統計的な顔モデル

Point Cloud LibraryのBlog見てたら面白そうなの見つけた。

Statistical Face Model ( First phase )

イントロダクション
このプロジェクトのゴールは、RGB-Dカメラでキャプチャした顔の表情によって、スキャンモデルの顔の表情を変化させるプログラムを実装することである。
まず、顔のトレーニングデータベースに基づいた統計モデルを作成する。
ここで使用するトレーニングセットはFaceWarehouseプロジェクトによって提供されているobjファイル形式の3Dメッシュである。 FaceWarehouseの詳細はこちら→FaceWarehouse: a 3D Facial Expression Database for Visual Computing


スポンサーリンク

中略(統計モデルを求める計算方法)


スポンサーリンク

平均顔

統計モデル

画像のように、得られたモデルは、平均顔と比べてやや平坦である。これはトレーニングセット内の顔の大多数が多少平坦なためである。本プロジェクトでは、様々なタイプの顔の取得を考慮したモデルが必要なため、データベース内のサンプルの共分散を検討した。

今後
今回のモデルでは面の頂点のみを使用したが、テクスチャ座標も考慮する必要がある。残念ながら、データベースはまだ色についての情報を提供していない。 データが利用可能になったら、色も考慮したモデルを作成する必要がある 。
統計モデルが完成したら、3Dのレジストレーションアルゴリズムを表情のテストサンプルモデルに適用する必要がある。

ダメだ、統計が絡むとちゃんと理解できない…


スポンサーリンク

関連記事

ニューラルネットワークと深層学習
Active Appearance Models(AAM)
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
OpenGVの用語
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
顔画像処理技術の過去の研究
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Photogrammetry (写真測量法)
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
今年もSSII
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
機械学習手法『Random Forest』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
UnityでOpenCVを使うには?
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

コメント