参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
OpenMayaRender
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ラクガキの立体化
参考になりそうなサイト
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
デザインのリファイン再び
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Adobe Photoshop CS5の新機能
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
Unite 2014の動画
ZBrush 4R8 リリース!
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Raytracing Wiki
シン・ゴジラのファンアート
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Pix2Pix:CGANによる画像変換
3DCG Meetup #4に行ってきた
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Vancouver Film Schoolのデモリール
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrushのZScript入門
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
TVML (TV program Making language)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

コメント