立体視を試してみた

最近、立体視用のモニタ(偏光メガネで見るやつ)を1つ後輩から強奪した譲り受けたんで、適当に視差を作って色々試してみた。(youtubeは立体視にも対応してるんですね。)


スポンサーリンク
3D Bunny


スポンサーリンク


ちょっとやってみた感想としては、どうやら視差があり過ぎると人間の眼の認識が追いついて来ない感じ。(ちなみに、人間の平均的な両眼距離は6.5cmだそうです。)
被写体とカメラの距離、画角、二つのカメラの注視点もちゃんと考えないといけない模様。(まあ、当然か。)
眼はモニタ画面を注視するわけだけど、視差が大きくて像がかなり手前に飛び出す場合、手前を注視する感覚へ反射的に頭を切り替えるのがなかなか難しい。(自分だけかもしれないけど。)
ただ、人間が認識しやすいように視差を減らすと、じゃあ立体視の意味があるのかという話でもある。

それから、これは偏光方式の質の問題もあると思うけど、像を立体として認識するには、色も重要な要素なんじゃないかと。オイラの作った視差動画は色味がほとんど無いんで、眼が認識しづらかったんじゃないだろうか。偏光メガネでも反対の眼用成分を完全に遮断できないようで、色味が無いと薄っすら見える反対成分と混同して認識してしまう。ということで予想としては、モノクロで視差を作っても効果が薄いんじゃないだろうか。(閲覧環境の質に依存する要素だけど。)

ところで、以前もMayaのバージョンを上げた時にちょっと問題が発生した自前Shaderなんだけど、今回バッチ処理でさらに問題発覚。カレントフレームではレンダリングできるのに、バッチに投げると全く描画されなくなる。てっきりレンダーレイヤーの設定を間違えたのかと思ってたんだけど、そういうわけじゃないらしい。バッチに投げると、Shaderを割り当てられてたオブジェクトがまるで透明になったかのように影も形も出ない状態に。バージョンのせい?64bitにしたせい?わからん。

追記:バッチに投げるとShaderが動かない原因はどうやらMTypeIDのせいらしい。環境が変わったことでIDが他のノードとかぶったりしてるのかも。オイラがいいかげんにIDつけてたのがいけなかった。こういうところはスクリプトに劣る部分だな。


スポンサーリンク

関連記事

生物の骨格
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
to do listって結構大事だよね
参考になりそうなサイト
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
2019年7月 行動振り返り
3Dグラフィックスの入門書
この本読むよ
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
動画配信ぐらい当たり前の時代
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
書籍『ROSプログラミング』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
感じたことを言語化する
Maya API Reference
オーバーロードとオーバーライド
顔のモデリング
2018年1月~3月 振り返り
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
iPhone欲しいなぁ
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
手軽な娯楽
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Google ブック検索
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
2019年3月~4月 行動の振り返り
成果を待てない長学歴化の時代
TVML (TV program Making language)
素敵なパーティクル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
CGのためのディープラーニング
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Mr.ビーン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ZBrushの練習 手のモデリング

コメント