3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

Unreal Engine 5の情報が公開された!
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Maya API Reference
顔のモデリング
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
OpenGVの用語
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Open Shading Language (OSL)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
3D復元技術の情報リンク集
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
MFnDataとMFnAttribute
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
HD画質の無駄遣い その2
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ZBrushの作業環境を見直す
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
機械学習について最近知った情報
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
SIGGRAPH Asia
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ラクガキの立体化 モールドの追加
ラクガキの立体化 反省
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
参考になりそうなサイト

コメント