統計的な顔モデル

Point Cloud LibraryのBlog見てたら面白そうなの見つけた。

Statistical Face Model ( First phase )

イントロダクション
このプロジェクトのゴールは、RGB-Dカメラでキャプチャした顔の表情によって、スキャンモデルの顔の表情を変化させるプログラムを実装することである。
まず、顔のトレーニングデータベースに基づいた統計モデルを作成する。
ここで使用するトレーニングセットはFaceWarehouseプロジェクトによって提供されているobjファイル形式の3Dメッシュである。 FaceWarehouseの詳細はこちら→FaceWarehouse: a 3D Facial Expression Database for Visual Computing


スポンサーリンク

中略(統計モデルを求める計算方法)


スポンサーリンク

平均顔

統計モデル

画像のように、得られたモデルは、平均顔と比べてやや平坦である。これはトレーニングセット内の顔の大多数が多少平坦なためである。本プロジェクトでは、様々なタイプの顔の取得を考慮したモデルが必要なため、データベース内のサンプルの共分散を検討した。

今後
今回のモデルでは面の頂点のみを使用したが、テクスチャ座標も考慮する必要がある。残念ながら、データベースはまだ色についての情報を提供していない。 データが利用可能になったら、色も考慮したモデルを作成する必要がある 。
統計モデルが完成したら、3Dのレジストレーションアルゴリズムを表情のテストサンプルモデルに適用する必要がある。

ダメだ、統計が絡むとちゃんと理解できない…


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenGVのライブラリ構成
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
Multi-View Environment:複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
Adobe MAX 2015
機械学習手法『Random Forest』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
ニューラルネットワークで画像分類
海外ドラマのChromaKey
MeshroomでPhotogrammetry
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
UnityでOpenCVを使うには?
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
AfterEffectsプラグイン開発
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
Pix2Pix:CGANによる画像変換
3D復元技術の情報リンク集
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

コメント