黒歴史

新しいゴジラが全米で公開されたわけですが、ゴジラというキャラクターには個人的にかなり思い入れがあります。


スポンサーリンク
Godzilla – Official Main Trailer [HD]

自分でオリジナルのゴジラを造ってみよう、という痛い行動に出るほどに。

石粉粘土(ファンド)で頑張ったゴジラ。 当時ガラケーで撮影した画像。

造ったのは2004年~2005年頃。ファイナルウォーズの時代か。
当時ガラケーで撮った画像なので画質が悪いけど、時代を感じるね。
当時の自分はまだCGでモデリングなんてできなかった。情報系の教育を受ける前の話。


スポンサーリンク


ゴジラ2000ミレニアムの雛形からガレージキットの存在を知ったが、どこで売ってるかわからないし、そもそもキットを買うお金もないので自作しようと思い立った。(痛い)
やり方は分からないけど、とにかく作ってみたかった。
ホビージャパンに載っていた「怪獣フィギュアの原型師は石粉粘土を好んで使う人が多い」という情報から、真似して石粉粘土 ファンドを買った。
眼球をどうしたら良いかわからなかったが、とりあえず東急ハンズで小さい鉄球を買ってきた。
何も考えず、石粉粘土ムクで作っていった。途中でバランスを変えたくなったらノコギリで切断して繋ぎなおした。
粘土を盛って削ってを繰り返して、どんどんサイズが小さくなっていった。不器用なのでカッターで何度も手を切ってしまった。

もう10年ぐらい経つのに今でもよく覚えているのが不思議。今では眼に使った鉄球が錆びてグチャグチャだが、未だに捨てられない。
痛いけど、これやったのは10代の頃だから許そうと勝手に納得してみる。人はこうして黒歴史と向き合うんですね(違)


スポンサーリンク

関連記事

世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 眼の周りのレタッチ
平成ガメラ
ZBrushのUV MasterでUV展開
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 洗浄
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
映画『ダウンサイズ』を観た
GMKゴジラの爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
『さらば あぶない刑事』を観た
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
アニゴジ関連情報
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
映画『BRAVE STORM』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
TOHOシネマズ新宿
夕刊ゴジラ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
Oculus Goを購入!
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
ゴジラ・フェス 2018
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
ラクガキの立体化 反省

コメント