3Dグラフィックスの入門書

3Dグラフィックス入門者用の新しい書籍が出た。

Javaによる簡単実習3次元CG入門


スポンサーリンク

まあ、新刊というかほとんど以前C++で出てた本のJava版。(多少ボリュームアップしてる)
C++による簡単実習 3次元CG入門 第2版

ということで(?)以下、なんとなく思うことをつらつらと。


スポンサーリンク

まず、こういう入門書を読む場合の注意点。
グラフィックスは初心者だけど、そのプログラミング言語はある程度使えるってのが前提だよね。(当たり前ではあるけど)

それから、この手の本の構成に関して思うこと。
サンプルコードを重視するあまり、手続きベースの解説になっていることが多い。(フローチャートはしっかり載ってる)
個人的に、ずっとコードを追ってかないとプログラムの全体像を把握できない仕様が嫌。(オブジェクト指向言語使ってるならクラスの関係図くらい載せれば良いのに)
3Dグラフィックスの仕組みを教える方法としてはちょっと酷だと思うんだ。(コード内のコメントで十分だと思ったら大間違いさ)
初心者に説明する気があるのか疑問が残るわけですよ。

とはいえ、何も情報が無いより絶対良いので、自分が一番良く知ってるプログラミング言語で書かれた本を選べば何とかなるとは思う。

ところでこの本、分散レイトレーシングの描画例で影のエッジがまるでぼやけてない。(画像の掲載間違い?)
ついでに言っておくと、ラジオシティ法を紹介するなら実装例も載せてよ。(申し訳程度に載せてるけど、誰の圧力?)


スポンサーリンク

関連記事

Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ガメラ生誕50周年
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
この本読むよ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
pythonもかじってみようかと
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
海外ドラマのChromaKey
立体視を試してみた
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
C++の抽象クラス
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Photogrammetry (写真測量法)
マジョーラ
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
ZBrushのお勉強
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
ZBrushで基本となるブラシ
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
MeshroomでPhotogrammetry
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
HD画質の無駄遣い
ZBrush 2018へのアップグレード
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
動的なメモリの扱い
ブログの復旧が難航してた話
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Pix2Pix:CGANによる画像変換

コメント