iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

ROMOはKICKSTARTERで資金を調達して製品化された子供向けの知育ロボット。
iPhone / iPod touch と接続して、iOSアプリで動作する。
開発者向けにSDKが公開されていて、ROMO用iOSアプリを作ることができる。SDKのダウンロードはこちら
また、プログラムしなくてもiPhoneアプリから動作の組み合わせをオリジナルに指定して、自分なりに動かすこともできるらしい。
http://www.youtube.com/watch?v=2OWMPOcjH-Y

ROMOは7月24日に日本発売だそうで、日本販売代理店のセールス・オンデマンドさんが7/13にiPhone x ロボットハッカソンというROMOアプリ開発のイベントを開催するんですよ。セールス・オンデマンドさんはルンバの日本代理店でもあります。


スポンサーリンク

で、オイラ、このイベントに参加申し込みしちゃったんだけど、1日でiOSアプリなんて作れるのかすごい不安…
かろうじてiOS開発環境を持っている程度なんだよね…

直前の悪あがきとして、ROMOってどんなものなのか調べて、ピンポイントで勉強することにした。

ROMO SDKには2種類のFrameworkが入っている。

RMCore
 デバイス自体を動かすためのFramework。


スポンサーリンク

・モーター制御(左のキャタピラ / 右のキャタピラ / iPhone の上下角度)
・LEDの点灯
・Romoの各種情報へのアクセス

RMCharacter
 Romoの顔となるキャラクターを制御することができるFramework。

そして同梱されているサンプルコードについて。

サンプルコードはRomo本体がなくてもコンパイルすることができる。

HelloRMCore
 RMCoreを利用したRomo のハードウェアをコントロールするサンプル。本体がないと動作確認できない。

HelloRMCharacter
 RMCharacterを使用て、Romoの表情が順番に表示されるサンプル。iPhone, iPod touch単体で動作確認できる。

HelloRomo
 RMCoreとRMCharacterを同時に利用するサンプル。動作の確認には本体との接続が必要。

サンプルコードのビルド時の注意点として、arm64ではエラーになるので、対象アーキテクチャから外さないとダメ。

第1回 Romoがやってきた!
第2回 Romoを自由に動かしてみよう!
第3回 RomoのキャラクターUIを動かしてみよう!


スポンサーリンク

関連記事

Unityの各コンポーネント間でのやり取り
ubuntuでサーバー作るよ
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
研究者のための英文校正業者比較サイト
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
副業の基本と常識
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
プログラムによる景観の自動生成
IBM Watsonで性格診断
タマムシ
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
PythonでBlenderのAdd-on開発
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
素敵なパーティクル
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
天体写真の3D動画
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Raspberry Pi
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
仮面ライダーバトライド・ウォー
Virtual Network Computing
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
iPhoneをSSHクライアントとして使う
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
PowerPointによるプレゼン
スクレイピング
Profilograph
Iterator
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
今年もSSII

コメント