iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~

何の考えも無しに応募してしまったけど、これ結構ガチなやつっぽい。
MacとXCode開発環境は持ってるし、iOS Developer Programに加入してるしiPhone 5S持ってるけど、iOS開発初心者だよぅ…

iPhone x ロボットハッカソン
大人の夏休みの自由研究 〜Romoで絶対起きられる目覚まし時計を作ろう〜

Screenshot of everevo.com

開催概要


スポンサーリンク

参加資格 MacでのXCode開発環境をお持ちで、iOS Developer Programに加入されアプリの製作経験がありiPhone 5、iPhone 5sまたはiPod touch(5th gen)をお持ちのプログラマーの方。
参加特典 ・日本未発売の Romo をプレゼント
・昼食、飲物付
賞品 Romo大喜び賞 ルンバ
当日の持ち物 ・Macbook
・電源コード
・iPhoneケーブル
・iPhone5/5s or iPod touch(Lightningコネクタモデル)
注意事項 ※当日は、メディア関係者による写真撮影、動画撮影の予定があります。
※メディア関係者により撮影された写真、動画は一般に公開されることを予めご了承ください。
協力THE GUILD

iOS開発ちゃんと勉強しなきゃ…


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Raspberry PiでIoTごっこ
Mean Stack開発の最初の一歩
Raspberry Pi 2を買いました
ブログが1日ダウンしてました
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
UnityのAR FoundationでARKit 3
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
3Dグラフィックスの入門書
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
クラスの基本
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
ZScript
OpenCVで動画の手ぶれ補正
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
このブログのデザインに飽きてきた
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
adskShaderSDK
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Objective-C最速基礎文法マスター
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
続・ディープラーニングの資料
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
マルコフ連鎖モンテカルロ法
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

コメント