SIGGRAPH ASIAのマスコット

SIGGRAPH ASIAでマスコットを使った5秒以内のアニメーションを募集してるらしい。
投稿期限は日本時間6月27日午前8時59分。
マスコットのデータはここから。
データがダウンロードできるので気軽に遊んでみるのも良いかもね。
ついでにMaya用のツールAdvancedSkeleton 2.0.0


スポンサーリンク

関連記事

Mayaのポリゴン分割ツールの進化
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ZBrushトレーニング
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
自前Shaderの件 解決しました
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
UnityでLight Shaftを表現する
UnityでARKit2.0
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Raytracing Wiki
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 壊れたデータの救出
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ゴジラ三昧
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のトゲの作り直し
Pix2Pix:CGANによる画像変換
CreativeCOW.net
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
NeRF (Neural Radiance Fields):機械学習による未知視点合成

コメント