日立のフルパララックス立体ディスプレイ

GIGAZINEより、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」

フルパララックス立体ディスプレイ

これは「重畳型光線再生方式」というもので、複数台の小型プロジェクターを使って重畳投影したもの。プロジェクターの台数を増やすことで、立体映像の飛び出し量を減らさずに解像度を増やすことができるとのこと。また、プロジェクターが多数となっても厳密な設置精度を必要とせず、最適な立体映像を表示することができるそうです。それに伴い、正方形・長方形・多角形など、画面形状は自由自在であり、用途に応じた最適な画面サイズも実現可能。さらに、プロジェクターの解像度や台数、配置方法、また、レンズの大きさや配置の選択によりさまざまな仕様の立体映像が見られる、というわけです。


スポンサーリンク

ってことは撮影した映像じゃなくて、コンピュータ上の3Dデータから立体映像を作るってことかな?(厳密な設置精度を必要としないって事はそういうことだよね?)
これ作ってるの日立の何部門なんだろう。3Dの可視化技術って結構需要あるんじゃないか。
ところでGIGAZINEって英語の記事もあるんだね。
Hitachi’s Full Parallax 3D Display: CEATEC JAPAN 2009


スポンサーリンク

関連記事

Two Minute Papers:最新の研究論文を数分間で紹介するYouTubeチャンネル
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
3D復元技術の情報リンク集
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
CEDEC 3日目
文献管理ツール『ReadCube』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrushの作業環境を見直す
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
研究者のための英文校正業者比較サイト
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
adskShaderSDK
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
「うぶんちゅ!」
タダでRenderManを体験する方法
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
シン・ゴジラのファンアート
服飾デザインツール『CLO』
iPhoneをエレキギターのアンプにする
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
バーガーキングのCM
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush 2018での作業環境を整える
顔モデリングのチュートリアル
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
iPhone5S → iPhone6S
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Blender 2.8がついに正式リリース!
参考書
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
副業の基本と常識
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushのUV MasterでUV展開
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク

コメント