ウルトラ×ライダー

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』と『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』が明日から公開だね。

DVD&BD 4月23日発売!『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』


スポンサーリンク

仮面ライダー×仮面ライダー  W&ディケイドMOVIE大戦2010(予告編)

ウルトラの方はyoutubeに公式チャンネル持ってるから、ブログに掲載しやすいな。

ここ最近はウルトラよりライダーの方が優勢な感じだったけど、予告を見る限りではウルトラも良い感じに新時代へシフトしてくれそう。


スポンサーリンク
映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」シーン28特別公開!!

怪獣特撮でカメラがこんなに動くのも久しぶりな気がするよ。平成ガメラ以降は、基本的にカメラ固定でフレーム内をしっかり飾り込むのが流行ってたしね。
このシーンでは特に、背景がCGになってミニチュアの制限を受けなくなった分、よりダイナミックになってるみたい。

公開時期が重なって二つの直接対決かと思ったら、両者の上映規模には結構大きな差がある。
上映する劇場の数ではライダーが圧倒的に上。ウルトラは配給がワーナーな割には小規模な様子。(それともワーナーだから?)
東京だけでも、
ウルトラ:13館
ライダー:21館
東京でウルトラ・ライダー両方見れるのは8館だけみたい。

どちらも歴代キャラクター総出演な映画になってるのが不思議な感じ。
歴代総出演といえばゴジラファイナルウォーズ。

ゴジラ ファイナルウォーズ 【60周年記念版】 [Blu-ray]

キャラクター数を増やせば、怪獣映画でも速いテンポの作品にできるよね。要素を増やしてテンポ感を作るのは最近のドラマ・映画の流行りなんだろうか。(もともとスターウォーズがそんな感じだったっけ。)

さて、このウルトラとライダーを『大きなお友達』はどう評価するんでしょうね。(子供無視)


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
無能の作り方
マイケル・ベイの動画の感覚
『帰ってきたウルトラマンの世界』展
ぼくたちのトクサツ!
ゴジラのガレージキット組み立て動画
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
アメブロをしばらく放置してみた
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
仕事の速いファンアート
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
Web配信時代のコンテンツ構成
最近のフィギュアの製造工程
歯を食いしばって見るべき動画
仮面ライダー4号
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
アニメーション映画『GODZILLA』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
シン・ゴジラのファンアート
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Stanford Bunny
成果を待てない長学歴化の時代
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
変身ベルト
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
ゆるキャラ
人材輩出企業
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
MeshroomでPhotogrammetry
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3

コメント