WordPressのテーマを自作する

いくつか無料のテーマを試してみたけど、どうもしっくりこないので自分で作ってみようと思う。
と言ってもPHPの経験は全くないので、作り方をやっと調べ始めたところ。これからのんびり勉強する。
WordPressのオリジナルテーマ作成フロー・基本マニュアル
テーマを自作したい人必見!WordPressの基本的な仕組み
WordPress テーマ自作への道のり


スポンサーリンク

一応、デザイン思想としては「色んなSNSの情報もマッシュアップで表示して、『今の自分』を可視化一覧する」といったところ。
ページデザインに落とし込むとしたら、16:9の画面で見た時に効果的な配置で3カラムだろうか。
真ん中がブログ記事、両サイドに他のSNSに投稿される現在の自分、過去のログ。情報の更新頻度によって配置順を自動的に変えられると素敵かも。
自分が何を見て、何を考えているのか自己認識するためのインターフェイスにしたい。

たぶん作っているうちにどんどん欲が出てきて「透明にしたい」とか「3Dにしたい」とかどんどんゴールが遠のいていく。


スポンサーリンク

関連記事

C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
ROMOハッカソンに行ってきた
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
スクレイピング
Raspberry PiでIoTごっこ
HerokuでMEAN stack
OpenCV バージョン4がリリースされた!
機械学習で遊ぶ
ネームサーバとDNSレコードの話
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
デザインのリファイン再び
WebGL開発に関する情報が充実してきている
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
クラスの基本
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ブログをAWSからwpXへ移行
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
サンプルコードにも間違いはある?
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
OpenGVのライブラリ構成
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ

コメント