線画を遠近法で描く

紙の上で立体物を上手く描けなくて、3Dモデリングツールへ逃避したオイラであります。
プロダクトデザインや、SFのメカニックデザインみたいなのが描けるようになりたくて、高校では数学Ⅲ,Cを選択しながら、しつこく美術も選択してたんだが、美術の授業はちっともそういう方向性じゃなかった。

今でも、サラサラと立体のデザイン画をおこせる人に憧れがあって、こういうHowTo本が出るとつい買ってしまう。↓

スコット・ロバートソンのHow to Draw -オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法-

アーティストの想像の中に存在するオブジェクトやシーンを実現可能なドローイングとして描く方法をスコット・ロバートソンが教えます。

見たものを見たままに描くことと、想像の中にあるオブジェクトを実現可能なものとしてビジュアルで表現することとは異なります。業界のプロを数多く輩出しているアート・センター・オブ・カレッジのコースデザイナーを務め、豊富な経験を持つスコットが、経験と実績に裏打ちされた教授方法で、ドローイングを教えています。

デザイナーを目指す人にも、すべての経験レベルのアーティストにも必須の書籍になることでしょう。

目的にあった遠近法による描画テクニックは、インダストリアル・デザイナー、アーキテクト、イラストレーター、コンセプトアーティストなど、さまざまな業界・分野で応用できます。


スポンサーリンク

このスコット・ロバートソンのHow to Drawは、線を描くための練習方法、一点透視図法、二点透視図法といった遠近法の基本的な描き方から始まり、徐々に複雑な立体を描く方法を体系的にまとめてある良書だと思う。


スポンサーリンク


著者が書籍のオーバービューをyoutubeで紹介している。

How to Draw: book overview

この書籍、iPhone, iPadアプリでメイキング動画を見ることができる。

H2Dr back cover app demo

書籍の最初の章にあるように、フリーハンドできれいな線を描ける訓練をすることで、概形がさっと出来上がっていくのが分かるね。定規を使うのは清書の段階だけ。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 進捗
このブログのデザインに飽きてきた
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
顔モデリングのチュートリアル
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrushのお勉強
ZBrushで基本となるブラシ
ゴジラの造形
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ラクガキの立体化 モールドの追加
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
書籍『コンテンツの秘密』読了
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
書籍『具体と抽象』読了
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
自分のスキルセット
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了
ブログのデザイン変えました
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
プログラムによる景観の自動生成
変形ロボットのデザイン
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ZBrushの練習 手のモデリング
布地のシワの法則性
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
読書は趣味か?
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

コメント