参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
服飾デザインツール『CLO』
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
adskShaderSDK
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
ラクガキの立体化 目標設定
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ラクガキの立体化 進捗
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ZBrushのUV MasterでUV展開
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
動的なメモリの扱い
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
3D復元技術の情報リンク集
フルCGのウルトラマン!?
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushで基本となるブラシ
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZScript
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Mayaのプラグイン開発
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
サンプルコードにも間違いはある?
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング

コメント