WordPressプラグインの作り方

WordPressのプラグインの作り方を調べようと思う。
しばらく触ってみて、WordPressがCMSとして非常に優秀だということが分かったので、WordPressをベースに機能拡張して遊ぼうと思う。
PHPもあんまり詳しくないけど、プラグイン程度ならゼロから全部作るより敷居が低いと思うんだ。

ということで、調べてみる。
WordPressのプラグインを開発しよう(初級編)
WordPressのプラグインを作ってみる。まずは簡単なプラグインの作り方。
WordPressプラグインの作り方をかなりリアルに説明します。

こういう開発系の情報に関しては、最近SlideShareやQiitaが便利ね。
ぼくのかんがえたとっても簡単なwordpressプラグインの作り方(Qiita)


スポンサーリンク


スポンサーリンク

SlideShareだと、どっかの勉強会で使われたスライドが多いんで、情報のまとまりも良い。ブログに貼れるし。

なるほど、WordPress Codexを見た方が良いわけね。

フロント部分はそのうちUnityで作れないかとちょっと妄想中。

プラグインっていう思想、自分の尖った部分だけに注力できて素敵。まさに「巨人の肩の上に立つ」。
振り返ってみると、MayaとかUnityでも、プラグインが作れるようになってから一気に世界が広がった気がする。


スポンサーリンク

関連記事

ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
続・ディープラーニングの資料
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Amazon Web ServicesでWordPress
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Raspberry PiでIoTごっこ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
ZBrushのZScript入門
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
機械学習で遊ぶ
AfterEffectsプラグイン開発
Raspberry Pi
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
ニューラルネットワークで画像分類
OpenGVの用語
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Mayaのプラグイン開発
Google App Engineのデプロイ失敗
動的なメモリの扱い
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
3D復元技術の情報リンク集
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
clearcoat Shader
MRenderUtil::raytrace

コメント