日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」



スポンサーリンク

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

ミニ四駆のラジコン化情報
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
消費の記録
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
3DCGのモデルを立体化するサービス
マイケル・ベイの動画の感覚
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
デザインのリファイン再び
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
韓国のヒーロー
ジュラシック・パークのメイキング
ファンの力
UnityでARKit2.0
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
CLO:服飾デザインツール
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
立体視を試してみた
Stanford Bunny
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
参考書
フルカラー3Dプリンタ
アニゴジ関連情報
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
副業の基本と常識
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ドラマ『ファースト・クラス』のパラレルショートド­ラマ『ファースト・クラス・ガールズ』
マジョーラ
ラクガキの立体化 反省
テスト
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』

コメント