読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

TwitterでCaffeという単語をチラホラ見かけるようになってたんだけど、何のことかしばらくわからなかった。
どうやらディープラーニングのフレームワークの名前らしい。

Caffe

Caffeはキレイで読みやすく、高速に処理できることを念頭に置いて開発されたディープラーニングのフレームワークです。
Caffeは、Yangqing Jia氏がカリフォルニア大学バークレー校で博士号取得中に開発したもので、現在もBerkeley VisionとLearning Center(BVLC)を中心としたコミュニティ貢献者によって開発が継続されています。
Caffeは二条項BSDライセンスです。
Web画像を分類するデモはこちら


スポンサーリンク


こういう一般名詞っぽい名前はググりづらいからやめてほしい(笑)
デモページではWeb上の任意の画像URLを入力して試すことができる。そして、当然のようにPythonのインターフェイスを備えている。

これがライブラリ名だと気づいたきっかけは、NVIDIAがリリースした機械学習向けのライブラリcuDNNを知ったから。どうやらCaffeの開発ブランチには、もうこのcuDNNによる高速化実装がコミットされているらしい。
NVIDIAのページでCaffeを使ったベンチマークが載っている。CaffeをベースにcuDNNで14倍ぐらい速くなっちゃったらしい。


スポンサーリンク



NVIDIA:TESLAの機械学習アプリケーションのページ

2014/09/14追記:
Caffeで猫の品種識別を実装した人がいる。
Deep Learningで猫の品種識別:Qiita
ソースコードはこちら

2014/09/16追記:
Yhoo!JapanのデベロッパーネットワークってのにCaffeを使った画像分類の記事が載ってる。↓
Caffeで手軽に画像分類

2014/09/19追記:
CaffeをWindowsで動かしてる人のブログ記事↓
Caffeでdeepな画像認識 (Top)


スポンサーリンク

関連記事

為替レートの読み方 2WAYプライス表示
Google App EngineでWordPress
Quartus II
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
Adobe MAX 2015
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
GoogleのDeep Learning論文
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
まだ続くブログの不調
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
UnityのAR FoundationでARKit 3
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
OpenCV
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
PCA (主成分分析)
PythonでBlenderのAdd-on開発
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
タマムシっぽい質感
なんかすごいサイト
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
ベイズ推定とグラフィカルモデル
Mean Stack開発の最初の一歩
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

コメント