日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」

フルパララックス立体ディスプレイ

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。


スポンサーリンク

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

PCの自作
もちもち泡のネコ
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
CEDEC 3日目
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
消費の記録
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
UnityでLight Shaftを表現する
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
『ヒカリ展』に行ってきた
UnityのGlobal Illumination
全脳アーキテクチャ勉強会
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
タマムシっぽい質感
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
シン・ゴジラのファンアート
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
この本読むよ
PythonでBlenderのAdd-on開発
ZBrushトレーニング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
インターフェイスは世界を規定する
ドットインストールのWordPress入門レッスン
clearcoat Shader
SIGGRAPH Asia
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
エニアグラム
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
3Dグラフィックスの入門書
タダでRenderManを体験する方法
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
adskShaderSDK

コメント