網元AMIで作ったWordPressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した

ついにt2microインスタンスへの移行を完了したぞ。sshコマンドラインとか使わずに、Wordpressの豊富なプラグインのおかげでGUI操作だけで移行できた。
ということで手順をメモっておく。
今回大活躍したのはUpdraftPlusというプラグイン。このプラグインの使い方はここを参考にした。


スポンサーリンク

オイラがやったお手軽移行手順は大まかに以下のような感じ。初心者でも簡単だよ。

  1. 移行元のWordpressにUpdraftPlusプラグインをインストール
  2. UpdraftPlusプラグインの機能を使ってWordpressの全データ(コンテンツやデータベース)を外部ストレージサービス(DropBox)へバックアップ
  3. 網元AMIを使ってt2microインスタンスでWordpressサイトを立ち上げる
  4. 新しく立ち上げたt2microのWordpressにUpdraftPlusプラグインをインストール
  5. 外部ストレージにバックアップしたデータを使って、t2microのWordpress上でUpdraftPlusの復元機能を使う

ということで、無事各種コンテンツ・プラグイン設定、データベースの丸々移行を完了しました。網元AMIは手軽で良いね。今この記事が見れているということはt2microで上手く動いている証拠。まだt2microへ移行した恩恵は直接感じてないけど、きっとt1microよりも快適に動作してくれることでしょう。(笑)


スポンサーリンク

ちなみに、今回のお手軽移行手順は初心者でも簡単なんだけど、時間だけは結構かかったのである。オイラはバックアップにDropBoxを使ったけど、バックアップ処理に4時間弱かかった。たぶん、処理時間はバックアップするデータ量とインスタンスの性能に依存すると思う。データバックアップの時だけインスタンスのサイズを上げるって手もあるかもね。ただ、バックアップ処理があんまり早くても、受け手のストレージサービスの通信速度が追いつかなくてエラーになったりするらしい。時間に余裕があるなら気長に待った方が良さそう。

t2microインスタンスの評判については以下のスライドが詳しい。


スポンサーリンク

関連記事

HerokuでMEAN stack
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
Google Chromecast
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Google App Engineのデプロイ失敗
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
AMIMOTO HHVMのパッケージを3.9へ更新
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
続・ディープラーニングの資料
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Unityの薄い本
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Amazon Web ServicesでWordPress
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Quartus II
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OANDAのfxTrade API
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
ブログが1日ダウンしてました
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』

コメント