参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク

以下、目次の引用

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
テンソル
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ZBrush 2018へのアップグレード
Photogrammetry (写真測量法)
服飾デザインツール『CLO』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
布のモデリング
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
C++の抽象クラス
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
胡蝶蘭の原種
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Visual Studioでユーザー定義のSyntax HighLightを設定する方法
ZBrushのUV MasterでUV展開
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
顔モデリングのチュートリアル
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
機械学習手法『Random Forest』
Houdiniのライセンスの種類
ターミナルサービスでネットワークレベル認証を使用する
ニューラルネットワークで画像分類
なんかすごいサイト
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
OpenGVの用語
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
UnityのAR FoundationでARKit 3

コメント