Adobe Photoshop CS5の新機能

Adobe Photoshop CS5の新機能はもはやえげつないレベル…


スポンサーリンク

3D機能に手を出したり、しばらく迷走してる感があったけど、今度の新機能は割りと純粋にレタッチ機能の強化って感じかも。
アルゴリズムの説明もあるけど、完成度高いな。というか、もう写真は信じちゃダメな時代だよなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Blenderでよく使うaddon
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
テンソル
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Mayaのシェーディングノードの区分
ポリ男をリファイン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
タダでRenderManを体験する方法
Verilog HDL
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
胡蝶蘭の原種
オーバーロードとオーバーライド
IIS
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
Memento
TVML (TV program Making language)
布のモデリング
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
C++の抽象クラス
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
生物の骨格
Open Shading Language (OSL)
SIGGRAPH Asia
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
2018年に購入したiPad Proのその後
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
3DCG Meetup #4に行ってきた
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
2012のメイキングまとめ(途中)

コメント