日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」



スポンサーリンク

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Virtual Network Computing
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ゴジラ三昧
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Maya API Reference
ガメラ生誕50周年
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
日米の働き方をコミカルに比較した動画
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
統計学に入門したい
ほっこり日常まんが
マジョーラ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
立体視を試してみた
ZBrushで人型クリーチャー
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
PolyPaint
深海魚
OpenMayaのPhongShaderクラス
天体写真の3D動画
Physically Based Rendering
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
MeshroomでPhotogrammetry
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた

コメント