参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

自前のShaderがおかしい件
OpenCVで動画の手ぶれ補正
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
CGのためのディープラーニング
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Boost オープンソースライブラリ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Blender 2.8がついに正式リリース!
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
UnityのTransformクラスについて調べてみた
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
adskShaderSDK
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Stanford Bunny
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
Blenderでよく使うaddon
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ラクガキの立体化 胴体の追加
Subsurface scatteringの動画
なんかすごいサイト
ゴジラ(2014)のメイキング
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ZBrushで基本となるブラシ
OpenGVのライブラリ構成
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZBrushトレーニング
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Unreal Engineの薄い本
OpenMayaのPhongShaderクラス

コメント