日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」



スポンサーリンク

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
シフトカーの改造
豆腐みたいな付箋
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
日本でMakersは普及するだろうか?
3Dグラフィックスの入門書
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
OpenMayaRender
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
HackerスペースとMakerスペース
Profilograph
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ドラマ『ファースト・クラス』のパラレルショートド­ラマ『ファースト・クラス・ガールズ』
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
ミニ四駆のラジコン化情報
甲虫の色とか
ZBrushで基本となるブラシ
布のモデリング
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Photogrammetry (写真測量法)
TVML (TV program Making language)
Mayaのプラグイン開発
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
clearcoat Shader
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
AfterEffectsプラグイン開発
ゴジラ(2014)のメイキング
PowerPointによるプレゼン
OpenMayaのPhongShaderクラス
日米の働き方をコミカルに比較した動画
ZBrushCore

コメント