参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク

以下、目次の引用

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

SIGGRAPH Asia
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
3D復元技術の情報リンク集
ZBrush 2018へのアップグレード
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ZBrushでカスタムUIを設定する
iPhoneアクセサリ
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
サンプルコードにも間違いはある?
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
3DCG Meetup #4に行ってきた
OpenMayaRender
クラスの基本
仮想関数
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
UnityのAR FoundationでARKit 3
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
PlanetMath
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ゴジラの造形
2012のメイキングまとめ(途中)
adskShaderSDK
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Webページ制作のためのメモ
Verilog HDL
NICOGRAPHって有名?
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…

コメント