Adobe Photoshop CS5の新機能

Adobe Photoshop CS5の新機能はもはやえげつないレベル…


スポンサーリンク
Adobe Photoshop CS6 – Content-Aware Fill, Move, Patch

3D機能に手を出したり、しばらく迷走してる感があったけど、今度の新機能は割りと純粋にレタッチ機能の強化って感じかも。
アルゴリズムの説明もあるけど、完成度高いな。というか、もう写真は信じちゃダメな時代だよなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラの造形
Unityの薄い本
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
人材輩出企業
windowsでTomcatの自動起動設定
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ラクガキの立体化
サンプルコードにも間違いはある?
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
kotobankを使ってみた
Visual Studioでユーザー定義のSyntax HighLightを設定する方法
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
プログラムによる景観の自動生成
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
天体写真の3D動画
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ペーパーカンパニーを作ってみたい
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
なんかすごいサイト
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
iPadをWindows PCのサブディスプレイにする無料アプリ『DisplayLink』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Virtual Network Computing
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ブラウザ上でJavaScript,HTML,CSSを書いて共有するサイト『jsdo.it』

コメント