WordPressのテーマを自作する

いくつか無料のテーマを試してみたけど、どうもしっくりこないので自分で作ってみようと思う。
と言ってもPHPの経験は全くないので、作り方をやっと調べ始めたところ。これからのんびり勉強する。
WordPressのオリジナルテーマ作成フロー・基本マニュアル
テーマを自作したい人必見!WordPressの基本的な仕組み
WordPress テーマ自作への道のり


スポンサーリンク

一応、デザイン思想としては「色んなSNSの情報もマッシュアップで表示して、『今の自分』を可視化一覧する」といったところ。
ページデザインに落とし込むとしたら、16:9の画面で見た時に効果的な配置で3カラムだろうか。
真ん中がブログ記事、両サイドに他のSNSに投稿される現在の自分、過去のログ。情報の更新頻度によって配置順を自動的に変えられると素敵かも。
自分が何を見て、何を考えているのか自己認識するためのインターフェイスにしたい。

たぶん作っているうちにどんどん欲が出てきて「透明にしたい」とか「3Dにしたい」とかどんどんゴールが遠のいていく。


スポンサーリンク

関連記事

UnityのTransformクラスについて調べてみた
ブログが1日ダウンしてました
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Iterator
Model View Controller
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ブログの復旧が難航してた話
WordPress on Windows Azure
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
UnityでPoint Cloudを表示する方法
GitHub Pagesで静的サイトを作る
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Raspberry Pi
WordPressで数式を扱う
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Amazon Web ServicesでWordPress
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
UnityでOpenCVを使うには?
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
UnityでLight Shaftを表現する
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Mayaのプラグイン開発
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...

コメント