OpenCVの顔検出過程を可視化した動画

OpenCVの顔検出器の検出過程を可視化した動画。

ここで使われているアルゴリズムはViola-Jones法。この手法による顔検出のポイントは、以下の2つのステップ。

  • 前処理:大量の学習データを用いたAdaBoostによる識別器の学習
  • 高速な検出処理:Haar-Like特徴量を用いたCascade構造の識別器で画像中を高速全探索

弱い識別器を連結したCascade型の識別器でザルのように順に画像を選別していく。
弱い識別器の集合で強い識別器を作る方法は、集団学習とかアンサンブル学習とか呼ばれる。


スポンサーリンク


この動画では、赤い枠で走査して、枠内のピクセルをCascadeに通過させて識別している様子が可視化されている。
もともとこの動画は、一般的な顔認識で検知されないようにするためのメイク & ヘアスタイル『CV Dazzle』の解説の一部らしい。


スポンサーリンク

This video visualizes the detection process of OpenCV’s face detector.
The algorithm uses the Viola Jones method of calculating the integral image and then performing some calculations on all the areas defined by the black and white rectangles to analyze the differences between the dark and light regions of a face.
The sub-window (in red) is scanned across the image at various scales to detect if there is a potential face within the window. If not, it continues scanning.
If it passes all stages in the cascade file, it is marked with a red rectangle. But this does not yet confirm a face. In the post-processing stage all the potential faces are checked for overlaps.
Typically, 2 or 3 overlapping rectangles are required to confirm a face. Loner rectangles are rejected as false-positives.
This visualization was done as part of the documentation for CV Dazzle, camouflage from face detection.
For more information, visit cvdazzle.com

http://japanese.engadget.com/2011/03/17/cv-dazzle/

参考:コンピュータビジョンのセカイ – 今そこにあるミライ
http://news.mynavi.jp/series/computer_vision/010/
http://news.mynavi.jp/series/computer_vision/011/

2014/08/20追記:

【動画】Adaboostによる顔検出アルゴリズムの様子がよくわかるCUDAのデモ


スポンサーリンク

関連記事

Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
3D復元技術の情報リンク集
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
続・ディープラーニングの資料
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
WordPressプラグインの作り方
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
全脳アーキテクチャ勉強会
Mean Stack開発の最初の一歩
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ブログが1日ダウンしてました
なんかすごいサイト
ROSの薄い本
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
タマムシっぽい質感
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Mayaのシェーディングノードの区分
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Open Shading Language (OSL)
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
UnityでARKit2.0
機械学習について最近知った情報
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Mayaのプラグイン開発
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
Maya API Reference
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
UnityでOpenCVを使うには?
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Active Appearance Models(AAM)

コメント