レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ

Processing で学ぶレンダラ… の始めをちょっとだけ.

ピクセル単位で色を設定する方法があれば何でもいいのです.

ですよねー。


スポンサーリンク

そして、そういう用途ではprocessingはホントに便利。

実装の手間が少ないと、アルゴリズムを理解し易いですよね。

GI本に期待!


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
CreativeCOW.net
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
顔のモデリング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
ZBrush キャラクター&クリーチャー
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Subsurface scatteringの動画
『ピクサー展』へ行ってきた
ゴジラ三昧
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Unityの薄い本
参考書
Blenderでよく使うaddon
ZBrushの練習 手のモデリング
MFnDataとMFnAttribute
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ポリ男をリファイン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ

コメント