3Dグラフィックスの入門書

3Dグラフィックス入門者用の新しい書籍が出た。

Javaによる簡単実習3次元CG入門


スポンサーリンク

まあ、新刊というかほとんど以前C++で出てた本のJava版。(多少ボリュームアップしてる)
C++による簡単実習 3次元CG入門 第2版

ということで(?)以下、なんとなく思うことをつらつらと。


スポンサーリンク

まず、こういう入門書を読む場合の注意点。
グラフィックスは初心者だけど、そのプログラミング言語はある程度使えるってのが前提だよね。(当たり前ではあるけど)

それから、この手の本の構成に関して思うこと。
サンプルコードを重視するあまり、手続きベースの解説になっていることが多い。(フローチャートはしっかり載ってる)
個人的に、ずっとコードを追ってかないとプログラムの全体像を把握できない仕様が嫌。(オブジェクト指向言語使ってるならクラスの関係図くらい載せれば良いのに)
3Dグラフィックスの仕組みを教える方法としてはちょっと酷だと思うんだ。(コード内のコメントで十分だと思ったら大間違いさ)
初心者に説明する気があるのか疑問が残るわけですよ。

とはいえ、何も情報が無いより絶対良いので、自分が一番良く知ってるプログラミング言語で書かれた本を選べば何とかなるとは思う。

ところでこの本、分散レイトレーシングの描画例で影のエッジがまるでぼやけてない。(画像の掲載間違い?)
ついでに言っておくと、ラジオシティ法を紹介するなら実装例も載せてよ。(申し訳程度に載せてるけど、誰の圧力?)


スポンサーリンク

関連記事

Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Raspberry Pi
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
CEDEC 3日目
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ROSの薄い本
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
HerokuでMEAN stack
ガメラ生誕50周年
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrushの作業環境を見直す
書籍『ROSプログラミング』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Maya LTのQuick Rigを試す
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
オープンソースの取引プラットフォーム
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
立体視を試してみた
Model View Controller
ZScript
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Mean Stack開発の最初の一歩
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
clearcoat Shader
ZBrush 4R7
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
シン・ゴジラのファンアート
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Boost オープンソースライブラリ

コメント