読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

TwitterでCaffeという単語をチラホラ見かけるようになってたんだけど、何のことかしばらくわからなかった。
どうやらディープラーニングのフレームワークの名前らしい。

Caffe

Caffeはキレイで読みやすく、高速に処理できることを念頭に置いて開発されたディープラーニングのフレームワークです。
Caffeは、Yangqing Jia氏がカリフォルニア大学バークレー校で博士号取得中に開発したもので、現在もBerkeley VisionとLearning Center(BVLC)を中心としたコミュニティ貢献者によって開発が継続されています。
Caffeは二条項BSDライセンスです。
Web画像を分類するデモはこちら


スポンサーリンク


こういう一般名詞っぽい名前はググりづらいからやめてほしい(笑)
デモページではWeb上の任意の画像URLを入力して試すことができる。そして、当然のようにPythonのインターフェイスを備えている。

これがライブラリ名だと気づいたきっかけは、NVIDIAがリリースした機械学習向けのライブラリcuDNNを知ったから。どうやらCaffeの開発ブランチには、もうこのcuDNNによる高速化実装がコミットされているらしい。
NVIDIAのページでCaffeを使ったベンチマークが載っている。CaffeをベースにcuDNNで14倍ぐらい速くなっちゃったらしい。


スポンサーリンク



NVIDIA:TESLAの機械学習アプリケーションのページ

2014/09/14追記:
Caffeで猫の品種識別を実装した人がいる。
Deep Learningで猫の品種識別:Qiita
ソースコードはこちら

2014/09/16追記:
Yhoo!JapanのデベロッパーネットワークってのにCaffeを使った画像分類の記事が載ってる。↓
Caffeで手軽に画像分類

2014/09/19追記:
CaffeをWindowsで動かしてる人のブログ記事↓
Caffeでdeepな画像認識 (Top)


スポンサーリンク

関連記事

UnityでLight Shaftを表現する
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenCV
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
動的なメモリの扱い
書籍『ROSプログラミング』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ROMOハッカソンに行ってきた
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
ZBrushのZScript入門
Unreal Engineの薄い本
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
データサイエンティストって何だ?
Maya API Reference
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
タマムシっぽい質感
Iterator
Paul Debevec
HD画質の無駄遣い その2
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
ブログの復旧が難航してた話
OpenGVの用語
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ニューラルネットワークで画像分類
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ

コメント