参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ジュラシック・パークのメイキング
OpenGVのライブラリ構成
Unityの薄い本
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
素敵なパーティクル
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
タマムシっぽい質感
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
この本読むよ
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ゴジラ(2014)のメイキング
機械学習手法『Random Forest』
動的なメモリの扱い
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
マイケル・ベイの動画の感覚
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
CEDEC 3日目
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
iPhone欲しいなぁ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
SIGGRAPH ASIAのマスコット
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
参考になりそうなサイト
プログラムによる景観の自動生成
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ラクガキの立体化
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush 2018での作業環境を整える

コメント