WordPressの表示を高速化する

このブログ、Amazon EC2の一番小さいマイクロインスタンスで動かしてる。
ブログが落ちたらJetpackから通知メールが来るように設定してるんだけど、最近は結構頻繁に「落ちました通知」が来るようになった。ブログのエントリ数が増えてきてるから、表示の度に結構負荷がかかってるんだろうか。それともマイクロインスタンスってそういうもの?

で、落ちるのは仕方がないにしても、表示が結構重いのが気になっていたので、高速化する方法を調べてみた。もともとこのブログは網元AMIをベースにしてるから、そこそこに速いんだけど、もう少し手立てはないか探した。


スポンサーリンク

結論としては、画像の圧縮とページのキャッシュぐらいしか手は残されていなかった。もちろん、どちらも手軽にできるプラグインがある。
今回インストールしたのは以下の二つ。

画像の圧縮→EWWW Image Optimizer
ページのキャッシュ→WP Super Cache


スポンサーリンク

どちらも小難しい設定をしなくても自動で良い感じに処理してくれる。ただ、処理対象が多いと結構処理に時間がかかる。インスタンスが貧弱だと、何度か止まっちゃう。一応現在これで運用中だけど動作速度はいかがだろうか?

ところで、Amazon EC2のマイクロインスタンスは1年間無料だと思ってたら、ばっちり課金されてた。最初に間違って作っちゃったのを削除して新しくインスタンスを作ったのが原因だろうな。

ちょっと調べたら、オイラが今使ってるのはt1.microってタイプのインスタンスで、今はt2.microっていう新しいタイプのインスタンスが出ているらしい。そっちへの移行を考えようかな。

EC2のt1.microをt2.microへ移行する

追記:
結局、WP Super Cacheはやめました。

2014/09/27追記:
まだ高速化の手があった。Javascriptの記述を最適化してページロードの負荷を軽減する。Html, CSSを縮小する。
Head Cleanerってプラグインを使えば簡単にできる。
結果としては、あんまり速くはならなかった。たぶん各種SNS情報のマッシュアップが重い。これはどうしようもない。


スポンサーリンク

関連記事

Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
UnityでOpenCVを使うには?
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
仮想関数
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
プロダクトデザイン概論
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
このブログのデザインに飽きてきた
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
クラスの基本
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
変形ロボットのデザイン
3Dグラフィックスの入門書
OANDAのfxTrade API
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
HD画質の無駄遣い
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
ZScript
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
OpenGVの用語
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
Profilograph
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
実は頻発しているブログの不具合
今年もSSII
C++始めようと思うんだ
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Google App Engineのデプロイ失敗
Amazon Web ServicesでWordPress
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
続・ディープラーニングの資料
ネームサーバとDNSレコードの話
手を動かしながら学ぶデータマイニング
WebGL開発に関する情報が充実してきている

コメント