3Dグラフィックスの入門書

3Dグラフィックス入門者用の新しい書籍が出た。

Javaによる簡単実習3次元CG入門


スポンサーリンク

まあ、新刊というかほとんど以前C++で出てた本のJava版。(多少ボリュームアップしてる)
C++による簡単実習 3次元CG入門 第2版

ということで(?)以下、なんとなく思うことをつらつらと。


スポンサーリンク

まず、こういう入門書を読む場合の注意点。
グラフィックスは初心者だけど、そのプログラミング言語はある程度使えるってのが前提だよね。(当たり前ではあるけど)

それから、この手の本の構成に関して思うこと。
サンプルコードを重視するあまり、手続きベースの解説になっていることが多い。(フローチャートはしっかり載ってる)
個人的に、ずっとコードを追ってかないとプログラムの全体像を把握できない仕様が嫌。(オブジェクト指向言語使ってるならクラスの関係図くらい載せれば良いのに)
3Dグラフィックスの仕組みを教える方法としてはちょっと酷だと思うんだ。(コード内のコメントで十分だと思ったら大間違いさ)
初心者に説明する気があるのか疑問が残るわけですよ。

とはいえ、何も情報が無いより絶対良いので、自分が一番良く知ってるプログラミング言語で書かれた本を選べば何とかなるとは思う。

ところでこの本、分散レイトレーシングの描画例で影のエッジがまるでぼやけてない。(画像の掲載間違い?)
ついでに言っておくと、ラジオシティ法を紹介するなら実装例も載せてよ。(申し訳程度に載せてるけど、誰の圧力?)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
WordPress on Windows Azure
Houdiniのライセンスの種類
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
定数
WinSCP
Raspberry PiでIoTごっこ
NICOGRAPHって有名?
ゴジラ(2014)のメイキング
pythonもかじってみようかと
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ZBrushのUV MasterでUV展開
html5のcanvasの可能性
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Mayaのプラグイン開発
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
HD画質の無駄遣い その2
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Konashiを買った
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
Raspberry Pi
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushのお勉強
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ラクガキの立体化 反省

コメント