3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
統計的な顔モデル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
自前Shaderの件 解決しました
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Paul Debevec
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
Unityをレンダラとして活用する
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ニューラルネットワークで画像分類
ラクガキの立体化 進捗
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
ゴジラ(2014)のメイキング
OpenGVのライブラリ構成
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
シン・ゴジラのファンアート

コメント