Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル

Pen+ デザインラボが円谷プロとコラボしたPhotoshopチュートリアル。昭和特撮のオプティカル合成っぽいスペシウム光線を作るチュートリアルと、バルタン星人のフィギュアを使った分身エフェクトのチュートリアル。


スポンサーリンク

 
Pen+的チュートリアル<Photoshop CCで作るスペシウム光線>

Screenshot of www.adobe.com

 

Pen +的チュートリアル<バルタン星人をPhotoshop CC で分身させる>

Screenshot of www.adobe.com

 
Photoshopを手に入れると、真っ先にやってみようと思う類が特撮ものの真似。「特撮」って、広義ではフルCGのVFXも含まれる気がするけど、最近は、いわゆる日本的な着ぐるみ・ミニチュア撮影的なものを指す言葉になってる気がするな。
このチュートリアルはウルトラマンのブルーレイボックス発売に合わせたものみたいね。
 

 


スポンサーリンク
ウルトラマン Blu-ray BOXⅢ 特報CM

 
フィギュアを使った画像合成は「デジラマ」なんて呼ばれた時期もあったね。昔あった、ウルトラマンのガレージキットを実景に合成した写真集も最近復刻版が出たみたい。この手の話題はCG系よりも模型系の話かも。
 


スポンサーリンク

関連記事

MRenderUtil::raytrace
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
第1回 ゴジラ検定を受けました
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
SIGGRAPH ASIAのマスコット
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
SIGGRAPH Asia
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
ゴジラ・フェス 2018
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
ULTRA-ACT×S.H.Figuarts 『ULTRAMAN』が2015年7月31日発売
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
メカコレクション ジェットビートル クリアーレッドを重ね吹き
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
タマムシっぽい質感
仮面ライダー4号の最終話を観た
MFnMeshクラスのsplit関数
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
Unreal Engineの薄い本
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
シン・ゴジラのファンアート
2016年 観に行った映画振り返り
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Mayaのシェーディングノードの区分
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...

コメント