日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」



スポンサーリンク

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

SIGGRAPH論文へのリンクサイト
『ピクサー展』へ行ってきた
アニゴジ関連情報
ゴジラの造形
ZBrush 2018へのアップグレード
なりきり玩具と未来のガジェット
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ゴジラ(2014)のメイキング
参考になりそうなサイト
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
PowerPointによるプレゼン
ZScript
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
シフトカーを改造する人達
透明標本
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ミニ四駆ブーム?
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ガメラ生誕50周年
生物の骨格
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
豆腐みたいな付箋
文献管理ツール『ReadCube』
NICOGRAPHって有名?
マジョーラ
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
パルクール(Parkour)
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

コメント