3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

OpenMayaRender
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
マジョーラ
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
機械学習手法『Random Forest』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
日本でMakersは普及するだろうか?
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
Paul Debevec
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
GoogleのDeep Learning論文
ZBrush 2018での作業環境を整える
布のモデリング
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ゴジラ三昧
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
色んな三面図があるサイト
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
アニゴジ関連情報
参考書
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
コンピュータビジョンの技術マップ
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ゴジラの造形
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ラクガキの立体化 モールドの追加
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh

コメント