すてる英語学習本『ずるいえいご』

最近この本を読んでいる。
いわゆる英単語学習帳やTOEIC試験対策本とは違って、英単語も例文もあんまり載っていない。英語を使ってコミュニケーションが取れるようになるためにはどういう訓練をすべきか、英語で生活すると気づくような考え方を綴った本。丸暗記はしない「すてる英語」がテーマのようです。
新書とコミックエッセイの中間みたいな構成の本で、ストレス無く読み進められる。

ずるいえいご


スポンサーリンク



公式で紹介動画が公開されいている。↓



最初に挟んでくる小ネタがちょっとイラッとくるね。コミックエッセイのテイストを通じた方がすんなり頭に入ってくる気がする。(笑)

著者の公式ブログはこちら。↓

すてる英語トレーナー 青木ゆかのオフィシャルブログ

まだ読み途中なんだけど、最初の方で語られている
『英語を話せるようになる』ではなく、『英語を話せることを知る』」や「工夫して、今手持ちのものをフルに活かせば、意外とできるんだという感覚
というフレーズにとても共感した。
そう、やり方は一通りではない。自分なりの伝え方がある。少ない語彙でも大枠を伝えることはできる。子どもは語彙力が少ないけど、ちゃんと日常的なコミュニケーションはとれるんだし。

この考え方って、英語だけじゃなく、結構色んなことに当てはまる気がする。何か技能を学ぶ時は、下手なら下手なりに、目的を果たす方法を探りながら進めた方が結果として上達が早いような気がする。これは「行動する人」の考え方かなぁ、とも思う。
行動した結果得るものがあり、そこからまた学ぶんだ。やがてそれが自信となっていく。

プログラミングでも同じで、簡単な関数や構文しか知らなくても、ガリガリと書いてしまうことはできる。最適なプログラムは仕上がらなくても、目的の動作は組み上げることはできたりする。

そういえば、全然関係ないけど、「試験にでない英語シリーズ」が割と好き。試験には絶対出てこないような例文を試験に出ない順に載せた書籍で、CD付きで発音もばっちり勉強できる。(勉強にはなりません)

出ない順 試験に出ない英単語出ない順 試験に出ない英単語 実践篇

あ、知らないうちに普及版なんて出てる!

出ない順 試験に出ない英単語 普及版


スポンサーリンク