フィーリングに基づくタマムシの質感表現

まあ、昨日の今日なんだけど、偶然本物のタマムシ(ヤマトタマムシ)を見たんで、適当にShaderを書いてみた。


スポンサーリンク
Japanese Buprestidae Shader

※実物とだいぶ違うことは私自身が一番良くわかっています。


スポンサーリンク


もうすでに何が違うかも解り始めてるから良いんだ。でもめんどくさいから良いんだ。これはただの息抜きなんだ。やらなきゃいけないこと放置中なんだ。

たまたま道端で見つけた

たまたま道端で見つけた



ところで、実物のタマムシを見ると部位によっても結構違う印象。


スポンサーリンク

関連記事

Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
書籍『ROSプログラミング』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Adobe Photoshop CS5の新機能
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
機械学習手法『Random Forest』
デザインのリファイン再び
Photogrammetry (写真測量法)
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
UnityのGlobal Illumination
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
素敵なパーティクル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ZBrushトレーニング
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Maya LTのQuick Rigを試す
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
シン・ゴジラのファンアート
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...

コメント