3Dグラフィックスの入門書

3Dグラフィックス入門者用の新しい書籍が出た。

Javaによる簡単実習3次元CG入門


スポンサーリンク

まあ、新刊というかほとんど以前C++で出てた本のJava版。(多少ボリュームアップしてる)
C++による簡単実習 3次元CG入門 第2版

ということで(?)以下、なんとなく思うことをつらつらと。


スポンサーリンク

まず、こういう入門書を読む場合の注意点。
グラフィックスは初心者だけど、そのプログラミング言語はある程度使えるってのが前提だよね。(当たり前ではあるけど)

それから、この手の本の構成に関して思うこと。
サンプルコードを重視するあまり、手続きベースの解説になっていることが多い。(フローチャートはしっかり載ってる)
個人的に、ずっとコードを追ってかないとプログラムの全体像を把握できない仕様が嫌。(オブジェクト指向言語使ってるならクラスの関係図くらい載せれば良いのに)
3Dグラフィックスの仕組みを教える方法としてはちょっと酷だと思うんだ。(コード内のコメントで十分だと思ったら大間違いさ)
初心者に説明する気があるのか疑問が残るわけですよ。

とはいえ、何も情報が無いより絶対良いので、自分が一番良く知ってるプログラミング言語で書かれた本を選べば何とかなるとは思う。

ところでこの本、分散レイトレーシングの描画例で影のエッジがまるでぼやけてない。(画像の掲載間違い?)
ついでに言っておくと、ラジオシティ法を紹介するなら実装例も載せてよ。(申し訳程度に載せてるけど、誰の圧力?)


スポンサーリンク

関連記事

3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
Managing Software Requirements: A Unified Approach
デザインのリファイン再び
Maya API Reference
Raspberry PiでIoTごっこ
動的なメモリの扱い
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
アニゴジ関連情報
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Google App EngineでWordPress
立体視を試してみた
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ディープラーニング
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Raytracing Wiki
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
SIGGRAPH ASIAのマスコット
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Maya LTのQuick Rigを試す
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Google Chromecast
UnityでLight Shaftを表現する
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrush 4R7
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
映画『ブレードランナー 2049』のVFX

コメント