実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック

こちら、コンポジターの方のブログらしい。↓


スポンサーリンク

実写合成(VFX)テクニック・色合わせの3つのチェックポイント

実写と実写の合成は、PhotoshopだろうがAfterEffectsだろうが変わらない考え方だよね。ついでに言うと、実写にCGを合成する際にも参考になる話。


スポンサーリンク


このブログ、丁寧に参考文献も載せてくれている。参考文献に載ってるAfter Effects CS4 スタジオテクニック (DVD付)―プロが教える効果的なビジュアルエフェクトとコンポジット―はオイラも持ってる。確かにチャンネルごとに馴染みを確認すると良いって話が載ってたけど、こんなに解りやすい作例じゃなかったぞ。

After Effects CS4 スタジオテクニック (DVD付)―プロが教える効果的なビジュアルエフェクトとコンポジット―


スポンサーリンク

関連記事

Photogrammetry (写真測量法)
ZBrushでカスタムUIを設定する
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Adobe Photoshop CS5の新機能
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ZBrushのUV MasterでUV展開
Mayaのプラグイン開発
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
ZBrushで基本となるブラシ
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
3D復元技術の情報リンク集
海外ドラマのChromaKey
ZBrush 4R7
Unityをレンダラとして活用する
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
CreativeCOW.net
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
天体写真の3D動画
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Physically Based Rendering
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ZBrushの作業環境を見直す
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
無料で使える人体3DCG作成ツール
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
フルCGのウルトラマン!?
Stanford Bunny
ファンの力
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
プログラムによる景観の自動生成

コメント