3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
立体視を試してみた
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
WebGL開発に関する情報が充実してきている
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCVで動画の手振れ補正
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
顔画像処理技術の過去の研究
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ZBrush 2018での作業環境を整える
MRenderUtil::raytrace
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ゴジラ三昧
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ポイントクラウドコンソーシアム
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
SIGGRAPH Asia
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ゴジラ(2014)のメイキング
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
続・ディープラーニングの資料
Paul Debevec
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
サンプルコードにも間違いはある?
OpenMayaRender

コメント