OpenCVで動画の手振れ補正

こちらのサイトに手振れ補正する理屈とOpenCVで書いたサンプルが載ってる。

Simple video stabilization using OpenCV

  1. オプティカルフローを用いて、前後フレーム間のトランスフォームを求める。
  2. トランスフォームは3つのパラメータ:dx, dy,da(角度)で構成され、基本的に剛体の剛性のユークリッド変換とし、スケーリングや共有は考慮しない。

  3. ブレの軌跡を得るために、各フレームのx, y, 角度のトランスフォームを保存する。
  4. 移動平均窓を使用して軌跡を滑らかにする。
  5. ユーザが平滑化に使用するフレーム数となる半径を指定する。

  6. 以下のように新しいトランスフォームを求める。
  7. 新しいトランスフォーム = 元のトランスフォーム + (平滑化した軌跡 – 元の軌跡)

  8. 動画に新しいトランスフォームを適用する。

サンプルコードもある。


スポンサーリンク


補正結果比較動画。


スポンサーリンク
Video stabilization using OpenCV #2

2019年1月 追記:Learn OpenCVでも手振れ補正のチュートリアルが公開されたぞ↓
https://www.learnopencv.com/video-stabilization-using-point-feature-matching-in-opencv/

Video Stabilization


スポンサーリンク

関連記事

Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
UnityからROSを利用できる『ROS#』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
PCA (主成分分析)
統計的な顔モデル
Google App Engineのデプロイ失敗
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
ニューラルネットワークと深層学習
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Unityの薄い本
Active Appearance Models(AAM)
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
adskShaderSDK
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
OpenCV
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
Raspberry PiでIoTごっこ
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
html5のcanvasの可能性
UnityでLight Shaftを表現する
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
HD画質の無駄遣い その2
Kinect for Windows v2の日本価格決定
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Google Chromecast
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Mean Stack開発の最初の一歩
Unityからkonashiをコントロールする

コメント