参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ポリ男をリファイン
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
UnityでOpenCVを使うには?
Adobe Photoshop CS5の新機能
OpenCVで動画の手ぶれ補正
デザインのリファイン再び
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ZBrush 4R7
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
顔のモデリング
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Blenderでよく使うaddon
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
OpenMayaRender
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Unityの薄い本
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ポリ男からMetaHumanを作る
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
BlenderのRigifyでリギング

コメント