参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
TVML (TV program Making language)
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
オーバーロードとオーバーライド
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
CGのためのディープラーニング
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ファンの力
CEDEC 3日目
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Photogrammetry (写真測量法)
ラクガキの立体化 進捗
OpenCV
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ZBrush キャラクター&クリーチャー
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
SVM (Support Vector Machine)
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
HD画質の無駄遣い その2

コメント