Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoogle bookで斜め読み

Texturing and Modeling, Third Edition: A Procedural Approach (The Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics)

英語の原著の一部が閲覧できるので立ち読みの代わりに。
目次


スポンサーリンク

1 Introduction
2 Building Procedual
3 Real-Time Programmable Shading
4 Cellular Texturing
5 Advanced Antialiasing
6 Proctical Methods for Texture Design
7 Procedural Modeling of Gases
8 Animating Solid Spaces
9 Volumetric Cloud Modeling with Implicit Functions
10 Issues and Strategies for Hardware Acceleration of Procedual Techniques
11 Procedual Synthesis of Geometry
12 Noise, Hypertexture, Antialiasing, and Gesture
(13,14はGoogle bookでは見れない)
15 Fractal Solid Textures: some example
16 Procedual Fractal Terrains
17 Qaeb Rendering for Procedual Models
18 Atmospheric Models
19 Genetic Textures
20 Mojoworld: Building Procedual Planets
21 On The Future: Engineering the Appearance of Cyberspace

原著は700ページぐらいあるのか。


スポンサーリンク

関連記事

エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
日本でMakersは普及するだろうか?
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
草食男子必見だってさ
文章を書く時の相手との距離感
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
フルCGのウルトラマン!?
布地のシワの法則性
天体写真の3D動画
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
UnityのAR FoundationでARKit 3
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
素敵なパーティクル
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
今年も「すいかキャンディ」の季節がやってきました
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
タイミングとクオリティ
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
adskShaderSDK
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
MFnMeshクラスのsplit関数
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
MRenderUtil::raytrace
選挙に「マイナス票」って無いのかな
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
この本読むよ
ZBrush キャラクター&クリーチャー
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
PolyPaint
2012のメイキングまとめ(途中)

コメント