レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ

Processing で学ぶレンダラ… の始めをちょっとだけ.

ピクセル単位で色を設定する方法があれば何でもいいのです.

ですよねー。


スポンサーリンク

そして、そういう用途ではprocessingはホントに便利。

実装の手間が少ないと、アルゴリズムを理解し易いですよね。

GI本に期待!


スポンサーリンク

関連記事

ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Vancouver Film Schoolのデモリール
MRenderUtil::raytrace
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushのZScript入門
ZBrushCore
Photogrammetry (写真測量法)
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
MFnDataとMFnAttribute
Pix2Pix:CGANによる画像変換
2012のメイキングまとめ(途中)
Unreal Engineの薄い本
ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
SIGGRAPH Asia
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushで基本となるブラシ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Mayaのレンダリング アトリビュート
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ZBrush 2018へのアップグレード
CreativeCOW.net
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ

コメント