3Dグラフィックスの入門書

3Dグラフィックス入門者用の新しい書籍が出た。

Javaによる簡単実習3次元CG入門


スポンサーリンク

まあ、新刊というかほとんど以前C++で出てた本のJava版。(多少ボリュームアップしてる)
C++による簡単実習 3次元CG入門 第2版

ということで(?)以下、なんとなく思うことをつらつらと。


スポンサーリンク

まず、こういう入門書を読む場合の注意点。
グラフィックスは初心者だけど、そのプログラミング言語はある程度使えるってのが前提だよね。(当たり前ではあるけど)

それから、この手の本の構成に関して思うこと。
サンプルコードを重視するあまり、手続きベースの解説になっていることが多い。(フローチャートはしっかり載ってる)
個人的に、ずっとコードを追ってかないとプログラムの全体像を把握できない仕様が嫌。(オブジェクト指向言語使ってるならクラスの関係図くらい載せれば良いのに)
3Dグラフィックスの仕組みを教える方法としてはちょっと酷だと思うんだ。(コード内のコメントで十分だと思ったら大間違いさ)
初心者に説明する気があるのか疑問が残るわけですよ。

とはいえ、何も情報が無いより絶対良いので、自分が一番良く知ってるプログラミング言語で書かれた本を選べば何とかなるとは思う。

ところでこの本、分散レイトレーシングの描画例で影のエッジがまるでぼやけてない。(画像の掲載間違い?)
ついでに言っておくと、ラジオシティ法を紹介するなら実装例も載せてよ。(申し訳程度に載せてるけど、誰の圧力?)


スポンサーリンク

関連記事

WebGL開発に関する情報が充実してきている
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
このブログのデザインに飽きてきた
Konashiを買った
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
プログラムによる景観の自動生成
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrush 2018へのアップグレード
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
HD画質の無駄遣い
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Unityで学ぶC#
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Unreal Engineの薄い本
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
HD画質の無駄遣い その2
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
MeshroomでPhotogrammetry
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Google App EngineでWordPress
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
html5のcanvasの可能性
タダでRenderManを体験する方法
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!

コメント