2012 昨日のクローズアップ現代を見た

昨日のクローズアップ現代“衝撃”のVFX~ハリウッドを席巻する日本人~

ニューヨークの街が大洪水で水没する…。亡きオードリー・ヘプバーンが、現代に甦ってセリフをしゃべる…。そうした”あり得ない”映像を「リアル」な迫力で見せるのがVFX(ヴィジュアル・エフェクト=視覚効果)。この秋公開されるハリウッド映画「2012」は最先端の技術を駆使し、およそ1500カットがVFXで作られた”VFX大作”。地球滅亡の危機を描いたこの映画には、ビル群の崩壊、大地震、洪水等々あらゆる「パニック」が登場。「リアルを超えたリアル」な衝撃が観客を圧倒する。もはやハリウッドはVFX無しにはあり得ない、とさえいわれる状況のもと、VFX制作各社は、名門大学に学んだ超一流の理系の学者や、NASAの職員までをも獲得し、よりリアルな映像を求めてしのぎを削る。番組では「2012」VFXチームのリーダーの1人で、去年、映像制作者として日本人で初めて、アカデミーの科学技術賞を受けた坂口亮氏に密着。一人の日本人技術者の成功物語を通じて、ハリウッドVFXの最前線を見つめる。
スタジオゲスト:おすぎさん(映画評論家)


スポンサーリンク

今までテレビで、チームリーダーレベルの視点でハリウッドの現場を捉えたものが少なかったから、興味深かった。(その人の専門技能だけにクローズアップする場合が多いからね)
そんで、なんか坂口亮さん本人のブログを発見した。(名前で検索すればトップに出るけど)
仕事の体験から得た、国際環境での生活・仕事・リーダーシップについての考えをまとめているみたい。

それから、稲蔭研究室(通称 imgl)

2月9日にアカデミー賞のScientific and Technical Awards部門の授賞式が開催され、研究室の卒業生である坂口亮氏がアカデミー賞を受賞しました。

番組中で触れられてないから、たぶんこの研究室はハリウッド進出とあまり関係してないんだろうな。(休学して専門学校行ったわけだし)
研究室の宣伝に利用されてる感じがするけど、どうなんだろ。
追記:ディジタル最前線の記事


スポンサーリンク

関連記事

OpenMayaのPhongShaderクラス
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
8月の振り返り
BlenderのRigifyでリギング
動画配信ぐらい当たり前の時代
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
『社会人』を諦めました
3Dグラフィックスの入門書
成果を待てない長学歴化の時代
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
OpenMayaRender
ハードルの下げ方を学べば続けられる
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
6月の振り返り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
2015年の振り返り
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Unityの薄い本
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
Unreal Engineの薄い本
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
2020年4月 振り返り
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
2019年11月 行動振り返り
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
自分を育てる技術
2019年3月~4月 行動の振り返り
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
UnityでLight Shaftを表現する
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する

コメント