Adobe Photoshop CS5の新機能

Adobe Photoshop CS5の新機能はもはやえげつないレベル…


スポンサーリンク
Adobe Photoshop CS6 – Content-Aware Fill, Move, Patch

3D機能に手を出したり、しばらく迷走してる感があったけど、今度の新機能は割りと純粋にレタッチ機能の強化って感じかも。
アルゴリズムの説明もあるけど、完成度高いな。というか、もう写真は信じちゃダメな時代だよなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

SIGGRAPH論文へのリンクサイト
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
PythonでBlenderのAdd-on開発
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
MeshroomでPhotogrammetry
テスト
豚インフルエンザ
Unityをレンダラとして活用する
2012のメイキングまとめ(途中)
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
PlanetMath
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
CGのためのディープラーニング
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Blenderでよく使うaddon
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
windowsでTomcatの自動起動設定
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
MFnMeshクラスのsplit関数
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ラクガキの立体化 胴体の追加
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ドラッカーの提唱する大学卒業までに身につけるべき4つの能力
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ゴジラの造形
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Blender 2.8がついに正式リリース!
プログラムによる景観の自動生成
3Dグラフィックスの入門書
タダでRenderManを体験する方法
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
オーバーロードとオーバーライド
Houdiniのライセンスの種類
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
マイケル・ベイの動画の感覚

コメント