3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
OpenMayaRender
顔のモデリング
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
この連休でZBrushの スキルアップを…
PCA (主成分分析)
注文してた本が届いた
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
続・ディープラーニングの資料
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
なんかすごいサイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
日本でMakersは普及するだろうか?
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
ZBrushのお勉強
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
布のモデリング
コンピュータビジョンの技術マップ
MeshroomでPhotogrammetry
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか

コメント