日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」



スポンサーリンク

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
統計学に入門したい
TVML (TV program Making language)
布地のシワの法則性
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
データサイエンティストって何だ?
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
3DCGのモデルを立体化するサービス
ラクガキの立体化 胴体の追加
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
NICOGRAPHって有名?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
3Dグラフィックスの入門書
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
プログラムによる景観の自動生成
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
ラクガキの立体化 モールドの追加
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
ほっこり日常まんが
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZBrush 2018へのアップグレード
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
ジュラシック・パークのメイキング
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ

コメント