3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

機械学習について最近知った情報
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ゴジラの造形
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Physically Based Rendering
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
自前のShaderがおかしい件
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
adskShaderSDK
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
シン・ゴジラのファンアート
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
OpenMayaRender
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
マイケル・ベイの動画の感覚
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
MRenderUtil::raytrace
Open Shading Language (OSL)
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
CGのためのディープラーニング
ZBrushで基本となるブラシ
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
ディープラーニング
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
MFnDataとMFnAttribute
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』

コメント