株式会社ヘキサドライブの研究室ページ

株式会社ヘキサドライブ

ヘキサドライブは、ゲーム制作を中心としたコンテンツクリエイト会社です。
HEXA(ヘキサ)はギリシア語で「6」を意味する言葉です。
人間の持つ5感に心を加えた6感を躍動(DRIVE)させるようなコンテンツを作るという意味を込めて名付けました。
ヘキサドライブは、社員の幸せを追求し、
そしてより良いコンテンツを作ることに挑戦し続けます。
株式会社ヘキサドライブ 代表取締役CEO 松下 正和


スポンサーリンク

ここの会社のWebサイトにある研究室ってページが面白いのでメモ。
参考書と実装例を紹介している。しかも実行ファイルをダウンロード可能。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 姿勢の変更
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
ドラッカーの提唱する大学卒業までに身につけるべき4つの能力
Open Shading Language (OSL)
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
OpenCV
PolyPaint
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
この連休でZBrushの スキルアップを…
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
WordPressの表示を高速化する
タダでRenderManを体験する方法
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
続・ディープラーニングの資料
2012のメイキングまとめ(途中)
ラクガキの立体化 進捗
企業の強みが一目でわかる? 『就活SWOT』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
kotobankを使ってみた
サンプルコードにも間違いはある?
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ポリ男からMetaHumanを作る
ZBrushで人型クリーチャー
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
豚インフルエンザ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ジュラシック・パークのメイキング
OpenGVの用語

コメント