黒歴史

新しいゴジラが全米で公開されたわけですが、ゴジラというキャラクターには個人的にかなり思い入れがあります。


スポンサーリンク
Godzilla – Official Main Trailer [HD]

自分でオリジナルのゴジラを造ってみよう、という痛い行動に出るほどに。

石粉粘土(ファンド)で頑張ったゴジラ。 当時ガラケーで撮影した画像。

造ったのは2004年~2005年頃。ファイナルウォーズの時代か。
当時ガラケーで撮った画像なので画質が悪いけど、時代を感じるね。
当時の自分はまだCGでモデリングなんてできなかった。情報系の教育を受ける前の話。


スポンサーリンク


ゴジラ2000ミレニアムの雛形からガレージキットの存在を知ったが、どこで売ってるかわからないし、そもそもキットを買うお金もないので自作しようと思い立った。(痛い)
やり方は分からないけど、とにかく作ってみたかった。
ホビージャパンに載っていた「怪獣フィギュアの原型師は石粉粘土を好んで使う人が多い」という情報から、真似して石粉粘土 ファンドを買った。
眼球をどうしたら良いかわからなかったが、とりあえず東急ハンズで小さい鉄球を買ってきた。
何も考えず、石粉粘土ムクで作っていった。途中でバランスを変えたくなったらノコギリで切断して繋ぎなおした。
粘土を盛って削ってを繰り返して、どんどんサイズが小さくなっていった。不器用なのでカッターで何度も手を切ってしまった。

もう10年ぐらい経つのに今でもよく覚えているのが不思議。今では眼に使った鉄球が錆びてグチャグチャだが、未だに捨てられない。
痛いけど、これやったのは10代の頃だから許そうと勝手に納得してみる。人はこうして黒歴史と向き合うんですね(違)


スポンサーリンク

関連記事

酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 洗浄
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
まだまだ続く空想科学読本
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
2016年 観に行った映画振り返り
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
溶剤
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
三丁目ゴジラ
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
ミニ四駆のラジコン化情報
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 仕切り直し
なりたい自分?
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Zウィングマグナム
Transformers: Revenge of the Fallen
模型制作の環境を考える
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
仮面ライダーの玩具
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
トランスフォーマー:リベンジ
MeshroomでPhotogrammetry
顔モデリングのチュートリアル
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン

コメント