読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

TwitterでCaffeという単語をチラホラ見かけるようになってたんだけど、何のことかしばらくわからなかった。
どうやらディープラーニングのフレームワークの名前らしい。

Caffe

Caffeはキレイで読みやすく、高速に処理できることを念頭に置いて開発されたディープラーニングのフレームワークです。
Caffeは、Yangqing Jia氏がカリフォルニア大学バークレー校で博士号取得中に開発したもので、現在もBerkeley VisionとLearning Center(BVLC)を中心としたコミュニティ貢献者によって開発が継続されています。
Caffeは二条項BSDライセンスです。
Web画像を分類するデモはこちら


スポンサーリンク


こういう一般名詞っぽい名前はググりづらいからやめてほしい(笑)
デモページではWeb上の任意の画像URLを入力して試すことができる。そして、当然のようにPythonのインターフェイスを備えている。

これがライブラリ名だと気づいたきっかけは、NVIDIAがリリースした機械学習向けのライブラリcuDNNを知ったから。どうやらCaffeの開発ブランチには、もうこのcuDNNによる高速化実装がコミットされているらしい。
NVIDIAのページでCaffeを使ったベンチマークが載っている。CaffeをベースにcuDNNで14倍ぐらい速くなっちゃったらしい。


スポンサーリンク



NVIDIA:TESLAの機械学習アプリケーションのページ

2014/09/14追記:
Caffeで猫の品種識別を実装した人がいる。
Deep Learningで猫の品種識別:Qiita
ソースコードはこちら

2014/09/16追記:
Yhoo!JapanのデベロッパーネットワークってのにCaffeを使った画像分類の記事が載ってる。↓
Caffeで手軽に画像分類

2014/09/19追記:
CaffeをWindowsで動かしてる人のブログ記事↓
Caffeでdeepな画像認識 (Top)


スポンサーリンク

関連記事

CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
OpenMayaRender
自前のShaderがおかしい件
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
自前Shaderの件 解決しました
OpenCV
Google Chromecast
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
プログラミングスキルとは何か?
ブログのデザイン変えました
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
CGのためのディープラーニング
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCVで動画の手ぶれ補正
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
コンピュータビジョンの技術マップ
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Quartus II
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
機械学習で遊ぶ
Mayaのプラグイン開発
ZScript
OANDAのfxTrade API
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
SSII2014 チュートリアル講演会の資料

コメント