日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」

フルパララックス立体ディスプレイ

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。


スポンサーリンク

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
UnityのGlobal Illumination
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
テスト
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
フルCGのウルトラマン!?
ラクガキの立体化
OpenMayaのPhongShaderクラス
clearcoat Shader
「うぶんちゅ!」
ZBrushのUV MasterでUV展開
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
偏愛マップ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
ゴジラ(2014)のメイキング
『ヒカリ展』に行ってきた
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
タマムシ
手を動かしながら学ぶデータマイニング
参考書
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZBrushトレーニング
ミニ四駆で電子工作
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング

コメント