MFnMeshクラスのsplit関数

誰にも頼まれてないけど仕様を日本語に訳しておくよ。

MFnMeshクラスのsplit関数


スポンサーリンク

この関数は、エッジとフェースを連続的に分割します。placements配列の要素は、列挙型SplitPlacementでなければなりません。placements配列中でSplitPlacement::kOnEdgeと設定された要素は、対応するエッジIDとファクターがedgeList配列とedgeFactors配列にもそれぞれ含まれている必要があります。SplitPlacement::kInternalPointと設定された要素についても同様に、internalPoints配列にも含まれている必要があります。それぞれの要素は、3つの配列全て同じ順序で指定する必要がありますから、placements配列の最初にあるSplitPlacement::kOnEdgeと設定されている要素は、edgeList配列とedgeFactors配列の最初の要素と対応させます。

もしも頂点の内1つでも作成出来ない場合、アルゴリズム全体が失敗します。同じエッジを2回以上分割することはできません。分割の開始・終了もエッジ上である必要があります。これはつまり、placements配列の最初と最後の要素は必ずSplitPlacement::kOnEdgeに設定されていなければならないということです。placements配列がエッジ上で開始・終了しない場合、コードは「成功」ステータスを返しますがメッシュは分割されません。。

NOTE:このメソッドで使用されるアルゴリズムはpolySplitコマンドと同じで、同様の制限があります。

引数:

  • [in] placements

列挙型SplitPlacementが設定された要素を格納する配列。これは、分割で新しい頂点を配置する場所(エッジ上かフェース上か)を表しています。

  • [in] edgeList

分割するエッジのIDを分割順に格納する配列。この配列には、placements配列のSplitPlacement::kOnEdgeに設定されている要素と同じ数だけの要素が必要です。

  • [in] edgeFactors

エッジ上の分割位置を表す内分比ファクター(範囲0~1)、を格納する配列。この配列の持つ要素の数は、edgeList配列が持つ要素の数と同じである必要があります。


スポンサーリンク
  • [in] internalPoints

既存のフェース上に新しく追加する頂点の位置座標を格納する配列。この配列には、placements配列のSplitPlacement::kInternalPointに設定されている要素と同じ数だけの要素が必要です。この配列は空でもかまいません。追加する頂点は、前のエッジIDと次のエッジIDの間にあるフェース上で指定する必要があります。

返り値:

Status Code

Status Codes:

  • MS::kSuccess

The method was successful.

  • MS::kInvalidParameter

One of the following parameter errors

  • MS::kIndexOutOfRange

One or more of the edge IDs are not on the mesh.

  • MS::kValueOutOfRange

One or more of the edge factors are not within the [0,1] range

  • MS::kInvalidParameter

The split algorithm could not be completed successfully or the array sizes are not appropriate.

  • MS::kNotFound

The given placements list is empty.

  • MS::kFailure

An object error has occurred.

  • MS::kObjectDoesNotExist

The base stucture was not initialized properly

  • MS::kShapeHasNoGeometry

The mesh shape has no geometry to work on

Examples:

meshOpFtyAction.cpp.

そんで分割方法のフラグとなる列挙型。(intにキャストしてMIntArrayに入れる)

SplitPlacement

分割点の決定方法を指定するフラグ。

Enumerator:

  • kOnEdge

エッジに沿って新しい頂点を配置し、エッジを 2 つの新しいエッジに分割する。

  • kInternalPoint

フェース内の特定座標に新しい頂点を挿入する。

  • kInvalid

無効

今まで知らなかったんだけど、C++の列挙型ってintと相互にキャストできるのね。(内部では整数が回るらしい)

コーディングミスを防ぐ目的でenumを使うって感じみたい。


スポンサーリンク

関連記事

この本読むよ
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
顔モデリングのチュートリアル
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
OpenMayaRender
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
クラスの基本
マジョーラ
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
布地のシワの法則性
SIGGRAPH Asia
ZBrush 2018での作業環境を整える
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
プログラムによる景観の自動生成
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
ZBrushのお勉強
ZBrushの練習 手のモデリング
ゴジラ三昧
フルCGのウルトラマン!?
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Paul Debevec
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
CreativeCOW.net
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
生物の骨格
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画

コメント