Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト

Pythonのライブラリを入れようとすると、別の複数のライブラリに依存しまくってる場合が結構多い。
ソースコードからのインストールがあっさり済むモジュールは良いんだけど、細々と修正しないと通らないものもあるよね。Numpyとか全然分かんなかったよ。

で、Pythonの各種拡張モジュールのWindows用インストーラを配布しているサイトがある。↓
Unofficial Windows Binaries for Python Extension Packages

This page provides 32- and 64-bit Windows binaries of many scientific open-source extension packages for the official CPython distribution of the Python programming language.
Most binaries are built from source code found on PyPI or in the projects public revision control systems.
Many binaries depend on Numpy-MKL 1.8 and the Microsoft Visual C++ 2008 (x64, x86, and SP1 for CPython 2.6 to 3.2) or Visual C++ 2010 (x64, x86, for CPython 3.3 and 3.4) redistributable packages.
The binaries are compatible with the official CPython distribution on Windows >=6.0. Chances are they don’t work with custom Python distributions included with Blender, Maya, ArcGIS, OSGeo4W, Cygwin, Pythonxy, Canopy, EPD, Anaconda, WinPython etc. Many binaries are not compatible with Windows XP or Wine.


スポンサーリンク

Pythonのバージョンもいくつか選べるので、自分の環境に合わせたものをダウンロードすれば良い。


スポンサーリンク

このサイトはもちろん非公式だけど、こうやって配布してくれるのはありがたい。新しいモジュールを試すまでのハードルがぐっと下がってくれる。ダウンロードがちょっと重かったりするけど、そこは根気強く待ちましょう。

ちなみに、ここでダウンロードしたモジュールと自分でビルドしたモジュールを混在させると、コンパイラのバージョン違いとかでドツボにはまるよ。(経験済み)
このサイトのインストーラはVC9かVC10でビルドされてるから、自分の環境がVC11だと思わぬエラーにぶち当たることがある。ビルドが必要なモジュールはここのサイトから落としたものに統一した方が安全。


スポンサーリンク

関連記事

Unityの薄い本
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Konashiを買った
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Unreal Engineの薄い本
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
UnityのAR FoundationでARKit 3
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ROSでガンダムを動かす
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
PyMC:Pythonのベイズ統計ライブラリ
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
ブログのデザイン変えました
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
OpenGVの用語
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
オープンソースの取引プラットフォーム

コメント