統計的な顔モデル

Point Cloud LibraryのBlog見てたら面白そうなの見つけた。

Statistical Face Model ( First phase )

イントロダクション
このプロジェクトのゴールは、RGB-Dカメラでキャプチャした顔の表情によって、スキャンモデルの顔の表情を変化させるプログラムを実装することである。
まず、顔のトレーニングデータベースに基づいた統計モデルを作成する。
ここで使用するトレーニングセットはFaceWarehouseプロジェクトによって提供されているobjファイル形式の3Dメッシュである。 FaceWarehouseの詳細はこちら→FaceWarehouse: a 3D Facial Expression Database for Visual Computing


スポンサーリンク


中略(統計モデルを求める計算方法)

平均顔

統計モデル

画像のように、得られたモデルは、平均顔と比べてやや平坦である。これはトレーニングセット内の顔の大多数が多少平坦なためである。本プロジェクトでは、様々なタイプの顔の取得を考慮したモデルが必要なため、データベース内のサンプルの共分散を検討した。

今後
今回のモデルでは面の頂点のみを使用したが、テクスチャ座標も考慮する必要がある。残念ながら、データベースはまだ色についての情報を提供していない。 データが利用可能になったら、色も考慮したモデルを作成する必要がある 。
統計モデルが完成したら、3Dのレジストレーションアルゴリズムを表情のテストサンプルモデルに適用する必要がある。

ダメだ、統計が絡むとちゃんと理解できない…


スポンサーリンク

関連記事