日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」

フルパララックス立体ディスプレイ

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。


スポンサーリンク

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
新年の衝動買い
MFnMeshクラスのsplit関数
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrush 2018での作業環境を整える
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
趣味でCEDECに来ている者だ
iPhone欲しいなぁ
進撃のタカラトミー
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
マインドマップ作成ツール『MindNode』
なりきり玩具と未来のガジェット
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Paul Debevec
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ほっこり日常まんが
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
SIGGRAPH Asia
注文してた本が届いた
ストレングス・ファインダー
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
『ヒカリ展』に行ってきた
ZBrush 4R7
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
BSDF (Bidirectional scattering distribution functi...
ZBrushトレーニング
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ

コメント