Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』

Unityって3Dのグラフィックスは手軽に作れるけど、意外とメニューやボタンといったGUIまわりの作成はあまり充実してなかった。
複雑なGUI作成には外部アセットの「NGUI」を使うのが一般的だった。

そしてついにUnityの次期バージョン、Unity 4.6から新しいGUI作成システム「uGUI」が搭載される。uGUIについては5月に開催されたUniteのセッションで一足先に紹介されていたらしい。


スポンサーリンク

さらにその後、紹介ビデオが公開された。

Unity 4.6 – New UI System overview

uGUIでは新たに「キャンバス」という単位でUIを描画するらしい。キャンバスにはGUIをワールド座標上で表示する「world space」と、スクリーン空間に表示する「Screen Space」があり、切り替えて使用できる。画面サイズが変われば、キャンバスのサイズもリサイズされ、効率化を図るための機能も満載。

画像やテキストなどの配置は「RectTransform」という概念で整理され、画像サイズ・回転・幅・アンカー・ピポットの位置などで座標を指定できる。アンカーはUIの中心点を左上や右下に指定できる。ストレッチ系を指定すると、アンカーの位置を規準に、UIを引き延ばすこともでき、画面全体の比率がかわっても、自動スケーリングや自動リサイズが可能となる。


スポンサーリンク

ボタンをクリックすると色が変わったり、形が変形したりといった、イベント制御機能も強化され、マウスやボタンをクリックしたり、タッチしたりといったタイミングで、登録したオブジェクトに特定のイベントを発信したり、値の変更が可能。特定エリアをマスクする機能もある。遷移図でUIの挙動を管理することもできるようになる。
現状、uGUIのネックは「Tween」に相当する機能が存在しないこと。GUIでアニメーションを活用するには、MecanimBehaviourなどの機能を組み合わせる必要がある。

【GTMF 2014】Unityに待望のメインGUIツールが登場!「uGUI」の革新性とは?

ついでに最近のニュースとして、UnityスクリプトをVisual Studioで開発できるプラグイン「Unity VS」をMicrosoftが買収したので、まもなく無償で利用可能になるらしい。Visual StudioのプラグインはProバージョン以上(Express以外)じゃないと使えないかもだけど。

Microsoft acquires SyntaxTree, creator of UnityVS plugin for Visual Studio
MicrosoftがSyntaxTreeを買収してUnity用プラグインUnityVSをVisual Studioに統合


スポンサーリンク

関連記事

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ラクガキの立体化 胴体の追加
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Mayaのレンダリング アトリビュート
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ジュラシック・パークのメイキング
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
プログラムによる景観の自動生成
ZBrushのお勉強
ラクガキの立体化 モールドの追加
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
OpenMayaRender
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Unite 2014の動画
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Paul Debevec
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
HD画質の無駄遣い
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
MFnMeshクラスのsplit関数
ZBrush 2018での作業環境を整える
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushで基本となるブラシ
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?

コメント