3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

もうだいぶ前の話だけど、3月にあったGDCのセッション「Next-Gen Characters:From Facial Scans to Facial Animation」の情報。
スライド資料はこちらからダウンロードできる。

3次元スキャナの性能が向上して、簡単にリアルなモデリングデータを取得できるようになったけど、それにどうリグを入れてアニメーションさせるかが問題。
単に基本的な顔をスキャンして、表情ごとに形状を変化させるだけではダメで、表情それぞれでテクスチャを変える必要もある。顔のデータの変形だけでは、血流量の変化などによる表情の違いまでは表現できない。

GPU Gems 3で解説された「Playable Universal Capture」(Ucap)と、南カリフォルニア大学による「Polynomial Displacement Maps」(PDM)の手法を参考にし、高精度の基本データと低精度だが大量の表情データを組み合わせる手法を採用しているとか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

4Gamer.netの日本語記事が分かりやすいね。

参考:Facial Animation GDC Slides
[GDC 2014]次世代のキャラクターアニメーションはこうなる。フェイシャルキャプチャを用いたプロシージャル処理の実際


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ZBrush 2018での作業環境を整える
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ニューラルネットワークと深層学習
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
CreativeCOW.net
機械学習手法『Random Forest』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ラクガキの立体化 モールドの追加
Maya API Reference
HD画質の無駄遣い その2
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ポイントクラウドコンソーシアム
布地のシワの法則性
顔モデリングのチュートリアル
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Paul Debevec
UnityのAR FoundationでARKit 3
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
Mayaのシェーディングノードの区分
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
マジョーラ
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
SIGGRAPH ASIAのマスコット
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
今年もSSII
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック

コメント