Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト『Myth TV』

2年ほど前、自分でスマートテレビもどきを作ろうとしてた時に見つけた情報。

MythTV, Open Source DVR

Linux上で開発された、TV視聴と録画などを行なうサーバーとクライアントからなるマルチメディアシステム。
サーバーとしてはFreeBSDへの移植も行なわれており、クライアントとしてはLinux,FreeBSDのほかWindowsやMacOSX用のものもある。 その他、DVD-Video、Video-CD、音楽CDを再生できる。
クライアントから操作する他、ウェブインターフェイスからの設定や録画ファイルダウンロードが可能。適切な設定を行なえば、インターネットからウェブインターフェイスを利用することも可能。 日本国外在住者が日本国内テレビ放送の視聴に利用する例もある。

録画時間になればLinuxを起動し、録画を開始できる機能を搭載している。

ちなみに、日本のテレビ放送を観れるようにするには、ソフトウェアだけでなく、ハードウェアとして特殊なチューナーカード(TS抜きのチューナー)が必要。


スポンサーリンク



そんで、公式で配布されてるMythTVは日本のISDB-T(地上デジタル)とISDB-S(BSデジタル)に対応していないそうで、パッチを当てた改造版も存在する。
使うには改造版と本家最新バージョンの差分から修正パッチを作成して、ベースとなるコードにパッチを当てる。
この有志による改造版はなかなかすごいもので、番組表を引っ張ってきて録画予約できたりする。

この時知ったんだけど、デジタル放送って、一定の周期でデータ放送と映像情報がセット送信されてくるみたい。

参考:
PT1/PT2のDVBとMythTV@Wiki
PT2で地デジ対応MythTVを作る
PT2対応のMythTVをビルド

この頃やりたかったのは、テレビチャンネルのマッシュアップだった。放送局単位にとらわれない情報表示方法みたいなもの。あらゆる局のデータ放送を統合して別の意味を見出すような感じ。
デジタル放送時代になってから、番組の映像と同時にデータ放送も含まれるようになったけど、チャンネルごとに情報が閉じているのが気に入らなかった。
次の時代は、「情報を閲覧方法は受け手が決める」だと何となく思っていた。

今なら、コンピュータビジョンで映像中から別の情報を抽出するとか考えちゃうな。顔認識で録画の自動チャプター分割とか、機械学習で番組ごとの傾向を抽出するとか。


スポンサーリンク

関連記事