参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
clearcoat Shader
Unite 2014の動画
ZBrushの作業環境を見直す
天体写真の3D動画
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Stanford Bunny
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Maya API Reference
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Unityの薄い本
Houdiniのライセンスの種類
Subsurface scatteringの動画
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Vancouver Film Schoolのデモリール
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Unreal Engineの薄い本
OpenCV バージョン4がリリースされた!
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenGVの用語
BlenderのRigifyでリギング
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
マジョーラ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
自前のShaderがおかしい件
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された

コメント