網元AMIで作ったWordPressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した

ついにt2microインスタンスへの移行を完了したぞ。sshコマンドラインとか使わずに、Wordpressの豊富なプラグインのおかげでGUI操作だけで移行できた。
ということで手順をメモっておく。
今回大活躍したのはUpdraftPlusというプラグイン。このプラグインの使い方はここを参考にした。


スポンサーリンク

オイラがやったお手軽移行手順は大まかに以下のような感じ。初心者でも簡単だよ。

  1. 移行元のWordpressにUpdraftPlusプラグインをインストール
  2. UpdraftPlusプラグインの機能を使ってWordpressの全データ(コンテンツやデータベース)を外部ストレージサービス(DropBox)へバックアップ
  3. 網元AMIを使ってt2microインスタンスでWordpressサイトを立ち上げる
  4. 新しく立ち上げたt2microのWordpressにUpdraftPlusプラグインをインストール
  5. 外部ストレージにバックアップしたデータを使って、t2microのWordpress上でUpdraftPlusの復元機能を使う

ということで、無事各種コンテンツ・プラグイン設定、データベースの丸々移行を完了しました。網元AMIは手軽で良いね。今この記事が見れているということはt2microで上手く動いている証拠。まだt2microへ移行した恩恵は直接感じてないけど、きっとt1microよりも快適に動作してくれることでしょう。(笑)


スポンサーリンク

ちなみに、今回のお手軽移行手順は初心者でも簡単なんだけど、時間だけは結構かかったのである。オイラはバックアップにDropBoxを使ったけど、バックアップ処理に4時間弱かかった。たぶん、処理時間はバックアップするデータ量とインスタンスの性能に依存すると思う。データバックアップの時だけインスタンスのサイズを上げるって手もあるかもね。ただ、バックアップ処理があんまり早くても、受け手のストレージサービスの通信速度が追いつかなくてエラーになったりするらしい。時間に余裕があるなら気長に待った方が良さそう。

t2microインスタンスの評判については以下のスライドが詳しい。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
WinSCP
OpenGVの用語
ブログが1日ダウンしてました
UnityでARKit2.0
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
HD画質の無駄遣い
Raspberry PiでIoTごっこ
Konashiを買った
ZScript
iPhoneをSSHクライアントとして使う
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Unreal Engineの薄い本
WordPressをAmazon EC2のt2microインスタンスで1週間運用してみて
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
スクレイピング
マルコフ連鎖モンテカルロ法
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
実は頻発しているブログの不具合
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
konashiのサンプルコードを動かしてみた
3DCG Meetup #4に行ってきた
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
ディープラーニング
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

コメント