参考書

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス

フォトンマッピング法に限らず、その他の大域照明手法に関する理論や歴史もわかりやすくまとめてある。理論だけでなく、実装寄りのアルゴリズム解説もあり、付録としてC++によるフォトンマッピングの実装ソースコードも掲載されている。そして全て日本語で書いてある!(←意外と重要)


スポンサーリンク


以下、目次の引用


スポンサーリンク

0  本書を読む前に
1  はじめに
2  大域照明の基礎
3  モンテカルロ光線追跡法
4  フォトンマッピング法の概念
5  フォトン追跡法
6  フォトンマップのデータ構造
7  放射輝度の推定値
8  フォトンマップの可視化
9  実践的な2段階アルゴリズム
10 関与媒質
11 最適化手法
A  モンテカルロ積分の基礎
B  C++によるフォトンマップの実装
C  コニャックグラスのモデル
関連図書
索引


スポンサーリンク

関連記事

Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
サンプルコードにも間違いはある?
色んな三面図があるサイト
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
C++の抽象クラス
UnityでLight Shaftを表現する
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ラクガキの立体化
ZBrush キャラクター&クリーチャー
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Unityの薄い本
AfterEffectsプラグイン開発
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ZBrush 4R8 リリース!
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
3D復元技術の情報リンク集
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
ラクガキの立体化 反省
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
無料で使える人体3DCG作成ツール
OpenCV バージョン4がリリースされた!
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ

コメント