参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク

以下、目次の引用

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ゴジラ(2014)のメイキング
単純に遊びに行くのはだめなのか?
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
参考になりそうなサイト
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
NICOGRAPHって有名?
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrushでカスタムUIを設定する
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
kotobankを使ってみた
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
タマムシっぽい質感
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Managing Software Requirements: A Unified Approach
日本でMakersは普及するだろうか?
MFnDataとMFnAttribute
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Amdahlの法則
テスト
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
HD画質の無駄遣い その2
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
布地のシワの法則性

コメント