iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

ROMOはKICKSTARTERで資金を調達して製品化された子供向けの知育ロボット。
iPhone / iPod touch と接続して、iOSアプリで動作する。
開発者向けにSDKが公開されていて、ROMO用iOSアプリを作ることができる。SDKのダウンロードはこちら
また、プログラムしなくてもiPhoneアプリから動作の組み合わせをオリジナルに指定して、自分なりに動かすこともできるらしい。

ROMOは7月24日に日本発売だそうで、日本販売代理店のセールス・オンデマンドさんが7/13にiPhone x ロボットハッカソンというROMOアプリ開発のイベントを開催するんですよ。セールス・オンデマンドさんはルンバの日本代理店でもあります。


スポンサーリンク

で、オイラ、このイベントに参加申し込みしちゃったんだけど、1日でiOSアプリなんて作れるのかすごい不安…
かろうじてiOS開発環境を持っている程度なんだよね…


スポンサーリンク

直前の悪あがきとして、ROMOってどんなものなのか調べて、ピンポイントで勉強することにした。

ROMO SDKには2種類のFrameworkが入っている。

RMCore
 デバイス自体を動かすためのFramework。

・モーター制御(左のキャタピラ / 右のキャタピラ / iPhone の上下角度)
・LEDの点灯
・Romoの各種情報へのアクセス

RMCharacter
 Romoの顔となるキャラクターを制御することができるFramework。

そして同梱されているサンプルコードについて。

サンプルコードはRomo本体がなくてもコンパイルすることができる。

HelloRMCore
 RMCoreを利用したRomo のハードウェアをコントロールするサンプル。本体がないと動作確認できない。

HelloRMCharacter
 RMCharacterを使用て、Romoの表情が順番に表示されるサンプル。iPhone, iPod touch単体で動作確認できる。

HelloRomo
 RMCoreとRMCharacterを同時に利用するサンプル。動作の確認には本体との接続が必要。

サンプルコードのビルド時の注意点として、arm64ではエラーになるので、対象アーキテクチャから外さないとダメ。

第1回 Romoがやってきた!
第2回 Romoを自由に動かしてみよう!
第3回 RomoのキャラクターUIを動かしてみよう!


スポンサーリンク

関連記事

iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
統計学に入門したい
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Boost オープンソースライブラリ
OpenCV バージョン4がリリースされた!
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
PythonでBlenderのAdd-on開発
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
HackerスペースとMakerスペース
OpenGVの用語
OpenGVのライブラリ構成
マインドマップ作成ツール『MindNode』
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
偏愛マップ
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
pythonもかじってみようかと
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
パルクール(Parkour)
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
タマムシっぽい質感
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
HD画質の無駄遣い
Google App Engineのデプロイ失敗
ほっこり日常まんが
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル

コメント