日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」

フルパララックス立体ディスプレイ

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。


スポンサーリンク

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

透明標本
ミニ四駆で電子工作
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
UnityのGlobal Illumination
マジョーラ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
生物の骨格
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
UnityのAR FoundationでARKit 3
Houdiniのライセンスの種類
Maya API Reference
注文してた本が届いた
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
なりきり玩具と未来のガジェット
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
HackerスペースとMakerスペース
テスト
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
なんかすごいサイト
フルカラー3Dプリンタ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
AfterEffectsプラグイン開発
iPhoneをエレキギターのアンプにする
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
数学の学習支援ツール『Microsoft Mathematics』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ゴジラ三昧
布地のシワの法則性
Arduinoで人感センサーを使う
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
この本読むよ
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』

コメント