3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換

最近の3D映画では専用3Dカメラは使わないそうで。今度のゴジラも2Dカメラで撮影して、後処理で3D化しているらしい。
2D→3D変換技術が向上したってのと、そもそも立体視用途なら厳密な3Dである必要がないってことかもね。

この記事に2D→3D変換の大まかな処理フローが紹介されてる。↓

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.48 青木洋一郎氏に聞く、映画「GODZILLA ゴジラ」における2D-3D変換と、ハリウッドにおける最新動向

青木洋一郎氏に聞く、映画「GODZILLA ゴジラ」における2D-3D変換と、ハリウッドにおける最新動向


スポンサーリンク

(1)ROTO:2D画像の全てのキャラクターやオブジェクトの輪郭を取ります。雪や雨、髪の毛、反射物など、とても細かいものも輪郭を取る必要があります。

(2)DEPTH:ROTOチームからの輪郭を元に、白色~黒色の範囲で3D空間の設計図を作ります(黒色=奥・白色=手前)。また、「書き割りの3D」にならないように顔に対しては、おでこや頬、瞼、鼻など細かい立体感をつけます。このDEPTHを元に自社ツールで右目、左目の画像をレンダリングし、試写室で立体感を確認し、クライアントチェックを受けます。


スポンサーリンク

(3)FINALING:クライアントが3D空間を気に入った時点で、コンバージョンの際に発生するピクセルが延びた部分を補間していきます。こちらもとても複雑な作業で、背景のクリーン・プレートを作成したり、手作業でフレーム毎にペイントをしていきます。この部署では、唯一の日本人コンポジターとして、渡辺奈津子さんも大活躍しています。CGのシーンなどに対しては、VFXスタジオから別々のレイヤー素材を受け取り、それを個々に変換し、ステレオ合成します。

(4)FINAL CHECK:カット毎に、3D映像が目に刺激を与えず、スムーズに流れるかを確認し、クライアントの最終チェックを経て、納品します。

後から調整できた方がメリットが大きいってのは理解できる話。以前3D映像に挑戦した時にも、調整の重要性を感じた。これを撮影現場でやるのは非効率過ぎる。


スポンサーリンク

関連記事

フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ゴジラの日
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観た
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
WebGL開発に関する情報が充実してきている
3D復元技術の情報リンク集
今年も怪獣大進撃
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
アニメーション映画『GODZILLA』
ZBrushで基本となるブラシ
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
映画『カメラを止めるな!』を観た (ネタバレあり)
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれのレタッチ
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
怪獣ガレージキット
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
3Dグラフィックスの入門書
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
BlenderのRigifyでリギング
映画『ダウンサイズ』を観た
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
『特撮のDNA 東京タワーSOS ゴジラ・モスラ・東宝特撮』を見てきた
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン

コメント