iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

ROMOはKICKSTARTERで資金を調達して製品化された子供向けの知育ロボット。
iPhone / iPod touch と接続して、iOSアプリで動作する。
開発者向けにSDKが公開されていて、ROMO用iOSアプリを作ることができる。SDKのダウンロードはこちら
また、プログラムしなくてもiPhoneアプリから動作の組み合わせをオリジナルに指定して、自分なりに動かすこともできるらしい。

ROMOは7月24日に日本発売だそうで、日本販売代理店のセールス・オンデマンドさんが7/13にiPhone x ロボットハッカソンというROMOアプリ開発のイベントを開催するんですよ。セールス・オンデマンドさんはルンバの日本代理店でもあります。


スポンサーリンク

で、オイラ、このイベントに参加申し込みしちゃったんだけど、1日でiOSアプリなんて作れるのかすごい不安…
かろうじてiOS開発環境を持っている程度なんだよね…


スポンサーリンク

直前の悪あがきとして、ROMOってどんなものなのか調べて、ピンポイントで勉強することにした。

ROMO SDKには2種類のFrameworkが入っている。

RMCore
 デバイス自体を動かすためのFramework。

・モーター制御(左のキャタピラ / 右のキャタピラ / iPhone の上下角度)
・LEDの点灯
・Romoの各種情報へのアクセス

RMCharacter
 Romoの顔となるキャラクターを制御することができるFramework。

そして同梱されているサンプルコードについて。

サンプルコードはRomo本体がなくてもコンパイルすることができる。

HelloRMCore
 RMCoreを利用したRomo のハードウェアをコントロールするサンプル。本体がないと動作確認できない。

HelloRMCharacter
 RMCharacterを使用て、Romoの表情が順番に表示されるサンプル。iPhone, iPod touch単体で動作確認できる。

HelloRomo
 RMCoreとRMCharacterを同時に利用するサンプル。動作の確認には本体との接続が必要。

サンプルコードのビルド時の注意点として、arm64ではエラーになるので、対象アーキテクチャから外さないとダメ。

第1回 Romoがやってきた!
第2回 Romoを自由に動かしてみよう!
第3回 RomoのキャラクターUIを動かしてみよう!


スポンサーリンク

関連記事

サンプラー音源ツール『SampleTank』シリーズの最新フリー版『SampleTank 3 Fre...
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
PowerPointによるプレゼン
クライマックスヒーローズ
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
インターフェイスは世界を規定する
iPhoneをエレキギターのアンプにする
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
ubuntuでサーバー作るよ
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
生物の骨格
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
偏愛マップ
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
ZScript
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
データサイエンティストって何だ?
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
フルカラー3Dプリンタ
iPhone 13 Pro→ iPhone 15 Pro
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
機械学習での「回帰」とは?
HD画質の無駄遣い
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
大人の知識で玩具の改造
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び

コメント