pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』

機械学習とは何ぞや、っていうのをお勉強する上で、すでに動くツールがあるならそれを使って感覚を掴もうと思う。
残念ながら、scikit-learnはGoogle App Engine上では動かないようだけど、お勉強の教材として活用させてもらう。

scikit-learnはオープンソースの機械学習ライブラリで、分類や回帰、クラスタリングなどの機能が実装されているらしい。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

このライブラリで使用できるアルゴリズムのチートシートもある。

scikit-learn cheat sheet

公式チュートリアルもあるけど、知らない言葉だらけなので、初心者には日本語の解説ページが有り難い↓

pythonの機械学習ライブラリscikit-learnの紹介


スポンサーリンク

関連記事

頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ブログが1日ダウンしてました
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
機械学習手法『Random Forest』
プログラミングスキルについて考える
書籍『ROSプログラミング』
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Raspberry PiでIoTごっこ
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
UnityのAR FoundationでARKit 3
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
ZScript
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
3D復元技術の情報リンク集
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
機械学習について最近知った情報
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Mayaのプラグイン開発
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ニューラルネットワークと深層学習
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
機械学習で遊ぶ
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Unityの薄い本
スクレイピング
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
定数
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Google Chromecast

コメント