3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

機械学習について最近知った情報
CreativeCOW.net
AfterEffectsプラグイン開発
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ラクガキの立体化
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
OpenCVで動画の手ぶれ補正
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ZBrushの作業環境を見直す
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
UnityでARKit2.0
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Unityの薄い本
OpenCV
この本読むよ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
線画を遠近法で描く
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
今年もSSII
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrush 2018での作業環境を整える
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
iPhone欲しいなぁ
2012のメイキングまとめ(途中)
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
ZBrushのUV MasterでUV展開
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
日本でMakersは普及するだろうか?
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
タダでRenderManを体験する方法

コメント