読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

TwitterでCaffeという単語をチラホラ見かけるようになってたんだけど、何のことかしばらくわからなかった。
どうやらディープラーニングのフレームワークの名前らしい。

Caffe

Caffeはキレイで読みやすく、高速に処理できることを念頭に置いて開発されたディープラーニングのフレームワークです。
Caffeは、Yangqing Jia氏がカリフォルニア大学バークレー校で博士号取得中に開発したもので、現在もBerkeley VisionとLearning Center(BVLC)を中心としたコミュニティ貢献者によって開発が継続されています。
Caffeは二条項BSDライセンスです。
Web画像を分類するデモはこちら


スポンサーリンク


こういう一般名詞っぽい名前はググりづらいからやめてほしい(笑)
デモページではWeb上の任意の画像URLを入力して試すことができる。そして、当然のようにPythonのインターフェイスを備えている。

これがライブラリ名だと気づいたきっかけは、NVIDIAがリリースした機械学習向けのライブラリcuDNNを知ったから。どうやらCaffeの開発ブランチには、もうこのcuDNNによる高速化実装がコミットされているらしい。
NVIDIAのページでCaffeを使ったベンチマークが載っている。CaffeをベースにcuDNNで14倍ぐらい速くなっちゃったらしい。


スポンサーリンク



NVIDIA:TESLAの機械学習アプリケーションのページ

2014/09/14追記:
Caffeで猫の品種識別を実装した人がいる。
Deep Learningで猫の品種識別:Qiita
ソースコードはこちら

2014/09/16追記:
Yhoo!JapanのデベロッパーネットワークってのにCaffeを使った画像分類の記事が載ってる。↓
Caffeで手軽に画像分類

2014/09/19追記:
CaffeをWindowsで動かしてる人のブログ記事↓
Caffeでdeepな画像認識 (Top)


スポンサーリンク

関連記事

ディープラーニング
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
MeshroomでPhotogrammetry
AfterEffectsプラグイン開発
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
データサイエンティストって何だ?
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Mayaのシェーディングノードの区分
続・ディープラーニングの資料
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
機械学習手法『Random Forest』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
HD画質の無駄遣い
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Blender 2.8がついに正式リリース!
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ZScript
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Verilog HDL
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
機械学習での「回帰」とは?
なんかすごいサイト

コメント