手を動かしながら学ぶデータマイニング

この本買っちゃった。
手を動かしながら学ぶ ビジネスに活かすデータマイニング

人気ブログ「銀座で働くデータサイエンティストのブログ」を運営する現役データサイエンティスト(Data Scientist)である著者が、Rを使ったデータマイニングの基礎から最新の手法まで、ビジネス現場での具体例を交えながらやさしく解説します。技術評論社のサイトからダウンロードできるサンプルデータを用いて実際に手を動かしながら学習していく方式なので、データもRも「使える」力を確実に身に付けることができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


この本に従って、R言語公式からRの実行環境をダウンロード、IDEのRStudioをそれぞれインストールした。
サンプルデータはこちらから。→書籍サポートページ

今、第三章読んでる。難しい理論より先に「こんなデータの場合はどの手法を使うべき?」っていう具体例を示して、考え方の大枠を直観的に掴めるような構成っぽい。実践を目指した入門書で、自分で触って独学する第一歩になるような解説。今の自分の知識レベルに合っている気がする。インスタントながら、Rの使い方にも慣れていけそう。その後の独学を想定した入門書って意外と少ないから貴重だね。

『手を動かしながら学ぶ ビジネスに活かすデータマイニング』(技術評論社)を書くに当たって気を付けたこと&補足など


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
クライマックスヒーローズ
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
Unityの薄い本
ミニ四駆のラジコン化情報
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
UnityでOpenCVを使うには?
機械学習での「回帰」とは?
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
PowerPointによるプレゼン
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
WordPressの表示を高速化する
甲虫の色とか
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ『Oto-Latte(オトラテ)』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
UnityのTransformクラスについて調べてみた
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
ディープラーニング
html5のcanvasの可能性
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
WinSCP
透明標本
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
フルカラー3Dプリンタ

コメント