手を動かしながら学ぶデータマイニング

この本買っちゃった。
手を動かしながら学ぶ ビジネスに活かすデータマイニング

人気ブログ「銀座で働くデータサイエンティストのブログ」を運営する現役データサイエンティスト(Data Scientist)である著者が、Rを使ったデータマイニングの基礎から最新の手法まで、ビジネス現場での具体例を交えながらやさしく解説します。技術評論社のサイトからダウンロードできるサンプルデータを用いて実際に手を動かしながら学習していく方式なので、データもRも「使える」力を確実に身に付けることができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


この本に従って、R言語公式からRの実行環境をダウンロード、IDEのRStudioをそれぞれインストールした。
サンプルデータはこちらから。→書籍サポートページ

今、第三章読んでる。難しい理論より先に「こんなデータの場合はどの手法を使うべき?」っていう具体例を示して、考え方の大枠を直観的に掴めるような構成っぽい。実践を目指した入門書で、自分で触って独学する第一歩になるような解説。今の自分の知識レベルに合っている気がする。インスタントながら、Rの使い方にも慣れていけそう。その後の独学を想定した入門書って意外と少ないから貴重だね。

『手を動かしながら学ぶ ビジネスに活かすデータマイニング』(技術評論社)を書くに当たって気を付けたこと&補足など


スポンサーリンク

関連記事

Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
韓国のヒーロー
ZScript
AfterEffectsプラグイン開発
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
今年もSSII
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
生物の骨格
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
続・ディープラーニングの資料
pythonもかじってみようかと
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
まだまだ続く空想科学読本
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
仮面ライダーあつめ
3D復元技術の情報リンク集
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
OpenCVで動画の手ぶれ補正
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
プログラマブルなドローン『Phenox』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
このブログのデザインに飽きてきた
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
全脳アーキテクチャ勉強会
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~

コメント