3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
GoogleのDeep Learning論文
ガメラ生誕50周年
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
海外ドラマのChromaKey
Kinect for Windows v2の日本価格決定
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
MRenderUtil::raytrace
ZBrush 4R8 リリース!
3DCGのモデルを立体化するサービス
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
素敵なパーティクル
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ZBrushのお勉強
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
プログラムによる景観の自動生成
今年もSSII
顔モデリングのチュートリアル
『ピクサー展』へ行ってきた
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
自前のShaderがおかしい件
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
ZBrushの作業環境を見直す
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい

コメント