Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoogle bookで斜め読み

Texturing and Modeling, Third Edition: A Procedural Approach (The Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics)

英語の原著の一部が閲覧できるので立ち読みの代わりに。
目次


スポンサーリンク

1 Introduction
2 Building Procedual
3 Real-Time Programmable Shading
4 Cellular Texturing
5 Advanced Antialiasing
6 Proctical Methods for Texture Design
7 Procedural Modeling of Gases
8 Animating Solid Spaces
9 Volumetric Cloud Modeling with Implicit Functions
10 Issues and Strategies for Hardware Acceleration of Procedual Techniques
11 Procedual Synthesis of Geometry
12 Noise, Hypertexture, Antialiasing, and Gesture
(13,14はGoogle bookでは見れない)
15 Fractal Solid Textures: some example
16 Procedual Fractal Terrains
17 Qaeb Rendering for Procedual Models
18 Atmospheric Models
19 Genetic Textures
20 Mojoworld: Building Procedual Planets
21 On The Future: Engineering the Appearance of Cyberspace

原著は700ページぐらいあるのか。


スポンサーリンク

関連記事

UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
NICOGRAPHって有名?
リア充っぽくなりたいです。
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
選挙に「マイナス票」って無いのかな
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
企画とエンジニア 時間感覚の違い
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
HD画質の無駄遣い
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
Paul Debevec
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
ブログをWordpressに引っ越して1周年
Oculus Goを購入!
なんかすごいサイト
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
必見!就活リサーチ
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
顔モデリングのチュートリアル
かっこいい大人にはなれなかったけど
東映特撮BBを不便に感じてしまう…
2020年8月 振り返り
色んな三面図があるサイト
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
生物の骨格
豚インフルエンザ

コメント