読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

TwitterでCaffeという単語をチラホラ見かけるようになってたんだけど、何のことかしばらくわからなかった。
どうやらディープラーニングのフレームワークの名前らしい。

Caffe

Caffeはキレイで読みやすく、高速に処理できることを念頭に置いて開発されたディープラーニングのフレームワークです。
Caffeは、Yangqing Jia氏がカリフォルニア大学バークレー校で博士号取得中に開発したもので、現在もBerkeley VisionとLearning Center(BVLC)を中心としたコミュニティ貢献者によって開発が継続されています。
Caffeは二条項BSDライセンスです。
Web画像を分類するデモはこちら


スポンサーリンク


こういう一般名詞っぽい名前はググりづらいからやめてほしい(笑)
デモページではWeb上の任意の画像URLを入力して試すことができる。そして、当然のようにPythonのインターフェイスを備えている。

これがライブラリ名だと気づいたきっかけは、NVIDIAがリリースした機械学習向けのライブラリcuDNNを知ったから。どうやらCaffeの開発ブランチには、もうこのcuDNNによる高速化実装がコミットされているらしい。
NVIDIAのページでCaffeを使ったベンチマークが載っている。CaffeをベースにcuDNNで14倍ぐらい速くなっちゃったらしい。


スポンサーリンク



NVIDIA:TESLAの機械学習アプリケーションのページ

2014/09/14追記:
Caffeで猫の品種識別を実装した人がいる。
Deep Learningで猫の品種識別:Qiita
ソースコードはこちら

2014/09/16追記:
Yhoo!JapanのデベロッパーネットワークってのにCaffeを使った画像分類の記事が載ってる。↓
Caffeで手軽に画像分類

2014/09/19追記:
CaffeをWindowsで動かしてる人のブログ記事↓
Caffeでdeepな画像認識 (Top)


スポンサーリンク

関連記事

まだ続くブログの不調
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
Photogrammetry (写真測量法)
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Paul Debevec
データサイエンティストって何だ?
AfterEffectsプラグイン開発
Unityの薄い本
立体視を試してみた
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
ZBrushのZScript入門
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
UnityでARKit2.0
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ブログが1日ダウンしてました
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Mean Stack開発の最初の一歩
clearcoat Shader
ROSでガンダムを動かす
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
3D復元技術の情報リンク集
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
クラスの基本
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Houdiniのライセンスの種類
続・ディープラーニングの資料

コメント