参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのZScript入門
自前Shaderの件 解決しました
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
UnityのGlobal Illumination
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
顔モデリングのチュートリアル
Houdiniのライセンスの種類
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Oculus Goを購入!
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
タダでRenderManを体験する方法
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
CEDEC 3日目
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Stanford Bunny
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
布のモデリング
Raytracing Wiki
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Blender 2.8がついに正式リリース!
ラクガキの立体化
OpenMayaRender
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
PythonでBlenderのAdd-on開発
ZBrush 4R7
書籍『ROSプログラミング』
ZBrushトレーニング
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
BlenderのRigifyでリギング
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
clearcoat Shader
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』

コメント