株式会社ヘキサドライブの研究室ページ

株式会社ヘキサドライブ

ヘキサドライブは、ゲーム制作を中心としたコンテンツクリエイト会社です。
HEXA(ヘキサ)はギリシア語で「6」を意味する言葉です。
人間の持つ5感に心を加えた6感を躍動(DRIVE)させるようなコンテンツを作るという意味を込めて名付けました。
ヘキサドライブは、社員の幸せを追求し、
そしてより良いコンテンツを作ることに挑戦し続けます。
株式会社ヘキサドライブ 代表取締役CEO 松下 正和


スポンサーリンク

ここの会社のWebサイトにある研究室ってページが面白いのでメモ。
参考書と実装例を紹介している。しかも実行ファイルをダウンロード可能。


スポンサーリンク

関連記事

iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
プログラムによる景観の自動生成
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Unityで360度ステレオVR動画を作る
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ターミナルサービスでネットワークレベル認証を使用する
ZBrushのUV MasterでUV展開
ブログのデザイン変えました
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Maya API Reference
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Mac用のSubversionクライアント 『SCplugin』
ZBrush 2018へのアップグレード
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
人材輩出企業
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Paul Debevec
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
最小二乗法
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
顔モデリングのチュートリアル
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
自前のShaderがおかしい件
2012のメイキングまとめ(途中)
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...

コメント