読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

TwitterでCaffeという単語をチラホラ見かけるようになってたんだけど、何のことかしばらくわからなかった。
どうやらディープラーニングのフレームワークの名前らしい。

Caffe

Caffeはキレイで読みやすく、高速に処理できることを念頭に置いて開発されたディープラーニングのフレームワークです。
Caffeは、Yangqing Jia氏がカリフォルニア大学バークレー校で博士号取得中に開発したもので、現在もBerkeley VisionとLearning Center(BVLC)を中心としたコミュニティ貢献者によって開発が継続されています。
Caffeは二条項BSDライセンスです。
Web画像を分類するデモはこちら


スポンサーリンク


こういう一般名詞っぽい名前はググりづらいからやめてほしい(笑)
デモページではWeb上の任意の画像URLを入力して試すことができる。そして、当然のようにPythonのインターフェイスを備えている。

これがライブラリ名だと気づいたきっかけは、NVIDIAがリリースした機械学習向けのライブラリcuDNNを知ったから。どうやらCaffeの開発ブランチには、もうこのcuDNNによる高速化実装がコミットされているらしい。
NVIDIAのページでCaffeを使ったベンチマークが載っている。CaffeをベースにcuDNNで14倍ぐらい速くなっちゃったらしい。


スポンサーリンク



NVIDIA:TESLAの機械学習アプリケーションのページ

2014/09/14追記:
Caffeで猫の品種識別を実装した人がいる。
Deep Learningで猫の品種識別:Qiita
ソースコードはこちら

2014/09/16追記:
Yhoo!JapanのデベロッパーネットワークってのにCaffeを使った画像分類の記事が載ってる。↓
Caffeで手軽に画像分類

2014/09/19追記:
CaffeをWindowsで動かしてる人のブログ記事↓
Caffeでdeepな画像認識 (Top)


スポンサーリンク

関連記事

Unreal Engineの薄い本
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
プログラミングスキルとは?
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ニューラルネットワークと深層学習
機械学習について最近知った情報
Paul Debevec
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
HD画質の無駄遣い その2
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
Boost オープンソースライブラリ
Unityの薄い本
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
MFnDataとMFnAttribute
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
まだ続くブログの不調
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
Maya API Reference
ポイントクラウドコンソーシアム
C++の抽象クラス
UnityでLight Shaftを表現する
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Kinect for Windows v2の日本価格決定

コメント