顔モデリングのチュートリアル

CGで人間の顔を作るのは需要が高いけどハードルも高い分野。

Realistic Head modeling guide

realistic human head

最近、こういう情報は画像検索でざっと洗い出せるので便利。
そういえば、昔はこの手のWebページをWordにコピペして、ローカルにチュートリアルドキュメントとして保存したりしてた。
昔はいちいちWebを参照するという感覚が希薄だった。


スポンサーリンク


彫刻の実演動画もみつけた。


スポンサーリンク
Sculpting a female head in clay. Sculpting tutorial and demo.

資料集めが楽な良い時代だね。必要なのは好奇心というか、単純に知の欲求だけ。
昔は結構いろんな書籍を読んだなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでカスタムUIを設定する
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
ラクガキの立体化 進捗
Ambient Occlusionを解析的に求める
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Vancouver Film Schoolのデモリール
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
MRenderUtil::raytrace
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
GMKゴジラの爪の塗装
生物の骨格
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
ZBrushの作業環境を見直す
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
タマムシっぽい質感
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
Open Shading Language (OSL)
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
Unityの薄い本
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
エアブラシの思い出
恐竜造形の指南書
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
Stanford Bunny

コメント