網元AMIで作ったWordPressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した

ついにt2microインスタンスへの移行を完了したぞ。sshコマンドラインとか使わずに、Wordpressの豊富なプラグインのおかげでGUI操作だけで移行できた。
ということで手順をメモっておく。
今回大活躍したのはUpdraftPlusというプラグイン。このプラグインの使い方はここを参考にした。


スポンサーリンク

オイラがやったお手軽移行手順は大まかに以下のような感じ。初心者でも簡単だよ。

  1. 移行元のWordpressにUpdraftPlusプラグインをインストール
  2. UpdraftPlusプラグインの機能を使ってWordpressの全データ(コンテンツやデータベース)を外部ストレージサービス(DropBox)へバックアップ
  3. 網元AMIを使ってt2microインスタンスでWordpressサイトを立ち上げる
  4. 新しく立ち上げたt2microのWordpressにUpdraftPlusプラグインをインストール
  5. 外部ストレージにバックアップしたデータを使って、t2microのWordpress上でUpdraftPlusの復元機能を使う

ということで、無事各種コンテンツ・プラグイン設定、データベースの丸々移行を完了しました。網元AMIは手軽で良いね。今この記事が見れているということはt2microで上手く動いている証拠。まだt2microへ移行した恩恵は直接感じてないけど、きっとt1microよりも快適に動作してくれることでしょう。(笑)


スポンサーリンク

ちなみに、今回のお手軽移行手順は初心者でも簡単なんだけど、時間だけは結構かかったのである。オイラはバックアップにDropBoxを使ったけど、バックアップ処理に4時間弱かかった。たぶん、処理時間はバックアップするデータ量とインスタンスの性能に依存すると思う。データバックアップの時だけインスタンスのサイズを上げるって手もあるかもね。ただ、バックアップ処理があんまり早くても、受け手のストレージサービスの通信速度が追いつかなくてエラーになったりするらしい。時間に余裕があるなら気長に待った方が良さそう。

t2microインスタンスの評判については以下のスライドが詳しい。


スポンサーリンク

関連記事

pythonもかじってみようかと
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
3D復元技術の情報リンク集
Mean Stack開発の最初の一歩
プログラムによる景観の自動生成
OpenCV
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
WordPressプラグインの作り方
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ROMOハッカソンに行ってきた
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
OpenGVの用語
ブログの復旧が難航してた話
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
定数
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
仮想関数
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Model View Controller
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Mayaのプラグイン開発

コメント