3Dグラフィックスの入門書

3Dグラフィックス入門者用の新しい書籍が出た。

Javaによる簡単実習3次元CG入門


スポンサーリンク

まあ、新刊というかほとんど以前C++で出てた本のJava版。(多少ボリュームアップしてる)
C++による簡単実習 3次元CG入門 第2版

ということで(?)以下、なんとなく思うことをつらつらと。


スポンサーリンク

まず、こういう入門書を読む場合の注意点。
グラフィックスは初心者だけど、そのプログラミング言語はある程度使えるってのが前提だよね。(当たり前ではあるけど)

それから、この手の本の構成に関して思うこと。
サンプルコードを重視するあまり、手続きベースの解説になっていることが多い。(フローチャートはしっかり載ってる)
個人的に、ずっとコードを追ってかないとプログラムの全体像を把握できない仕様が嫌。(オブジェクト指向言語使ってるならクラスの関係図くらい載せれば良いのに)
3Dグラフィックスの仕組みを教える方法としてはちょっと酷だと思うんだ。(コード内のコメントで十分だと思ったら大間違いさ)
初心者に説明する気があるのか疑問が残るわけですよ。

とはいえ、何も情報が無いより絶対良いので、自分が一番良く知ってるプログラミング言語で書かれた本を選べば何とかなるとは思う。

ところでこの本、分散レイトレーシングの描画例で影のエッジがまるでぼやけてない。(画像の掲載間違い?)
ついでに言っておくと、ラジオシティ法を紹介するなら実装例も載せてよ。(申し訳程度に載せてるけど、誰の圧力?)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushの作業環境を見直す
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Raspberry Pi
ZBrush 4R7
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
布地のシワの法則性
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
HD画質の無駄遣い その2
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Maya LTのQuick Rigを試す
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
C++始めようと思うんだ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
OpenMayaのPhongShaderクラス
顔モデリングのチュートリアル
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Subsurface scatteringの動画
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
OpenGVのライブラリ構成
Open Shading Language (OSL)
ZBrush 2018での作業環境を整える
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
WordPressの表示を高速化する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』

コメント