統計的な顔モデル

Point Cloud LibraryのBlog見てたら面白そうなの見つけた。

Statistical Face Model ( First phase )

イントロダクション
このプロジェクトのゴールは、RGB-Dカメラでキャプチャした顔の表情によって、スキャンモデルの顔の表情を変化させるプログラムを実装することである。
まず、顔のトレーニングデータベースに基づいた統計モデルを作成する。
ここで使用するトレーニングセットはFaceWarehouseプロジェクトによって提供されているobjファイル形式の3Dメッシュである。 FaceWarehouseの詳細はこちら→FaceWarehouse: a 3D Facial Expression Database for Visual Computing


スポンサーリンク

中略(統計モデルを求める計算方法)


スポンサーリンク

平均顔

統計モデル

画像のように、得られたモデルは、平均顔と比べてやや平坦である。これはトレーニングセット内の顔の大多数が多少平坦なためである。本プロジェクトでは、様々なタイプの顔の取得を考慮したモデルが必要なため、データベース内のサンプルの共分散を検討した。

今後
今回のモデルでは面の頂点のみを使用したが、テクスチャ座標も考慮する必要がある。残念ながら、データベースはまだ色についての情報を提供していない。 データが利用可能になったら、色も考慮したモデルを作成する必要がある 。
統計モデルが完成したら、3Dのレジストレーションアルゴリズムを表情のテストサンプルモデルに適用する必要がある。

ダメだ、統計が絡むとちゃんと理解できない…


スポンサーリンク

関連記事

SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
顔画像処理技術の過去の研究
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
続・ディープラーニングの資料
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
OpenCVで動画の手振れ補正
UnityでOpenCVを使うには?
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
GoogleのDeep Learning論文
Active Appearance Models(AAM)
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする

コメント