iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

ROMOはKICKSTARTERで資金を調達して製品化された子供向けの知育ロボット。
iPhone / iPod touch と接続して、iOSアプリで動作する。
開発者向けにSDKが公開されていて、ROMO用iOSアプリを作ることができる。SDKのダウンロードはこちら
また、プログラムしなくてもiPhoneアプリから動作の組み合わせをオリジナルに指定して、自分なりに動かすこともできるらしい。

ROMOは7月24日に日本発売だそうで、日本販売代理店のセールス・オンデマンドさんが7/13にiPhone x ロボットハッカソンというROMOアプリ開発のイベントを開催するんですよ。セールス・オンデマンドさんはルンバの日本代理店でもあります。


スポンサーリンク

で、オイラ、このイベントに参加申し込みしちゃったんだけど、1日でiOSアプリなんて作れるのかすごい不安…
かろうじてiOS開発環境を持っている程度なんだよね…


スポンサーリンク

直前の悪あがきとして、ROMOってどんなものなのか調べて、ピンポイントで勉強することにした。

ROMO SDKには2種類のFrameworkが入っている。

RMCore
 デバイス自体を動かすためのFramework。

・モーター制御(左のキャタピラ / 右のキャタピラ / iPhone の上下角度)
・LEDの点灯
・Romoの各種情報へのアクセス

RMCharacter
 Romoの顔となるキャラクターを制御することができるFramework。

そして同梱されているサンプルコードについて。

サンプルコードはRomo本体がなくてもコンパイルすることができる。

HelloRMCore
 RMCoreを利用したRomo のハードウェアをコントロールするサンプル。本体がないと動作確認できない。

HelloRMCharacter
 RMCharacterを使用て、Romoの表情が順番に表示されるサンプル。iPhone, iPod touch単体で動作確認できる。

HelloRomo
 RMCoreとRMCharacterを同時に利用するサンプル。動作の確認には本体との接続が必要。

サンプルコードのビルド時の注意点として、arm64ではエラーになるので、対象アーキテクチャから外さないとダメ。

第1回 Romoがやってきた!
第2回 Romoを自由に動かしてみよう!
第3回 RomoのキャラクターUIを動かしてみよう!


スポンサーリンク

関連記事

豆腐みたいな付箋
UnityでOpenCVを使うには?
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
機械学習で遊ぶ
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
東京オリンピックと案内表示
PCの自作
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
Google App Engineのデプロイ失敗
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
adskShaderSDK
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
生物の骨格
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
プログラミングスキルとは何か?
口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
「うぶんちゅ!」
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
ドラマ『ファースト・クラス』のパラレルショートド­ラマ『ファースト・クラス・ガールズ』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
iPhone 11 Pro→ iPhone 13 Pro
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Arduinoで人感センサーを使う
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
3Dグラフィックスの入門書

コメント