日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」

フルパララックス立体ディスプレイ

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。


スポンサーリンク

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
色んな三面図があるサイト
ジュラシック・パークのメイキング
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Unite 2014の動画
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
パルクール(Parkour)
Unityをレンダラとして活用する
『ヒカリ展』に行ってきた
参考になりそうなサイト
タマムシ
クライマックスヒーローズ
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ZBrushのZScript入門
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
シフトカーの改造
HD画質の無駄遣い その2
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
NICOGRAPHって有名?
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Ambient Occlusionを解析的に求める
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
消費の記録
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
ZBrush 4R8 リリース!
粘土をこねるようなスカルプトモデリング

コメント