3Dグラフィックスの入門書

3Dグラフィックス入門者用の新しい書籍が出た。

Javaによる簡単実習3次元CG入門


スポンサーリンク

まあ、新刊というかほとんど以前C++で出てた本のJava版。(多少ボリュームアップしてる)
C++による簡単実習 3次元CG入門 第2版

ということで(?)以下、なんとなく思うことをつらつらと。


スポンサーリンク

まず、こういう入門書を読む場合の注意点。
グラフィックスは初心者だけど、そのプログラミング言語はある程度使えるってのが前提だよね。(当たり前ではあるけど)

それから、この手の本の構成に関して思うこと。
サンプルコードを重視するあまり、手続きベースの解説になっていることが多い。(フローチャートはしっかり載ってる)
個人的に、ずっとコードを追ってかないとプログラムの全体像を把握できない仕様が嫌。(オブジェクト指向言語使ってるならクラスの関係図くらい載せれば良いのに)
3Dグラフィックスの仕組みを教える方法としてはちょっと酷だと思うんだ。(コード内のコメントで十分だと思ったら大間違いさ)
初心者に説明する気があるのか疑問が残るわけですよ。

とはいえ、何も情報が無いより絶対良いので、自分が一番良く知ってるプログラミング言語で書かれた本を選べば何とかなるとは思う。

ところでこの本、分散レイトレーシングの描画例で影のエッジがまるでぼやけてない。(画像の掲載間違い?)
ついでに言っておくと、ラジオシティ法を紹介するなら実装例も載せてよ。(申し訳程度に載せてるけど、誰の圧力?)


スポンサーリンク

関連記事

WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
ZBrushの作業環境を見直す
CreativeCOW.net
TVML (TV program Making language)
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
UnityのAR FoundationでARKit 3
立体視を試してみた
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushのお勉強
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Paul Debevec
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Verilog HDL
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
映画『ゴジラ-1.0』 メイキング情報まとめ
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
天体写真の3D動画
Maya API Reference
手を動かしながら学ぶデータマイニング
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Oculus Goを購入!
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ラクガキの立体化 進捗
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ

コメント