Adobe Photoshop CS5の新機能

Adobe Photoshop CS5の新機能はもはやえげつないレベル…


スポンサーリンク
Adobe Photoshop CS6 – Content-Aware Fill, Move, Patch

3D機能に手を出したり、しばらく迷走してる感があったけど、今度の新機能は割りと純粋にレタッチ機能の強化って感じかも。
アルゴリズムの説明もあるけど、完成度高いな。というか、もう写真は信じちゃダメな時代だよなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

Objective-C最速基礎文法マスター
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
CEDEC 3日目
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Microsoft Silverlight
去年購入したiPad Proのその後
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
OpenMayaRender
豚インフルエンザ
この連休でZBrushの スキルアップを…
皆声.jp
リクナビを使わない就職活動
動的なメモリの扱い
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
定数
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Processing
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
東京アメッシュ 東京ローカルな雨情報サイト
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ラクガキの立体化 反省
ラクガキの立体化 進捗
紅葉 その3
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
最小二乗法
2012のメイキングまとめ(途中)
UnityでLight Shaftを表現する
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』

コメント