Adobe Photoshop CS5の新機能

Adobe Photoshop CS5の新機能はもはやえげつないレベル…


スポンサーリンク
Adobe Photoshop CS6 – Content-Aware Fill, Move, Patch

3D機能に手を出したり、しばらく迷走してる感があったけど、今度の新機能は割りと純粋にレタッチ機能の強化って感じかも。
アルゴリズムの説明もあるけど、完成度高いな。というか、もう写真は信じちゃダメな時代だよなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Microsoft Silverlight
NICOGRAPHって有名?
東京アメッシュ 東京ローカルな雨情報サイト
無料で使える人体3DCG作成ツール
布地のシワの法則性
この本読むよ
自前Shaderの件 解決しました
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Maya API Reference
HD画質の無駄遣い その2
顔のモデリング
ZBrushCore
ZBrushの作業環境を見直す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrushの練習 手のモデリング
Open Shading Language (OSL)
紅葉 その3
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
複屈折
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
PolyPaint
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
3DCGのモデルを立体化するサービス
Mac用のSubversionクライアント 『SCplugin』
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
ガメラ生誕50周年
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Ambient Occlusionを解析的に求める

コメント