iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

ROMOはKICKSTARTERで資金を調達して製品化された子供向けの知育ロボット。
iPhone / iPod touch と接続して、iOSアプリで動作する。
開発者向けにSDKが公開されていて、ROMO用iOSアプリを作ることができる。SDKのダウンロードはこちら
また、プログラムしなくてもiPhoneアプリから動作の組み合わせをオリジナルに指定して、自分なりに動かすこともできるらしい。
http://www.youtube.com/watch?v=2OWMPOcjH-Y

ROMOは7月24日に日本発売だそうで、日本販売代理店のセールス・オンデマンドさんが7/13にiPhone x ロボットハッカソンというROMOアプリ開発のイベントを開催するんですよ。セールス・オンデマンドさんはルンバの日本代理店でもあります。


スポンサーリンク

で、オイラ、このイベントに参加申し込みしちゃったんだけど、1日でiOSアプリなんて作れるのかすごい不安…
かろうじてiOS開発環境を持っている程度なんだよね…

直前の悪あがきとして、ROMOってどんなものなのか調べて、ピンポイントで勉強することにした。

ROMO SDKには2種類のFrameworkが入っている。

RMCore
 デバイス自体を動かすためのFramework。


スポンサーリンク

・モーター制御(左のキャタピラ / 右のキャタピラ / iPhone の上下角度)
・LEDの点灯
・Romoの各種情報へのアクセス

RMCharacter
 Romoの顔となるキャラクターを制御することができるFramework。

そして同梱されているサンプルコードについて。

サンプルコードはRomo本体がなくてもコンパイルすることができる。

HelloRMCore
 RMCoreを利用したRomo のハードウェアをコントロールするサンプル。本体がないと動作確認できない。

HelloRMCharacter
 RMCharacterを使用て、Romoの表情が順番に表示されるサンプル。iPhone, iPod touch単体で動作確認できる。

HelloRomo
 RMCoreとRMCharacterを同時に利用するサンプル。動作の確認には本体との接続が必要。

サンプルコードのビルド時の注意点として、arm64ではエラーになるので、対象アーキテクチャから外さないとダメ。

第1回 Romoがやってきた!
第2回 Romoを自由に動かしてみよう!
第3回 RomoのキャラクターUIを動かしてみよう!


スポンサーリンク

関連記事

CEDEC 2日目
エニアグラム
データサイエンティストって何だ?
Verilog HDL
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
OpenCV
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
iPhoneアクセサリ
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ブログが1日ダウンしてました
Unityからkonashiをコントロールする
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
Programing Guide for iPhone SDK 日本語のドキュメント
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
プログラマブルなドローン『Phenox』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
統計学に入門したい
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
全脳アーキテクチャ勉強会
UnityのTransformクラスについて調べてみた
シフトカーの改造
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
C++始めようと思うんだ
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Google App Engineのデプロイ失敗
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代

コメント