網元AMIで作ったWordPressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した

ついにt2microインスタンスへの移行を完了したぞ。sshコマンドラインとか使わずに、Wordpressの豊富なプラグインのおかげでGUI操作だけで移行できた。
ということで手順をメモっておく。
今回大活躍したのはUpdraftPlusというプラグイン。このプラグインの使い方はここを参考にした。


スポンサーリンク

オイラがやったお手軽移行手順は大まかに以下のような感じ。初心者でも簡単だよ。

  1. 移行元のWordpressにUpdraftPlusプラグインをインストール
  2. UpdraftPlusプラグインの機能を使ってWordpressの全データ(コンテンツやデータベース)を外部ストレージサービス(DropBox)へバックアップ
  3. 網元AMIを使ってt2microインスタンスでWordpressサイトを立ち上げる
  4. 新しく立ち上げたt2microのWordpressにUpdraftPlusプラグインをインストール
  5. 外部ストレージにバックアップしたデータを使って、t2microのWordpress上でUpdraftPlusの復元機能を使う

ということで、無事各種コンテンツ・プラグイン設定、データベースの丸々移行を完了しました。網元AMIは手軽で良いね。今この記事が見れているということはt2microで上手く動いている証拠。まだt2microへ移行した恩恵は直接感じてないけど、きっとt1microよりも快適に動作してくれることでしょう。(笑)


スポンサーリンク

ちなみに、今回のお手軽移行手順は初心者でも簡単なんだけど、時間だけは結構かかったのである。オイラはバックアップにDropBoxを使ったけど、バックアップ処理に4時間弱かかった。たぶん、処理時間はバックアップするデータ量とインスタンスの性能に依存すると思う。データバックアップの時だけインスタンスのサイズを上げるって手もあるかもね。ただ、バックアップ処理があんまり早くても、受け手のストレージサービスの通信速度が追いつかなくてエラーになったりするらしい。時間に余裕があるなら気長に待った方が良さそう。

t2microインスタンスの評判については以下のスライドが詳しい。


スポンサーリンク

関連記事

スクレイピング
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Unityの薄い本
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
定数
UnityからROSを利用できる『ROS#』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Mean Stack開発の最初の一歩
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Verilog HDL
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
3D復元技術の情報リンク集
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
オープンソースの取引プラットフォーム
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ブログをSSL化
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
書籍『ROSプログラミング』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Unityからkonashiをコントロールする
AMIMOTO HHVMのパッケージを3.9へ更新
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Quartus II
C++始めようと思うんだ
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Iterator
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
ROMOハッカソンに行ってきた
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
実は頻発しているブログの不具合

コメント