参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク

以下、目次の引用

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ドラッカーの提唱する大学卒業までに身につけるべき4つの能力
ZBrush 4R8 リリース!
ZScript
機械学習手法『Random Forest』
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
テンソル
C++始めようと思うんだ
Memento
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
なんかすごいサイト
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
3D復元技術の情報リンク集
OpenCV バージョン4がリリースされた!
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
HSV色空間
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
トランスフォーマー:リベンジ
Vancouver Film Schoolのデモリール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
adskShaderSDK
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushトレーニング
タダでRenderManを体験する方法
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
人材輩出企業
OpenGVの用語
Boost オープンソースライブラリ
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
タマムシっぽい質感
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』

コメント