ディープラーニング

最近、機械学習の分野で「ディープラーニング」というのがホットらしい。



ただ、まだあんまり実装が世に出回っていないんで、動かしながら学ぶのは結構選択肢が狭い。
機械学習の分野ではなぜかPythonを使った例ってのは多い印象。
Pythonの数値計算ライブラリ「Theano」のサイトにディープラーニングのチュートリアルがある。→Deep Learning Tutorials


スポンサーリンク




最近、仕事でPythonを触り始めたので、勉強として触れるのもアリかもしれない。

ディープラーニングはコンピュータビジョンの分野でも割とホットみたい。



スポンサーリンク

関連記事

UnityでOpenCVを使うには?
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
機械学習手法『Random Forest』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Paul Debevec
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Konashiを買った
GoogleのDeep Learning論文
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
ニューラルネットワークで画像分類
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
Google App EngineでWordPress
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Mean Stack開発の最初の一歩
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Netron:機械学習モデルを可視化するツール
OpenGVのライブラリ構成
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
OpenGVの用語

コメント