参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Physics Forests:機械学習で流体シミュレーションを近似する
Maya 2015から標準搭載されたMILA
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ラクガキの立体化 反省
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ZBrushの練習 手のモデリング
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
3Dグラフィックスの入門書
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCVで動画の手ぶれ補正
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
clearcoat Shader
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
アニゴジ関連情報
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 姿勢の変更
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
自前のShaderがおかしい件
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる

コメント