読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

TwitterでCaffeという単語をチラホラ見かけるようになってたんだけど、何のことかしばらくわからなかった。
どうやらディープラーニングのフレームワークの名前らしい。

Caffe

Caffeはキレイで読みやすく、高速に処理できることを念頭に置いて開発されたディープラーニングのフレームワークです。
Caffeは、Yangqing Jia氏がカリフォルニア大学バークレー校で博士号取得中に開発したもので、現在もBerkeley VisionとLearning Center(BVLC)を中心としたコミュニティ貢献者によって開発が継続されています。
Caffeは二条項BSDライセンスです。
Web画像を分類するデモはこちら


スポンサーリンク


こういう一般名詞っぽい名前はググりづらいからやめてほしい(笑)
デモページではWeb上の任意の画像URLを入力して試すことができる。そして、当然のようにPythonのインターフェイスを備えている。

これがライブラリ名だと気づいたきっかけは、NVIDIAがリリースした機械学習向けのライブラリcuDNNを知ったから。どうやらCaffeの開発ブランチには、もうこのcuDNNによる高速化実装がコミットされているらしい。
NVIDIAのページでCaffeを使ったベンチマークが載っている。CaffeをベースにcuDNNで14倍ぐらい速くなっちゃったらしい。


スポンサーリンク



NVIDIA:TESLAの機械学習アプリケーションのページ

2014/09/14追記:
Caffeで猫の品種識別を実装した人がいる。
Deep Learningで猫の品種識別:Qiita
ソースコードはこちら

2014/09/16追記:
Yhoo!JapanのデベロッパーネットワークってのにCaffeを使った画像分類の記事が載ってる。↓
Caffeで手軽に画像分類

2014/09/19追記:
CaffeをWindowsで動かしてる人のブログ記事↓
Caffeでdeepな画像認識 (Top)


スポンサーリンク

関連記事

機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ニューラルネットワークで画像分類
ブログが1日ダウンしてました
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
MRenderUtil::raytrace
今年もSSII
ドットインストールのWordPress入門レッスン
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Adobe MAX 2015
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
MeshroomでPhotogrammetry
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Raspberry Pi 2を買いました
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
Mayaのシェーディングノードの区分
動的なメモリの扱い
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
機械学習手法『Random Forest』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
海外ドラマのChromaKey
Konashiを買った
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
Google App Engineのデプロイ失敗
ディープラーニング
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
なんかすごいサイト
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ROMOハッカソンに行ってきた
自前のShaderがおかしい件
スクレイピング
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ROSの薄い本
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』

コメント