iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

ROMOはKICKSTARTERで資金を調達して製品化された子供向けの知育ロボット。
iPhone / iPod touch と接続して、iOSアプリで動作する。
開発者向けにSDKが公開されていて、ROMO用iOSアプリを作ることができる。SDKのダウンロードはこちら
また、プログラムしなくてもiPhoneアプリから動作の組み合わせをオリジナルに指定して、自分なりに動かすこともできるらしい。
http://www.youtube.com/watch?v=2OWMPOcjH-Y

ROMOは7月24日に日本発売だそうで、日本販売代理店のセールス・オンデマンドさんが7/13にiPhone x ロボットハッカソンというROMOアプリ開発のイベントを開催するんですよ。セールス・オンデマンドさんはルンバの日本代理店でもあります。


スポンサーリンク

で、オイラ、このイベントに参加申し込みしちゃったんだけど、1日でiOSアプリなんて作れるのかすごい不安…
かろうじてiOS開発環境を持っている程度なんだよね…

直前の悪あがきとして、ROMOってどんなものなのか調べて、ピンポイントで勉強することにした。

ROMO SDKには2種類のFrameworkが入っている。

RMCore
 デバイス自体を動かすためのFramework。


スポンサーリンク

・モーター制御(左のキャタピラ / 右のキャタピラ / iPhone の上下角度)
・LEDの点灯
・Romoの各種情報へのアクセス

RMCharacter
 Romoの顔となるキャラクターを制御することができるFramework。

そして同梱されているサンプルコードについて。

サンプルコードはRomo本体がなくてもコンパイルすることができる。

HelloRMCore
 RMCoreを利用したRomo のハードウェアをコントロールするサンプル。本体がないと動作確認できない。

HelloRMCharacter
 RMCharacterを使用て、Romoの表情が順番に表示されるサンプル。iPhone, iPod touch単体で動作確認できる。

HelloRomo
 RMCoreとRMCharacterを同時に利用するサンプル。動作の確認には本体との接続が必要。

サンプルコードのビルド時の注意点として、arm64ではエラーになるので、対象アーキテクチャから外さないとダメ。

第1回 Romoがやってきた!
第2回 Romoを自由に動かしてみよう!
第3回 RomoのキャラクターUIを動かしてみよう!


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV バージョン4がリリースされた!
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
WordPressのテーマを自作する
iPhoneをSSHクライアントとして使う
動的なメモリの扱い
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Google App Engineのデプロイ失敗
もちもち泡のネコ
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
シフトカーを改造する人達
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
PowerPointによるプレゼン
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
天体写真の3D動画
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
数学の学習支援ツール『Microsoft Mathematics』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
ディープラーニング
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
HerokuでMEAN stack
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Mayaのプラグイン開発
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル

コメント