3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Photogrammetry (写真測量法)
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
単純に遊びに行くのはだめなのか?
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
この本読むよ
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ニューラルネットワークと深層学習
UnityのGlobal Illumination
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
布のモデリング
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
注文してた本が届いた
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
WebGL開発に関する情報が充実してきている
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
この連休でZBrushの スキルアップを…
HD画質の無駄遣い
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ジュラシック・パークのメイキング
顔画像処理技術の過去の研究
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
MRenderUtil::raytrace
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』

コメント