ポリゴン用各種イテレータと関数セット

MItMeshPolygon

MItMeshPolygon はポリゴン フェース イテレータです。あるメッシュ オブジェクトに対してこのクラスを初期化すると、フェース ID の順序でメッシュ内のすべてのフェースを反復処理できます。メッシュを参照する DAG パス、および特定のコンポーネントへの MObject リファレンスの両方に対してこのクラスを初期化すると、イテレータをエッジや頂点など特定のコンポーネントに隣接するフェースに制限することもできます。

このイテレータは、より迅速にメッシュを調べられるので、メッシュのパーシング処理に便利です。エッジと頂点よりフェースの方が数が少なく、データ取得で重複が少ないからです。フェース イテレータとしての MItMeshPolygon には、主に以下から構成される、フェース固有のデータを取得するメソッドがあります。

  • フェース構成(2 本を超える複数のエッジ)
  • フェース – 頂点データ
  • フェース – エッジ データ
  • 隣接コンポーネント データ
  • UV データ
  • 頂点カラー データ
  • ブラインド データやスムージング情報など、その他のデータ

MItMeshPolygon は、フェースごとにメッシュを迅速に検索する、またはフェース固有のデータをメッシュから要求する場合に理想的です。

MItMeshEdge

MItMeshEdge は、エッジごとにメッシュを反復処理し、エッジ固有のデータを取得します。このエッジ イテレータは、エッジ ID の順序でエッジを反復処理するか、渡されたコンポーネントに隣接するエッジを反復処理します。MltMeshEdge では、以下のタイプのデータを取得できます。

  • エッジ構成(2 つの頂点)
  • エッジ – フェース データ
  • エッジ – 頂点データ
  • エッジのスムージング
  • 隣接コンポーネント データ

MItMeshEdge は、メッシュをエッジごとに調べ、エッジ固有のデータを取得する場合に最適です。

MItMeshVertex

MItMeshVertex は、頂点 ID の順序で頂点ごとにメッシュを反復処理し、頂点固有のデータを取得します。この頂点イテレータは、2 つのケースに最適で、以下のような頂点固有データを取得できます。


スポンサーリンク
  • 頂点構成(3D 位置)
  • 頂点 – フェース データ
  • 頂点 – エッジ データ
  • 頂点法線
  • UV データ(頂点に固有)
  • カラー データ(頂点に固有)
  • 隣接コンポーネント データ

MItMeshFaceVertex

MItMeshFaceVertex イテレータは、フェース ID の順序でフェース頂点ごとにメッシュを調べ、フェース頂点固有のデータを取得します。このフェース頂点イテレータでは、以下のようなデータを取得できます。

  • 法線データ
  • UV データ
  • カラー データ

MFnMesh

MFnMesh には、メッシュ固有データを取得してメッシュを修正するメソッドが複数含まれています。イテレータを使用して特定のコンポーネントを検索し、MFnMesh を使用してそのコンポーネント上で操作を実行します。

MFnMesh が提供するメソッドと MItMesh* イテレータは重複する部分がありますが、MFnMesh はメッシュ操作のグローバル ライブラリを表し、イテレータは各コンポーネントまわりを中心としたものです。

ついでに、ポリゴンオンリーではないけど。

MItSelectionList

MltSelectionList は、選択されたオブジェクトを含むラッパ クラスです。これは、グローバルなアクティブ セレクション リストのコピー、または自分で構築したリストを使用することができます。

MItSelectionList を使用してセレクション リストにあるオブジェクトをフィルタ処理すると、ある特定のタイプのオブジェクトを表示できます(MSelectionList では、選択したオブジェクトをフィルタ処理することはできません)。

MItGeometry

以上のことは全てオンラインヘルプに載っている。


スポンサーリンク

関連記事

Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
『Follow Finder』 (Google Labs)
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ファンの力
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
TVML (TV program Making language)
Quartus II
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
にっぽんお好み焼き協会
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
単純に遊びに行くのはだめなのか?
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ZBrushの作業環境を見直す
タマムシ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
甲虫の色とか
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Blender 2.8がついに正式リリース!
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
iPhone欲しいなぁ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
胡蝶蘭の原種
生物の骨格
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityでLight Shaftを表現する
Singular
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
UnityでARKit2.0
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ニンテンドー3DSのGPU PICA200

コメント