フィーリングに基づくタマムシの質感表現

まあ、昨日の今日なんだけど、偶然本物のタマムシ(ヤマトタマムシ)を見たんで、適当にShaderを書いてみた。


スポンサーリンク
Japanese Buprestidae Shader

※実物とだいぶ違うことは私自身が一番良くわかっています。


スポンサーリンク


もうすでに何が違うかも解り始めてるから良いんだ。でもめんどくさいから良いんだ。これはただの息抜きなんだ。やらなきゃいけないこと放置中なんだ。

たまたま道端で見つけた

たまたま道端で見つけた



ところで、実物のタマムシを見ると部位によっても結構違う印象。


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマーロストエイジのメイキング
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushで基本となるブラシ
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenMayaRender
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
adskShaderSDK
自前Shaderの件 解決しました
参考書
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
なんかすごいサイト
Paul Debevec
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
BSDF (Bidirectional scattering distribution functi...
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
MFnDataとMFnAttribute
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
iPhone欲しいなぁ

コメント