株式会社ヘキサドライブの研究室ページ

株式会社ヘキサドライブ

ヘキサドライブは、ゲーム制作を中心としたコンテンツクリエイト会社です。
HEXA(ヘキサ)はギリシア語で「6」を意味する言葉です。
人間の持つ5感に心を加えた6感を躍動(DRIVE)させるようなコンテンツを作るという意味を込めて名付けました。
ヘキサドライブは、社員の幸せを追求し、
そしてより良いコンテンツを作ることに挑戦し続けます。
株式会社ヘキサドライブ 代表取締役CEO 松下 正和


スポンサーリンク

ここの会社のWebサイトにある研究室ってページが面白いのでメモ。
参考書と実装例を紹介している。しかも実行ファイルをダウンロード可能。


スポンサーリンク

関連記事

Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
人材輩出企業
konashiのサンプルコードを動かしてみた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushで基本となるブラシ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Unityをレンダラとして活用する
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Unityの薄い本
Quartus II
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Google ブック検索
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト『Myth TV』
HerokuでMEAN stack
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
3DCG Meetup #4に行ってきた
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Stanford Bunny
html5のcanvasの可能性
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
『ピクサー展』へ行ってきた
pythonもかじってみようかと
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
AfterEffectsプラグイン開発
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』

コメント