Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル

Pen+ デザインラボが円谷プロとコラボしたPhotoshopチュートリアル。昭和特撮のオプティカル合成っぽいスペシウム光線を作るチュートリアルと、バルタン星人のフィギュアを使った分身エフェクトのチュートリアル。


スポンサーリンク

 
Pen+的チュートリアル<Photoshop CCで作るスペシウム光線>

Screenshot of www.adobe.com


スポンサーリンク

 

Pen +的チュートリアル<バルタン星人をPhotoshop CC で分身させる>

Screenshot of www.adobe.com

 
Photoshopを手に入れると、真っ先にやってみようと思う類が特撮ものの真似。「特撮」って、広義ではフルCGのVFXも含まれる気がするけど、最近は、いわゆる日本的な着ぐるみ・ミニチュア撮影的なものを指す言葉になってる気がするな。
このチュートリアルはウルトラマンのブルーレイボックス発売に合わせたものみたいね。
 

 

 
フィギュアを使った画像合成は「デジラマ」なんて呼ばれた時期もあったね。昔あった、ウルトラマンのガレージキットを実景に合成した写真集も最近復刻版が出たみたい。この手の話題はCG系よりも模型系の話かも。
 


スポンサーリンク

関連記事

『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
OpenMayaのPhongShaderクラス
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
『井上泰幸展』を見てきた
仮面ライダー4号の最終話を観た
Mayaのプラグイン開発
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ゴジラムービースタジオツアー
CEDEC 3日目
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
映画『パワーレンジャー』を観た (ややネタバレ)
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushのUV MasterでUV展開
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ZBrushのZScript入門
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
ゴジラ(2014)のメイキング
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい

コメント