レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ

Processing で学ぶレンダラ… の始めをちょっとだけ.

ピクセル単位で色を設定する方法があれば何でもいいのです.

ですよねー。


スポンサーリンク

そして、そういう用途ではprocessingはホントに便利。

実装の手間が少ないと、アルゴリズムを理解し易いですよね。

GI本に期待!


スポンサーリンク

関連記事

ガメラ生誕50周年
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
HD画質の無駄遣い
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ZBrush 4R7
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
布地のシワの法則性
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
タダでRenderManを体験する方法
服飾デザインツール『CLO』
タマムシっぽい質感
単純に遊びに行くのはだめなのか?
この本読むよ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Adobe Photoshop CS5の新機能
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Ambient Occlusionを解析的に求める
ゴジラ三昧
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
参考書
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ZBrushの作業環境を見直す
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
CreativeCOW.net
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
アニゴジ関連情報

コメント