iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

ROMOはKICKSTARTERで資金を調達して製品化された子供向けの知育ロボット。
iPhone / iPod touch と接続して、iOSアプリで動作する。
開発者向けにSDKが公開されていて、ROMO用iOSアプリを作ることができる。SDKのダウンロードはこちら
また、プログラムしなくてもiPhoneアプリから動作の組み合わせをオリジナルに指定して、自分なりに動かすこともできるらしい。

ROMOは7月24日に日本発売だそうで、日本販売代理店のセールス・オンデマンドさんが7/13にiPhone x ロボットハッカソンというROMOアプリ開発のイベントを開催するんですよ。セールス・オンデマンドさんはルンバの日本代理店でもあります。


スポンサーリンク

で、オイラ、このイベントに参加申し込みしちゃったんだけど、1日でiOSアプリなんて作れるのかすごい不安…
かろうじてiOS開発環境を持っている程度なんだよね…


スポンサーリンク

直前の悪あがきとして、ROMOってどんなものなのか調べて、ピンポイントで勉強することにした。

ROMO SDKには2種類のFrameworkが入っている。

RMCore
 デバイス自体を動かすためのFramework。

・モーター制御(左のキャタピラ / 右のキャタピラ / iPhone の上下角度)
・LEDの点灯
・Romoの各種情報へのアクセス

RMCharacter
 Romoの顔となるキャラクターを制御することができるFramework。

そして同梱されているサンプルコードについて。

サンプルコードはRomo本体がなくてもコンパイルすることができる。

HelloRMCore
 RMCoreを利用したRomo のハードウェアをコントロールするサンプル。本体がないと動作確認できない。

HelloRMCharacter
 RMCharacterを使用て、Romoの表情が順番に表示されるサンプル。iPhone, iPod touch単体で動作確認できる。

HelloRomo
 RMCoreとRMCharacterを同時に利用するサンプル。動作の確認には本体との接続が必要。

サンプルコードのビルド時の注意点として、arm64ではエラーになるので、対象アーキテクチャから外さないとダメ。

第1回 Romoがやってきた!
第2回 Romoを自由に動かしてみよう!
第3回 RomoのキャラクターUIを動かしてみよう!


スポンサーリンク

関連記事

東京オリンピックと案内表示
OpenCV
Unityからkonashiをコントロールする
仮面ライダーあつめ
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
OpenGVの用語
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
UnityでARKit2.0
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
UnityでLight Shaftを表現する
日米の働き方をコミカルに比較した動画
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
今年もSSII
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
定数
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
UnityでOpenCVを使うには?
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
韓国のヒーロー
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
PythonでBlenderのAdd-on開発
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Boost オープンソースライブラリ

コメント