3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

ディープラーニング
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
今年もSSII
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
3DCGのモデルを立体化するサービス
ファンの力
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCVで動画の手ぶれ補正
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
色んな三面図があるサイト
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
タマムシっぽい質感
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
ZBrushの作業環境を見直す
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ZBrushCore
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrushのZScript入門
Open Shading Language (OSL)
PolyPaint
Unityで360度ステレオVR動画を作る

コメント