日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」

フルパララックス立体ディスプレイ

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。


スポンサーリンク

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
クライマックスヒーローズ
生物の骨格
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
無料で使える人体3DCG作成ツール
Stanford Bunny
ZBrush 2018での作業環境を整える
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
ラクガキの立体化 進捗
Arduinoで人感センサーを使う
ゴジラ三昧
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
MFnDataとMFnAttribute
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
最高にカッコイイガラス細工
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
iPhone5S → iPhone6S
偏愛マップ
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
ZBrush 2018へのアップグレード
Maya LTのQuick Rigを試す
3DCG Meetup #4に行ってきた
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
UnityのTransformクラスについて調べてみた
豆腐みたいな付箋
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
『ヒカリ展』に行ってきた
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
参考書
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...

コメント