコレクションの影響を避けるためにjava.nio.BufferクラスのByteBuffer型を使う必要があるらしい。

FloatBuffer型もあるけど、ByteBuffer型でないとメモリの並べ方を指定できないのでByteBuffer型を使う。
例えば、0x12345678をメモリに並べるには2つの方法があって、ビッグエンディアン(0x12, 0x34, 0x56, 0x78)とリトルエンディアン(0x78, 0x56, 0x34, 0x12)がある。
で、二つのどっちかは分からないけど、プログラムを動作させるハードウェア固有の並べ方でメモリを使う必要がある。

4つの頂点のバッファを確保する場合はこんな感じ(floatの4バイト×3Dベクトルだから3つ×頂点の数4つ)


スポンサーリンク

ByteBuffer byteBuffer= ByteBuffer.allocateDirect(4 * 3 * 4);

動作させるハードウェア用の並び方に指定。

byteBuffer.order(ByteOrder.nativeOrder());

ByteBuffer型から、FloatBuffer型を作る

FloatBuffersquare = byteBuffer.asFloatBuffer();

後は、これに頂点の値を並べたfloat型の配列を突っ込めばOK。

javaでのopenGLの関数の基本的な呼び出し方法は普通のopenGLとほとんど共通みたいだ。
参考サイト


スポンサーリンク

関連記事

ブログのデザイン変えました
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Machine Debug Manager
注文してた本が届いた
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
2012のメイキングまとめ(途中)
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
iPadをWindows PCのサブディスプレイにする無料アプリ『DisplayLink』
ラクガキの立体化 反省
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushCore
ラクガキの立体化 胴体の追加
世界のトレンドをリアルタイムに把握するサイト 『Googttrer』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenMayaのPhongShaderクラス
マジョーラ
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
まだ続くブログの不調
参考になりそうなサイト
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ディープラーニング
動的なメモリの扱い
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
DLL(Dynamic Link Library)
ZBrushで基本となるブラシ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
MRenderUtil::raytrace
WordPress on Windows Azure
甲虫の色とか

コメント