3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
統計的な顔モデル
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
UnityのGlobal Illumination
ラクガキの立体化 胴体の追加
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ゴジラの造形
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
CEDEC 3日目
Maya LTのQuick Rigを試す
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Photogrammetry (写真測量法)
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
OpenCVで動画の手ぶれ補正
ニューラルネットワークと深層学習
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
NICOGRAPHって有名?
機械学習について最近知った情報
参考になりそうなサイト
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Raytracing Wiki
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ

コメント