iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

ROMOはKICKSTARTERで資金を調達して製品化された子供向けの知育ロボット。
iPhone / iPod touch と接続して、iOSアプリで動作する。
開発者向けにSDKが公開されていて、ROMO用iOSアプリを作ることができる。SDKのダウンロードはこちら
また、プログラムしなくてもiPhoneアプリから動作の組み合わせをオリジナルに指定して、自分なりに動かすこともできるらしい。
http://www.youtube.com/watch?v=2OWMPOcjH-Y

ROMOは7月24日に日本発売だそうで、日本販売代理店のセールス・オンデマンドさんが7/13にiPhone x ロボットハッカソンというROMOアプリ開発のイベントを開催するんですよ。セールス・オンデマンドさんはルンバの日本代理店でもあります。


スポンサーリンク

で、オイラ、このイベントに参加申し込みしちゃったんだけど、1日でiOSアプリなんて作れるのかすごい不安…
かろうじてiOS開発環境を持っている程度なんだよね…

直前の悪あがきとして、ROMOってどんなものなのか調べて、ピンポイントで勉強することにした。

ROMO SDKには2種類のFrameworkが入っている。

RMCore
 デバイス自体を動かすためのFramework。


スポンサーリンク

・モーター制御(左のキャタピラ / 右のキャタピラ / iPhone の上下角度)
・LEDの点灯
・Romoの各種情報へのアクセス

RMCharacter
 Romoの顔となるキャラクターを制御することができるFramework。

そして同梱されているサンプルコードについて。

サンプルコードはRomo本体がなくてもコンパイルすることができる。

HelloRMCore
 RMCoreを利用したRomo のハードウェアをコントロールするサンプル。本体がないと動作確認できない。

HelloRMCharacter
 RMCharacterを使用て、Romoの表情が順番に表示されるサンプル。iPhone, iPod touch単体で動作確認できる。

HelloRomo
 RMCoreとRMCharacterを同時に利用するサンプル。動作の確認には本体との接続が必要。

サンプルコードのビルド時の注意点として、arm64ではエラーになるので、対象アーキテクチャから外さないとダメ。

第1回 Romoがやってきた!
第2回 Romoを自由に動かしてみよう!
第3回 RomoのキャラクターUIを動かしてみよう!


スポンサーリンク

関連記事

Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
なりきり玩具と未来のガジェット
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ブログが1日ダウンしてました
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
ハイテクな暑さ対策グッズ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
素敵なパーティクル
マインドマップ作成ツール『MindNode』
プログラムによる景観の自動生成
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
HD画質の無駄遣い
ROSの薄い本
スクレイピング
このブログのデザインに飽きてきた
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
仮面ライダーあつめ
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
「うぶんちゅ!」
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
まだまだ続く空想科学読本
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
WebGL開発に関する情報が充実してきている

コメント