読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

TwitterでCaffeという単語をチラホラ見かけるようになってたんだけど、何のことかしばらくわからなかった。
どうやらディープラーニングのフレームワークの名前らしい。

Caffe

Caffeはキレイで読みやすく、高速に処理できることを念頭に置いて開発されたディープラーニングのフレームワークです。
Caffeは、Yangqing Jia氏がカリフォルニア大学バークレー校で博士号取得中に開発したもので、現在もBerkeley VisionとLearning Center(BVLC)を中心としたコミュニティ貢献者によって開発が継続されています。
Caffeは二条項BSDライセンスです。
Web画像を分類するデモはこちら


スポンサーリンク


こういう一般名詞っぽい名前はググりづらいからやめてほしい(笑)
デモページではWeb上の任意の画像URLを入力して試すことができる。そして、当然のようにPythonのインターフェイスを備えている。

これがライブラリ名だと気づいたきっかけは、NVIDIAがリリースした機械学習向けのライブラリcuDNNを知ったから。どうやらCaffeの開発ブランチには、もうこのcuDNNによる高速化実装がコミットされているらしい。
NVIDIAのページでCaffeを使ったベンチマークが載っている。CaffeをベースにcuDNNで14倍ぐらい速くなっちゃったらしい。


スポンサーリンク



NVIDIA:TESLAの機械学習アプリケーションのページ

2014/09/14追記:
Caffeで猫の品種識別を実装した人がいる。
Deep Learningで猫の品種識別:Qiita
ソースコードはこちら

2014/09/16追記:
Yhoo!JapanのデベロッパーネットワークってのにCaffeを使った画像分類の記事が載ってる。↓
Caffeで手軽に画像分類

2014/09/19追記:
CaffeをWindowsで動かしてる人のブログ記事↓
Caffeでdeepな画像認識 (Top)


スポンサーリンク

関連記事

FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
機械学習について最近知った情報
ニューラルネットワークで画像分類
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
AfterEffectsプラグイン開発
オーバーロードとオーバーライド
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
HD画質の無駄遣い
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Raspberry Pi 2を買いました
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
手を動かしながら学ぶデータマイニング
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
データサイエンティストって何だ?
ブログのデザイン変えました
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
なんかすごいサイト
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Raspberry Pi
機械学習手法『Random Forest』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
MRenderUtil::raytrace
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』

コメント