Adobe Photoshop CS5の新機能

Adobe Photoshop CS5の新機能はもはやえげつないレベル…


スポンサーリンク
Adobe Photoshop CS6 – Content-Aware Fill, Move, Patch

3D機能に手を出したり、しばらく迷走してる感があったけど、今度の新機能は割りと純粋にレタッチ機能の強化って感じかも。
アルゴリズムの説明もあるけど、完成度高いな。というか、もう写真は信じちゃダメな時代だよなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

Unityの薄い本
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
2018年に購入したiPad Proのその後
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ゴジラ(2014)のメイキング
Quartus II
Mayaのレンダリング アトリビュート
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
クラスの基本
Webページ制作のためのメモ
ZBrush 2018での作業環境を整える
デザインのリファイン再び
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Mayaのシェーディングノードの区分
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Paul Debevec
複屈折
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
甲虫の色とか
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
clearcoat Shader
Physically Based Rendering
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
OpenMayaRender
顔のモデリング
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
この本読むよ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
リクナビを使わない就職活動
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Iterator

コメント